2017年1月23日 (月)

松阪駅西には日曜日に昼食できる手軽な焼肉店がない!!

20170122_104230今年も「おじさんツアーズ」の季節がやってきた。

2017年は、松阪市を観光し、ソールフード「焼き鳥」を食べて、湯の山温泉「希望荘」に宿泊。翌日、名古屋へ帰宅する予定。

1月22日(日)に近鉄名古屋駅から近鉄特急に乗り、松阪駅に到着。
(特急 9:10-10:17 67分の電車旅)
近鉄は駅東側(海側)に到着、構内の陸橋を渡り、駅西側(山側)にあるJR側改札口を出る。
(注 駅の西側と東側は距離がある。観光地はJR側に出ること)

始めに駅西の「一般社団法人松阪市観光協会」で地図をもらい、厄除け観音「岡寺山 継松寺」にて厄落としを祈願
メンバーは60歳以上が殆どなので「厄除け」は必須。始めにお参りし、御朱印をいただく。
このあとは「松阪商人の屋敷」を見て、「松阪城跡」へ向う。
20170122_10584720170122_11282320170122_11221020170122_112302メンバーの旧宅?「松阪商人の長谷川家」を見学する。
こちらではボランティアが説明員を勤めており、お話を聴きながら見学。
説明を聞いて、店、蔵、庭、茶室などを回ると、凄い家がわかる。
江戸時代の豪商は凄い!!
20170122_11363620170122_11404620170122_11591320170122_120159ここからゆるい坂を登って松坂城跡へ向う。
お城正面から入ると、石垣の上から銃を乱射され、右に曲がっても正面から銃を乱射される。
鉄壁の防御城だね。
さすが戦国武将「蒲生氏郷(がもううじさと)」の造った城。
  そのあとは「お城番屋敷」、1軒を除いて現在も子孫が借家として運営している。1軒を見学し、通路を静かに歩く。

(注) まつさかの表記は、明治22年(1889年)の町制施行時に「松坂」から「松阪」へ変更されている。

20170122_12331820170122_123329_220170122_12341020170122_125542ゆるい坂を下り、昼食予定の松阪駅前方面へ向う。
しかし、日曜日に昼食できる店が無い。

候補の「だるまや」もお休み!!
松阪市といえば、「松阪牛」が有名だが、庶民は年に1・2度食べる程度。
庶民が食べるソールフード「とりみそあみ焼き」。
今日は「とりみそあみやき」を食べれない。

さて、どうするか??
裏の路地を入っていくと、サラリーマンが立ち寄りそうな「焼肉 ホルモンの 精香園」がある。
年配の女将さんが一生懸命、掃除している。
女将さんに「掃除中だが、5人で焼肉食べれるか?」と聞いたら、「席をすぐに造るので立ち寄っていって」とのこと。
こちらは網焼きで、自分で焼く、お気軽な店。

焼肉を食べてみると、牛のホルモンなどがとても旨い!!

サラリーマン時代に名古屋駅周辺の「焼肉 のんき」で呑んでいる。
昔懐かしい感じなので気にならない。

時間が経つのも早く、一本乗り遅れる!!(大渇!!)
近鉄四日市駅で合流するメンバーに緊急連絡。

近鉄松阪駅から四日市駅に急行(普通運賃)で到着。

ここで、湯の山温泉「希望荘」へ湯の山温泉行き電車の乗車時間を連絡し、お迎えのバスを依頼する。
20170122_154232近鉄湯の山温泉駅へ到着すると、周りは雪景色!!
20分かけてゆっくり登っていくが、道路は凍っており、除雪された雪が溜まっている。
希望荘に到着。(15:40)
フロントで受付を済ましてからケーブルカーに乗って宿泊棟へ向う。
ビル内の熱い所からビル外の寒い所を通るので体調を崩しやすい。
1名が宿泊棟へ入って直ぐに体調を崩す。
部屋に入って、安静にしていたら、体調が戻ってくる。良かったよかった!!
----寒い時には、ヒートショック対策を忘れずに!!----

宿で三重県の人と話してみると、「愛知県で3cm」の時に「鈴鹿市30cm」「四日市市50cm」。 
共通一次試験日(土日)は四日市駅前からのテレビ放送の通りの凄い雪にびっくり!!
おかげさんで「スタッドレスタイヤを履いていても、月曜日は家から外へ出られなかった」とのこと。北勢は雪が多い。
20170122_18204220170122_18201720170122_203539夕食を堪能し、部屋でくつろぐ。

ビルの中は暖かいね。

20170123_08394520170123_08490420170123_07312920170123_090335朝、置きだしてみると、外は真っ白!!

雪はやんでいるが、深夜に雪が降っていたようだ。
朝風呂に入り、朝食とする。

今日はどこかに立ち寄りますか?と話した所、雪が多いので早々に還りたいとの事。

20170123_09214820170123_094348フロントより
・山上館と山下館を結ぶケーブルカーが一時運休。
・道路の除雪、その後、融雪材をまく。

室内や道路が通れるようになりましたら、山下館から山上館まで車で送迎する。
とのこと。
総会費を確認し、各人から会費を集めておく。
車の送迎ができるようになったら、山上館へ行き清算する。

お疲れ様でした。

(反省)
・私は旅行後、風邪を引き、二日外出できなかった。
 来年は暖かい時に出かけよう。ホント

 (後日談)
 インフルエンザ予防には、ワクチン接種も大事だが、「風邪予防に「あいうべ体操」 口呼吸やめて感染減 学校や職場で実践しよう …」で自ら努力する事も大事!!
 ・外出後の手洗い励行、ワクチン接種、お茶でのうがいなど、予防法が取り組まれている。
  さらに、「口呼吸を鼻呼吸に」を合言葉に口の体操「あいうべ体操」を実施してみよう。
 三重県の宿中部地方の温泉宿
おでかけは、楽天トラベルANA楽パック(航空券+宿泊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

伊勢路の正月三が日は、車も人も大渋滞!!

