2018年1月19日 (金)

モンベルの山岳保険でヘリの燃料費を支払えるか?(埼玉県)

 埼玉県は2018年1月19日、条例を初適用し、県の防災ヘリで救助した山岳遭難の登山者に手数料を徴収する通知を発送した。
また、岐阜県岐阜県:山岳遭難防止条例)でも、形態は違うが有料化されており、今回の条例改正はいずれ、全国的に拡大するだろう?

私は「①モンベルモンベル山行保険(運動等危険補償特約付国内保障傷害保険」に加入しているが、今回の事例に対応できるのか?

心配???心配???

保険内容を確認してみよう。

なお、より高度な登山をされている場合には「②モンベル保険山岳保険(運動等危険補償特約付傷害総合保険」に加入する必要がある。
 (注)ピッケル・アイゼン・ザイル・ハンマー等の登山用具を使用するものおよびロッククライミング、 フリークライミングを言う。

①②の保険へ加入しておれば、支払われる。 これ以外には支払われないので自己負担となる。
  山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か (平凡社新書) [ 羽根田治 ] によると、街と同じようにタクシー代わりに読んだり、軽度でも遭難救助する傍若無人な登山者も多いようだ!!

しかも、2017年に長野県で発生したヘリコプター墜落事故のように、山岳救助のヘリコプター運行には危険が伴う。
登山者が携帯電話等による安易に遭難要請もある。

登山では、登山者に自己責任による責任ある行動が求められる!!
  自分も「2017年の登山を振り返る!! 」で培った登山技術を過信せず、遭難しないようにしよう!
---------------------------------------------------
今年も「ふるさと納税(楽天市場)」を申し込めば、確定申告時に税金を安くできる。
また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!
 楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

---------------------------------------------------

全国で初めて自治体ヘリコプターによる山岳救助を有料化する改正条例が1月に施行された埼玉県は2018年1月19日、条例を初適用し、県の防災ヘリで救助した山岳遭難の登山者に手数料を徴収する通知を発送した。

埼玉県などによると、
・登山者は県内の60代男性。
・1月16日午後、同県小鹿野町の二子山で滑落して重傷を負い、防災ヘリで救助された。
・県は救助に要した58分間の燃料代に相当する5万5千円の手数料を請求している。

 改正条例は昨年3月の県議会で成立。対象は県内6カ所の区域で遭難した一般の登山者で、学校行事や救助活動の入山者、林業従事者などは除かれる。
手数料は5分間の飛行で5千円となっている。

 平成22年に同県秩父市で遭難者の救助活動中にヘリが墜落して乗員5人が死亡した事故を受け、県は危険が伴う作業を減らすため条例を改正し有料化した。
これに対し、地元の山岳連盟などからは登山客の減少を懸念する声も上がっていた。

山岳遭難者の救助、58分