20170103_071740今年2016年は、1月6日から仕事が始まる。
このため、例年1月4日に行っている伊勢神宮の下宮、内宮と椿大神社参拝を1月3日にへ行くことにした。
1日早めただけと思っていたが、念のため名古屋からの出発時間を5時から4時へ早める。

しかし、4時30分の出発となったが、伊勢自動車道の「玉城IC」で降りて、「伊勢神宮の外宮駐車場」に6時30分に到着。(6:30)
外宮をお参りして、人手は変わらない。
20170103_120732いつもは外宮から内宮へバスで行くが、色気をだして車で行くことに。(7:30)
ここが大間違い。
外宮から内宮へ向う道で大渋滞に巻き込まれ、陸上競技場の駐車場まで中々進まない。
やっと到着したのは午前9時20分!!
外宮から内宮まで1時間50分の大渋滞
(正月三が日にお参りするならば、5時までに外宮かな???)
20170103_09370420170103_09533620170103_100010そこから「伊勢神宮の内宮」まで宮川沿いを歩き、宇治橋に到着。(9:35)

正殿をお参りする人もそれ程いないのに不思議??
神宮側も正殿をお参りしたら、左右に分かれて別宮へ回るように人手が流れるように工夫している。

何処に人がいるのだろう?

御札とお守りを購入し、おはらい町まで出てくる。(11:00)
20170103_111806ここは帰りに土産を買う人とこれから神宮をお参りする人が道一杯にあふれている!!
さて、昼前だが、この人手で昼食が安心してとれるか不安??

間食をつまんでもいいが、朝が早かったので昼食にしたい。
何が早く食べれるか?と考えたら「伊勢うどん」が浮かぶ。
伊勢うどんは極太面に濃いしょうゆと具をかけたイメージなので早い!!
お店の入口で、店の飼い猫と一緒に待っていると、直ぐに席が空いて食べれる。
お肉入り伊勢うどんをいただく。

その後は、「鈴鹿市の椿大神社」へ向う。(12:30)
高速道路の「伊勢西IC」へ向い、難なく入れる。
途中のSAは車が入れず、渋滞中。
伊勢自動車道の「鈴鹿IC」までは約1時間(14:00)

20170103_14521520170103_15170820170103_162513鈴鹿インタチェンジを出たら、大渋滞!!

ちっとも、車が進まない。
手前の臨時駐車場に駐車して、神社まで歩いていく。(14:40)
参道には屋台が一杯出て、賑やか。
神社の中に入ったら、大渋滞!!(15:20)
神社入口の鳥居から本殿まで数珠繋ぎ状態。

正殿は5人が横一列に並んでお参りする。
参拝者の多さに比べて、一度の参拝人数が少なすぎる。

一度にお参りできる参拝者を増やしてもらいたいね!!

20170103_17005220170103_17263820170103_173215参拝が終わった時には周りが暗くなってる。(17:00)

神社入口からお参り完了まで約1時間30分。
距離は短いが、ノロノロなので長かったね。

社務所の休憩所でトイレを済まし、「団子」と「甘酒」をいただいて、しばし休憩。
お疲れ様でした。

真っ暗闇の中を一般駐車場まで歩いてくると、車が次々に来る。
ナンバーは三重、鈴鹿、地元ナンバーが殆ど!!
地元の人は夜間参拝するの???

神社から臨時駐車場まで歩いていくが、周りは真っ暗闇!!
(夜間照明なし)

臨時駐車場の位置がわからない。
そんな真っ暗闇の中、スマホの懐中電灯を頼りに歩き、臨時駐車場へ無事到着。(18:00)

高速道路の渋滞情報をみると、鈴鹿ICから四日市ICは真っ赤(渋滞)!!
椿大神社からは一般道を四日市ICまで進んで、高速へ入るが、四日市SAも入口から大渋滞。そこを避けて名古屋へ帰りました。(20:00)

伊勢路の正月三が日は、車も人も大渋滞!!

お疲れ様でした。

(反省)
伊勢路の三が日と1月4日以降とは混み具合がぜんぜん違う。
伊勢神宮も椿大神社も凄い混雑!!
・伊勢神宮は、参拝で無く、おかげ横丁やおはらい町の滞在で混雑
・椿大神社は、参拝(5列)で混雑

こんなに渋滞に巻き込まれるならば、次回は
 ≪愛知・三重・岐阜発バスツアー≫夫婦でゆったり巡れる厳選ツアー満載! で行こうかな。

 三重県の宿中部地方の温泉宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

名古屋から熱海への旅(ぷらっとこだま 無し)

20161217_110528名古屋と関東地方の友人が中間の熱海で集って忘年会を開く。

新幹線ならば、「ぷらっとこだま(公式)」で安く行けると考えていた。
しかし、ぷらっとこだまで名古屋駅から安く行ける駅は、東京・品川、新横浜、静岡、浜松、京都、新大阪のみ。
名古屋から熱海へは、ぷらっとこだまで行けない!!
名古屋から熱海へは、高速バスも無い。
ちょっとがっかり!!
片道 通常 8090円→金券屋 数百円減額 ?
金券屋へ行って、少し安い回数券を利用するしか、安く行けれない。

JR名古屋駅を出発して、新幹線の各駅停車で進む。

今日は快晴、途中の新富士駅では富士山がしっかり見え、約2時間で熱海駅へ到着。

駅を降りると、「熱海温泉(あたみおんせん)」の賑わいが凄い!!
土曜日なので混んでいるのかな?

昼食を駅前で済まし、今宵の宿「大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ」へ向う。
到着したのは5階フロント、エレベータで2階へ降りて荷物を置く。
これから、日本一高いと有名らしい「熱海ロープウェー(1700円)」までタクシーで向う。

20161217_14042020161217_14045020161217_14143220161217_141554ロープウェーで上へあがり、坂を登ると「熱海城(あたみじょう)」。

熱海城は観光で造った城なので歴史も無く、熱海を展望できるらしい。
値段も高いので下山する。

途中の公園では人だかりが凄い!!
何かと、思ったら、猿が曲芸をしている。
20161217_14264220161217_142015いい大人も猿の曲芸を見ていると、楽しくなる。

ここからは伊豆大島や初島が見える。


ロープウェーの上には「熱海秘宝館」があり、昭和レトロの男女の秘宝を見せてくれる。
ここは、愛知県の「田縣神社(公式)小牧市」「大縣神社(おおあがたじんじゃ)犬山市)」「間々観音(ままかんのん)小牧市」をお参りしている感じ!!

この後は時間が有るので宿「大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ」まで歩いて行くことに。
海岸へ出ると、大島へ向う船「東海汽船株式会社」や初島へ向う船「初島行高速」ののりばがある。
その横を通って浜辺に向う。
20161217_15263520161217_15291020161217_15302320161217_154142浜辺を歩いていると、「熱海遊覧船サンレモ()1200円」が港へ帰ってくる。
港にはカモメもいる。
先日Facebookで見たカモメはここの映像かな?
明日はサンレモに乗ろう!!

熱海の海岸と言えば、「寛一お宮の像」。何処にあるのか・・・・
海岸通の国道へ出たら、直ぐそこにある。
20161217_155511記念写真を撮影して、「大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ」へ戻る。

宿の位置はわかる。しかし、登る道が左右にあり、どちらへ行けば、簡単に行けれるのか?判らない。
多数派の僕らは右に、少数派は左と分かれて宿に向う。
少数派は左に行き、上の道に車を見つける。他ホテルの通れる階段を登っていき、宿の裏手に出て早く到着!!
多数派は、右に行き、公共の階段と道路を登っていったので遅くなってしまう。

静岡県の熱海市は東海地震の発生地域に近い
東海地震発生後、直ぐに津波が到達しそうだが、伊豆半島が防護壁となりそう。
しかし、津波が来るかもしれないし、家屋倒壊が発生しそう???
事前に「防災|熱海市役所」のハザードマップを読んでおき、観光客は高層ホテルや高台に登るようにしよう!!

20161217_171020宿へ戻り、お風呂へ入る。
お風呂は2階なので部屋から直ぐ。男女別の2個で入れ替わるとのこと。
今夜と明朝の2度入ろう。

男湯は満員御礼状態。お風呂にゆっくり浸かり、洗面所が空くのを待つ。
部屋に帰ると、食事の時間。
夕食も朝食もバイキング形式。食事は種類も量も多く、満足!!
翌朝は6時30分の日の出で目を覚ます。
部屋からの景色は低い階のため殆ど見えないが、ビルの間から初島付近から登る日の出が見える!!

20161218_09294720161218_09385120161218_09482620161218_100241食事が済むと、勘定を済まして遊覧船へ向う。

海岸からも、「大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ」が見えるね!!
カモメは既にスタンバイして、「かっぱえびせん」を待ってる。

遊覧船に乗船し、かっぱえびせんを投げてもいいいし、指に1つつまんで差し出してもいい。
かもめはホバリングして、うまくつまんでいく!!

その後は熱海駅へ戻り、解散。

長野県や神奈川県、茨城県、愛知県へそれぞれのルートで戻る。
お疲れ様でした。

(反省)
・熱海は神奈川県と思っていたが、静岡県熱海市だった!!

・JR東海の新幹線割引切符「ぷらっとこだま」が無くて、残念でした。
 熱海へ安く行こうとしたら、複数人で自動車で来るしかないのか???
 寂しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

伊豆旅行と天城山登山(3/3 韮山反射炉・富士浅間神社・清水港)

Dscf3402_r昨夜は伊豆長岡温泉 の「古奈のかくれ宿 さかなや別館 本陣」に宿泊。

夕食時間にやっと間に合い、夕食をいただく。
料理は会席料理、質は高いとだしているが、量が少ない!!
下田温泉 ホテル伊豆急でバイキング料理を好きなだけ食べた身にはこたえる。)
20160501_06533620160430_182037さっさと夕食を済まし、一般風呂に入ろうとしたら、満員。しばらく待って、登山疲れを落とす。-やれやれ-

いつも通り早朝に目を覚まし、トイレを済まして散歩に出かける。

一番近いコンビニまで堤防を歩いていくと、ウグイスのなき声が川原で聞こえる。
我が家周辺では聞こえなくなったのが寂しい。
一番近いコンビニまで歩いてきたが、コンビニが無い。さらに遠くのコンビニまで歩いて戻れない。寂しく宿に戻る!!
宿の入口には看板が立っていたが、道路反対で見えないよ。
(昨日、宿への細い道を通り越したはず??)


昨夜、入れなかった洞窟風呂に入る。
旅館裏のがけをくりぬいて作った洞窟風呂。
洞窟のぬるい風呂に浸かり、次に熱い内風呂に入って気を引き締める。
朝食は昨日と同じかな・・・やっぱり、少量でした。

この旅館は昔ながらの温泉旅館をシニアスタッフが切り盛りしている。
年配者には懐かしいが、若い人にはつまらないかな?
(若い人の口コミが悪いはずです)

Dscf3398_rDscf3418_rお勘定をすまして「伊豆の国市/国指定史跡韮山反射炉 」へ早々に向う。
韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)は宿から10分で無料駐車場に到着。
交通誘導員曰く、「昨日は満車、今日も駐車場が一杯になる予想。詰めるだけ詰めて駐車台数を増加させます!!御協力お願いします。」とのこと。

Dscf3435_rDscf3409_r見学施設としては小さく、入館料も100円とお値打ち。

僕らもなんとなく立ち寄ったが、入場後にボランティアガイドの話を聞きながら見学
何も知らずに見るだけだとつまらない。
ここの施設は江戸時代末期に作った反射炉であり、海外の列強に立ち向かう大砲を作っていた。
大砲を鋳型で作って、中をくりぬいて大砲にしていたようだ。
世界遺産の歴史を聞くだけの価値がある。
Dscf3429_rDscf3432_rDscf3423_r見学後は、隣のみやげ物売り場に立ち寄ってもいいし、時間があれば茶摘体験をしてもいい。

もし、天気がよければ、茶畑の展望台から見える富士山が最高です!!
今日は微かに富士山が見える。

ワンコイン100円で色々楽しめるなんて最高!!

歴史好きな方は、さらに反射炉を作成した旧家「代官屋敷 江川邸」まで足を伸ばしてもいいね。
Dscf3441_rDscf3452_rDscf3468_rDscf3477_rここから富士宮市まで行き、「富士山本宮浅間大社 」にお参りする。

道路は大社手前まで渋滞しているが、商店街の細い路地を入り、大社隣の有料駐車場へ駐車。
大鳥居から入っていくと、5月5日に行われる流鏑馬の準備で防護柵が作られている。
湧玉池(わくたまいけ)の湧き水やカモを眺め、ゆっくり境内をお参りする。(13:00)
Dscf3464_rここの奥社は富士山頂上奥宮。

富士山に二回登ってお世話になっているので是非とも来たかった。
今回ふもとの本社にこれて満足!!

20160501_14152620160501_14434420160501_144935この後は清水港へ行き昼食。(13:40)

清水魚市場 河岸の市」は日曜日の昼食は混みあっていると思い、少し遅く行ったが、効果なし。
河岸の市の側道手前から大渋滞!!
有料駐車場へ入れるのは、何時になることやら?と思っていたが、何とか入場。(14:20)
駐車場代金は、食事や買い物をして印鑑を推してもらうと、安くなる!!
後は、お店へ直行するだけ。おめあての「みやもと」さんへ直行して、待ち行列のボードに名前を記入。
待つこと30分で「まぐろ丼」が到着(14:40)
その後に「桜海老のかきあげ」と「アナゴの天ぷら」が届く。
桜海老のかきあげは塩でいただき、アナゴの天ぷらはたれでいただく。

マグロもうまいが、桜えびもアナゴもしこしこしてうまい!!
Dscf3498_rDscf3499_rDscf3494_r本当は「さった峠展望台:静岡市」に立ち寄った後、「由比港漁業協同組合: 桜えびの町由比 」で桜えびのかきあげを食べる予定。しかし、富士山が曇って見えないので清水魚市場への立ち寄りへ変更する。

清水魚市場 河岸の市では、まぐろと桜えびもアナゴも食べれて最高。
色々食べたので駐車代金は無料となる。

 「河岸の市」裏の清水港から 水上バス (江尻)も出ている。
時間があれば、ここを拠点に「三保の松原」へ行って遊んでもいいよね。

河岸の市で昼食と魚介類の土産を購入後は東名高速道路で無事、かえって来ました。!!(20:00)
お疲れ様!!

(反省)
今回は予約が遅く、伊豆長岡温泉 でバイキング料理の宿を選べれなかった!!
旅先では会席料理もいいが、気軽に好きな物を食べれる料理がいいね。
予約は早めに取ろう。
    
日本百名山のガイドブック 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

伊豆旅行と天城山登山(1/3 熱海・伊豆半島縦断)

Dscf3099_rDscf3101_rDscf3121_rDscf3126_rゴールデンウィークに何処へ行こうか?と家族と話したら、「伊豆半島へ行きたい」とのこと。
伊豆半島ならば、日本百名山「天城山(あまぎさん)」がある。

家族と自分の思いの詰まった旅行プランを立てて、伊豆・箱根旅行ガイド(楽天トラベル)で宿を探したが、4月中旬には殆どの宿が空いていない。
お値打ちな伊東園グループ (伊東園ホテル又は伊東園ホテル 別館)も空いてない。

宿は1日目は下田温泉 ホテル伊豆急の訳ありコース、
   2日目は伊豆長岡温泉 古奈のかくれ宿 さかなや別館 本陣 に決定!!

4月29日(金)の午前5時に出発。
ゴールデンウィーク初日の東名高速道路を進むが、渋滞も無い。三島ICで降りて、熱海方面へ向う。
東へ向い、最後は熱海への長い下り。オートマチック「S」で降りても、エンジンブレーキだけでは減速せず、ブレーキを踏んで何とか減速し、熱海の海岸部に至る。
ここからは熱海駅の横を通り過ぎて中腹にある「関八州総鎮護 伊豆山神社 」に到着。(9:10)
Dscf3119_r_2Dscf3145_rDscf3139_r神社本殿にお参りして御朱印・お札売り場に向うと、家族がいない。
さて、家族は何処へ行ったのか?と思い、電話したら、「伊豆山神社本殿から20分歩いた白山神社の奥社にいる」。
「雨も降り出し、豪雨に変わってきたので降りてくる」ように連絡。待っている間に御朱印をいただき、休憩。
神社から下を見ると、新幹線や東海道線がはるか下に見え、上には明日登る天城山も見える!!
この神社は中腹の凄い斜面に建っている!!
家族は雨の中、滑って転んだため遅くなったが、何とか、無事到着。(11:00)
このあとは修善寺、河津七滝をめぐる。
Dscf3151_r熱海の「寛一お宮の松」辺りは大渋滞、この辺りで雨があがる。さらに山を越え、道の駅「伊豆のへそ」にて昼食とする。
ここは入口がわからず、一旦通り越して戻ってくる。
後から思うと、道の駅と葬儀場の間の道を入る。
道の駅の駐車場は満車。一度来た方は簡単に入れるが、入口を知らない人は入れない!!
大きな看板で入口を案内してもらいたいもんだ。
ここにはなぜか、ハワイアンダンスショウが行われている!!
何でだろう・・・
Dscf3155_rDscf3157_rDscf3162_rDscf3168_rDscf3182_r昼食後、修善寺に向う。
修善寺の細い道を進んでいったら、言われである修禅寺横の有料駐車場に到着。
ここから修禅寺、日枝神社、竹林の小径を回り、途中、はちみつを使った商品を販売している店に立ち寄る。
Dscf3193_rDscf3196_rDscf3197_rDscf3203_rDscf3204_rこの後は河津七滝(かわづななだる)へ向う。

七滝ループ橋を回転しながら降りていくと、無料駐車場に到着。河津七滝は無料、約一時間で見学できる
Dscf3217_rDscf3232_r七滝を七福神に見立てて石像と看板が立っている。
途中には吊り橋も所々にあり、スリル満点!!
入口から、滝を数えていったが、6滝しかない。
大滝は日帰り入浴施設でお風呂へ入るか、宿泊しないといけない。

今日は時間が無いので入れないので7滝達成を断念する。残念!!

河津七滝を全て回ってきたら、17時。
20160430_075913Dscf3260_rホテルに1時間ほど遅れると電話して向う。
下田へ行くにはループ橋を登っていくかと思ったら、橋を登らず真っ直ぐ進んで有名な河津桜の横を通って海岸に出る。
途中では伊豆七島(伊豆大島、利島、三宅島、新島、神津島、御蔵島、八丈島)の内、御蔵島、八丈島を除く5島が見える!!
ホテル手前にコンビニのセブンイレブンがあり、それを越えて直ぐ右折してホテルに登る。
今宵の宿「下田温泉 ホテル伊豆急」に無事到着。(18:00)

ホテルからは伊豆七島の伊豆大島がまん前に見え、若者たちが白浜海岸でサーフィンをまだ楽しんでる!!
    
日本百名山のガイドブック 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

椰子の実が流れつく伊良湖岬(愛知県)で同期会

20160408_14544120160408_14590820160408_150057会社入社時の同期会が台風情報でおなじみの伊良湖岬(いらごみさき)の「伊良湖ビューホテル」で開催される。

同期会と言っても、入社したのは今から40数年前。
皆60代前半。入社した関連会社に勤めている人もいるし、転職した人もいる。既に年金生活に入っている人もいる。
髪が薄くなったり、白髪になったお爺さんばかり!!
住んでるところも三重県と愛知県に広がってる。

一年ぶりの同期会という飲み会は両県の中間点「伊良湖ビューホテル」で行われる。
愛知県在住者は名古屋から豊橋駅まで電車で行き、駅ビル地下で昼食をとり、ホテルの無料バスで向う。
(行き)
 豊橋駅西口(新幹線側)
  発 13:30 と 16:10 の2本。
 ホテル
  着 14:40 と  17:20  

(帰り)
 ホテル
  発 11:00 の1本  
 豊橋駅西口(新幹線側)
  着 12:10

バスは道の駅等に立ち寄るかと思ったら、ノンストップで14:40ホテル着予定。
バスで行く人はいないと思っていたら、座席は年配者で8割がた埋まる。

ノンストップだとトイレが心配、缶ビール1本に自重。

バスは1時間10分で14時50分到着。

ホテルの標高は110m、駐車場やフロントからの眺めは最高!!
(友人曰く、屋上からの眺めも最高らしい!!)
この高さならば、東海地震・東南海地震による津波が押し寄せても、問題なし。

部屋に入ってみると、伊良湖岬を眺める方(三重県側)でなく、岬付け根を眺める太平洋側(静岡側)。安い料金だから、シャーナイ。
20160408_15025020160408_181256夕食前にお風呂に入ると、伊良湖岬先端がよくみえたとの事。

皆が帰ってきたら、夕食に出発。

食事はレストランでのバイキング、飲み放題付き。
さぁー飲むぞ!!

突然、歓声が上がる。
何が起こったのかと其方を眺めると、夕日が伊勢方面へ沈んでいく
伊良湖ビューホテルはビューポイントに立つホテルですね!!

窓側から写真を撮影させていただく。
(レストランに早く来て窓側に座ると、最高!!)

このあとは部屋へ帰り、しばらく歓談後にお風呂へ行く。
再び、飲もうとしたが、そのまま、熟睡-------
20160409_05303020160409_05405920160409_084249朝、目を覚して窓を眺めると、東側が明るい。

日の出!!

昔、友人と1月1日の初日の出を見ようと、下の海岸線を走っきた。結局、見れなかったが大渋滞だったことを思い出す。あの頃は若かった。ホント-----

朝風呂に浸かり、外を眺めると、伊良湖岬先端の「恋路が浜」が望めれる。

ここの景色は最高です!!

朝食を7時30分から食べると、8時。バス出発まであと3時間ある。
20160409_08453220160409_08551020160409_08523820160409_092332友人と連れたって浜まで降りようになる。

国道へ出て上を眺めると、伊良湖ビューホテル が凄い所に建ってる。
よく建てたもんだね!!

浜では投げ釣りをしている人もおり、浜でしばらく波の音を聞いて休息。

浜から「椰子の実記念碑・歌碑(やしのみきねんひ・かひ)」まで上がってくると、何か、イベントを準備している。
係りの方に聞くと、「石垣島から椰子の実を流して、日本で拾った人と流した人が再会するイベントがこれからある」とのこと。
毎年の椰子のみ到着数は100個流して、2・3個拾われる。0個の時もある!!
中々、日本にたどり着かない。

CD  書き写し 文庫本
そういえば、誰もが口ずさんだことのある「名も知らぬ 遠き島より 流れよる 椰子の実ひとつ」は、島崎藤村氏作詞による「椰子の実」。

ここが誕生を物語る記念碑!!

昔の唱歌を思い出す。

三重県在住者はホテルのバスでフェリー乗り場まで行き、伊勢湾フェリー で三重に帰る。
ホテル前で見送る。
20160409_124448愛知県在住者はホテルのバスで豊橋駅まで帰り、昼食。

昼食は、豊橋市のB級グルメ「豊橋カレー」。
底に「ご飯ととろろ」、上に「カレーうどん」、その上に「うずら卵」がのった
ボリュームが多いと思ったが、思ったほどご飯が少なくて食べれました。
スケート選手のお母さんがやってる居酒屋はまだ開いてない・・・・素直に帰る。

同期も60代になり、歳くったね。来年は何処へ行こうか・・・・・
 東海の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

タコとフグの島 日間賀島へ行ってきました!!

20160117_09543020160117_102128愛知県の島と言ったら、日間賀島(ひまかじま)、篠島(しのじま)、佐久島(さくしま)が有名。

名古屋に愛知県と三重県・岐阜県の人が集って気軽に行けるのは日間賀島。
ここならば、移動距離も少なく、温泉に浸かって休養できる。

しかも、名鉄観光で2デーフリー切符と宿泊でお値打ちに旅行できる列車旅がある。

今年のオジサンツアーズは日間賀島に決定!!
フグセットもあるが、そんなに食べれないので一般的なタコと魚料理にする。
宿はセット指定の南知多温泉郷にある日間賀島 大海老

名古屋駅の名鉄改札口(地下)に10時集合
始めに知多半島最大の観光地「セントレア・中部国際空港」へ特急電車で向かう。
時間にしてわずか28分。
名鉄常滑線の中部国際空港駅へ直ぐに到着してしまうので缶ビール1缶も消化できない!!
あまり近すぎるので缶ビールを直ぐに取り出して飲み始める。
20160117_11040420160117_110903
名鉄常滑線の中部国際空港駅に到着後、右折して、飛行機の発着を見学できるスカイデッキへ向かう。

ここからは天気がよければ、伊吹山などの山々と対岸がよく見えるが、今日は曇り気味。
20160117_11141420160117_11552420160117_124709寒い中、着陸と離陸を眺め。

そのあとは空港内の温泉へ行こうとしていたが、温泉に入らずに懇親会。
おつまみセットやビールセットを購入。
昔、帰宅電車に乗車前に大名古屋ビル地下で「ほろ酔いセット」を注文して飲んだことを思い出す。

そのあとは北海道物産展で今晩のつまみを購入。
今日は途中下車してイオン又はめんたいパーク、会員制コストコへ立ち寄る計画だったが、そのまま島へ向かうことにする。
歩き回る元気もないかな?
20160117_14591120160117_153316名鉄名古屋駅方面へ行く電車に乗り、大田川駅で河和線(こうわせん)の河和駅へ向かう電車に乗り換える。
河和駅から歩いて10分又はバスで5分。
河和港に到着。(14:40)
河和港から日間賀島西港までは10分、直ぐについてしまう。
今宵の宿は日間賀島にある日間賀島 大海老
20160117_15353420160117_163604島に到着して、宿は何処にあるかと、見上げる。(15:00)
宿はまん前でした!!

7階の部屋に入り、窓から眺める。
夕日は見えないが、対岸がよく見える。
早速、ビールで乾杯し、お風呂へ入る。
お風呂は8階。
20160117_18121820160117_18124520160117_183009全員がお風呂に入って待っていると、電話でお呼び出し。

料理はタコがメインの魚介料理。
鯛の刺身、たこしゃぶ、ゆでだことタコづくし。

料理自慢がたこしゃぶで使った鍋に鯛の頭を入れて、男の料理をいただく。
男の料理も中々いいね!!

美味しく、頂ました。
(日曜日なので2グループしかおらないのが寂しくて、残念)

翌朝は6時30分に起き出して、朝風呂へ。
窓から対岸を眺めると、雨でまったく見えない!!
今日はどうなることやら-------
20160118_08031520160118_080702_220160118_090042朝食は7時30分。
オジサンツアーズでは、朝食にはビール!!
無事帰れるように乾杯!!

朝食も味も、量も満足しました。

港について確認すると、「波が高いので伊良湖便は運行停止」。
早々に島を脱出して熱田神宮へ行くことにする。
船は前方の船酔い席を開放するほど込み合う満席状態。
隣に乗り合わせた人と話していたら、シニアGで篠島へ行ってきたとの事。
篠島も料理は良かった。
港について、バスに乗り、河和駅に到着。
20160118_10463620160118_10475120160118_105050名古屋方面へ向かう急行で名鉄神宮前駅の熱田神宮へ向かう。
御朱印をいただき、自宅へ帰宅。

日間賀島は雨だったが、自宅へ帰ってきたら晴れてきた!!(16:00)

朝から晴れてたら、今日の行動も変わっていたが、近い所への旅は楽でいいね!!
 南知多温泉郷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

八方塞りは伊勢神宮へ初詣!!

20160105_065903今年は八方塞り(はっぽうふさがり)
何かと、いいことがない歳周りらしい。
--------------------------------------
インタネット情報によると
・八方塞り(はっぽうふさがり)とは、
 「人は生年月日により、九つの星「九星」に分けられ、運勢を考える基本となっています。  九星は、中央と東西南北・北東・南東・南西・北西の方角をめぐり、九年に一度は中央に入る。
 この中央に入ったその年が、自分の星の場合、他の八つの星に周囲を囲まれて、八方塞の状態になるため、八方除けのお祓いをしてその災厄を除く」こと。

厄年(やくどし)とは、
 平安時代の頃、陰陽道より発し、災厄の起こる年とされてきました。
 現代においても心身や社会生活において、節目にあたる重要な位置におかれ、大病・事故・その他諸々の問題が起こりやすい年といわれている。
-------------------------------------------
三重県の伊勢神宮へ初詣へ行くことにする。
ただし、正月は高速道路や駐車場の規制がある。

名古屋を早朝の5時に出発し、伊勢自動車道の玉城インタチェンジで降りて、伊勢神宮の下宮へ向かう。(6:50)
前方の山に赤い光が見え、地震雲か?と思ったら、飛行機が動いているので飛行機雲らしい。
20160105_08034220160105_075256宮川左岸の堤防を下り、熊野古道を進み下宮の駐車場に到着。(7:10)

下宮で前年の健康を感謝し、別宮でお願い事をし、内宮に向かう。

内宮へ向かうと、内宮前の駐車場は駐車禁止。
20160105_08335920160105_084103早朝なので五十鈴川手前の宇治浦田駐車場に駐車できた。(8:20)
お祓い横丁も空いており、歩きやすい。

宇治橋手前の鳥居から登る太陽を眺め、神社域に入場する。

内宮でお礼し、別宮で今年の家族の健康を祈願する。

20160105_102616赤福餅をいただき、おかげ横丁に立ち寄り、お土産を購入して帰る。



20160105_11135020160105_111309_2おはらい町を通り抜け、駐車場に向かいながら「猿田彦神社」でも「八方塞り」の健康な導きを祈願する。

今年も家族全員が健康でありますように!!

20160105_12493320160105_12275320160105_121841そのあとは、うなぎの名店「いな妻」に立ち寄り、うなぎをいただきました。

こちらは、愛知県一色産のうなぎを2000円とお値打ちに食べれます。
安心していただきました。

そのあとは宮川右岸を上流に登り、玉城ICから名古屋へ帰りました。

(後日談)
20160105_1140222016年5月26日~27日に伊勢志摩サミットが開催される。
 当日は首相も参拝しており、警戒強化のはずだが、何もないような規制でした。
 しかし、4月から5月は厳重規制となるのでお早めにお出かけください。

・帰り道の宮川右岸には、個人で姫路城をミニチュアサイズに再現している方がいる。
数台駐車できるところもあるので立ち寄ればよかった。

場所は「〒516-1108 三重県伊勢市円座町1467−8」。次回、立ち寄ろう。
 三重県の宿中部地方の温泉宿
おでかけは、楽天トラベルANA楽パック(航空券+宿泊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

岐阜県高山市で旧交を温める!!(2/2)

20151107_071816昨夜は 岐阜県高山市・飛騨市の宿お宿 山久」に宿泊。
昔は夜遅くまで酒を酌み交わしていたが、年とともに弱くなり10時には全員寝てしまう!!
6時に起床し、朝風呂に入る。
お風呂は男性と女性が入れ替わり、もう片方へ入浴する。
こちらの露天風呂は、五右衛門風呂の風情。昨夜の飲み疲れを汗でだして、すっきりしました。
この後は、朝食。(7:30)
和の朝飯という風情だが、クロワッサンがついている?
外国の宿泊者も多いからかな。
定番のほう葉味噌と赤カブ漬けが美味しくてご飯を2杯食べてしまい、クロワッサンを残してしまう。---すみませんでした。---

20151107_08372120151107_08441720151107_08471320151109_205929宿に荷物を一時預かってもらい、朝市にでかける。
坂道を下って行くと、日本酒蔵元 飛騨高山「久寿玉」平瀬酒造店 が見つかる。高山市は少し歩いただけで日本酒の製造元がある!!
高山陣屋朝市に立ち寄り、どんなものを販売しているかをのぞいて土産を購入しようとしたが、最初の店は売り気十分なおばあさんにびっくり。
朝市をぐるっと回って、おばちゃんの熱気に負けて「餅」を3個千円で購入してしまった!!
農家のおばさんがのんびり販売する風情を復活してもらいたい。

20151107_09113520151107_09142020151109_210034次に宮川朝市に立ち寄り、鴨と鯉が泳ぎまわる宮川を横目に見ながら朝市を歩く。
こちらも野菜やせんべい、りんご、はちみつ、高山名物「ほうばみそ」などを販売している。
朝市に面している味噌専門店で高山名物「ほうばみそ」を3個千円で購入する。
20151107_10232920151107_10402520151107_10500820151107_105440この後は「お宿 山久」で荷物を受け取り、「飛騨民俗村・飛騨の里 」に向かう。

(JAF会員は5人まで一人100円引きでお徳)
入館早々に記念撮影、写真を撮影したら直ぐに出来上がり。折角なので1000円で購入。
カメラとプリンタが無線で繋がって直ぐに印刷できるようだね。
昔の会社ではオアシスで文書を作り、FDトランスファーで送付していたのが懐かしい。
今日の郷は空いてるので「コマ回し」に5人が挑戦。独楽が中々うまく回らない。
やっぱり歳か??
20151107_11353220151107_113555ようやく1名成功したので郷をめぐる。
紅葉も終わりがけで、落ち葉の道を歩き、気持ちがいい。

11時35分のバスで1名帰宅するので見送ると、すぐにバスが止まる。何が起こったのかと思ったら、売店のおばさんがバスに乗り遅れた客のために走って止めた。 すごい脚力!!

残りのメンバーは昼食してから解散の予定。
何が食べたいか?と聞いたところ、飛騨牛を食べたいとのこと。
安い飛騨牛はどこで食べれるか? 
20151107_13231420151107_12310620151107_124624スマホで探した所、高山駅近くの「飛騨高山 飛騨牛焼肉専門店「味蔵天国 」を思い出した。駐車場は満車だが、何とか駐車して入る。
テーブルは3人組と4人組に分かれ、3人組は肉の多い味蔵セットとご飯と野菜スープ、4人組は焼肉定食を食べる。
  刻んだ赤カブ漬をご飯の上に乗せて食べると、ご飯が進む。
焼肉を食べ終わる前にご飯を食べてしまう!!
高山市と言えば、「赤カブ検事の事件簿」でおなじみの赤カブ漬が一番うまい!!

おじさん探検隊も名残欲しいが、ここで解散!!
 ・3人は長野経由で長野県と埼玉県、神奈川県へ帰る。
 ・名古屋から来た3人と春日井市へ剣道の応援に行く1人の4人は名古屋へ向かう。

20151107_15232220151107_152348名古屋組は「せせらぎ街道」で高山市から郡上市へ出て高速で帰る。
せせらぎ街道は紅葉しており、信号の無い道路は気持ちよく走れる!!
途中、明宝温泉 湯星館 で温泉に入る。
こちらの温泉は、つるつる感があるアルカリ性温泉。日頃の疲れを取って名古屋に無事帰りました。
おじさん探検隊の幹事、お疲れ様でした。次回は東京で会おう。
  岐阜県高山市・飛騨市の宿お宿 山久
おでかけは、楽天トラベルANA楽パック(航空券+宿泊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

岐阜県高山市で旧交を温める!!(1/2)

20151106_12163720151106_12463620151106_123722今回は、岐阜県高山市で昔の仲間と旧交を温める「おじさん探検隊」結成!!

今は東と西に分散してしまったが、20年前は同じ職場でがんばっていた仲間。
今回、最年長者が会社を一歩退くにあたって高山市で懇親することになった。

ある者は新幹線と高山線で、ある者は新幹線と車で、ある者は新宿駅から楽天トラベル(高速バス予約)で、ある者は車でと、交通手段は別々に集合。

集合日時と場所11月6日(金)午後2時にJR高山駅

みんな、無事に時間通り集るか、心配だね??

愛知県在住の我らはJR春日井駅北口に午前9時に集合して、クルマ一台で3人向かう。

今日は平日なので高速道路も空いてる。途中で長野組に進行を確認したら、高山駅到着時間が30分違うとのこと。折角なので一緒に食事する。
場所は長野方面から高山へ向かう途中、国道158号線左側「ドライブイン飛騨高山板蔵ラーメン」 。ここで5人の到着を確認。
ここで「卵かけご飯の板蔵ラーメン定食」や「板蔵ラーメン」をすすりながら、久しぶりの再会を祝う。
  (ラーメンは飛騨・美濃すぐれもの)
ここは高倉健主演「あなたへ」で主人公(高倉健)と詐欺師(ビートたけし)が出会う場面に使われた所らしい。
ホントかなと探したら、屋外に水汲み場があり、奥には撮影で使用した車も展示されている。
 DVD  ブルーレイ 
映画を見て、天空の城まで行ったが、ここでも撮影したとは気づかなかった。

昼食後、JR高山駅に到着すると、ただ今、駅舎が工事中!!

20151106_155614JR高山駅の特急到着時間は13:09着。
皆の携帯へ電話すると、
・1名は駅前で昼食しており、直ぐに到着。
・1名は早く到着して観光しており、宿付近にいる。
 宿へ向かうように連絡。
・残り1名は、楽天トラベル(高速バス予約)で到着13:30着、駐車場で待機。
 バスが予定通り到着して合流
このあとは、今日の宿「お宿 山久」へ向かい、駐車場に駐車して、1名確認。
---8名全員集合---

この後、高山市内の散策に向かう。
20151106_14135620151106_15143020151106_14212120151106_144708宿から高山駅方面へ下り、赤い中橋を渡り、高山陣屋を見学する。
昔の代官屋敷の生活を感じながら、室内を見学する。
庭園も紅葉しており、蔵の前では菊花展も行われており、秋を感ずる。
(朝市は既に終わっており、明日伺う。)
20151106_15282720151106_15383120151106_155002_2三之町通りに向かい、利き酒できる酒屋「岐阜県・飛騨高山・古い町並みに佇む酒蔵 舩坂酒造店 」に入り、利き酒。
辛い酒とにごり酒の2杯をいただき、「甚五郎」を土産にする。--宿が楽しみだね--
あとは奥様へのお土産を購入し、宿に戻る。(酒は飛騨高山おみやげ処 三川屋)

帰る途中では、日本で始めてカレールーを製造販売した「名古屋のオリエンタルカレーの看板を見つける!!
子供の頃、よく食べたが、看板の大きさから高山市で専門販売するほど繁盛していたようだ!!まだ、「オリエンタルカレー」を販売しているのかな?

20151106_19305620151106_192630お宿 山久」は名前から古そうと思ったが、部屋は綺麗で、トイレもウォシュレットと最高。

風呂は温泉でないが、綺麗で広い!!

全員の再会を祝い、缶ビールで乾杯、あとは食事???
20151106_19244320151106_160324宿には主人の収集グラスも廊下に展示されており、趣がある。
我が家と同じように「手筒花火をあげた後の手筒」が置いてある。
三河や遠州の手筒花火は、祇園祭や秋祭りに上げるが、こちらは8月9日にあげる。
代官になられた方が三河から伝承したのかな、身近に感ずる。

20151106_17452620151106_180845インタネットと電話で「お宿 山久」を予約した時に追加料理の有無を確認したところ、ありませんとの御返事。
夕食は値段からチョット心配??だったが、この夕食で十分な質と量であった。

追加料理必要なし!!

岐阜県高山市・飛騨市の宿お宿 山久」は最高の癒し宿でした。 --失礼しました。--
    岐阜県高山市・飛騨市の宿 「お宿 山久
おでかけは、楽天トラベルANA楽パック(航空券+宿泊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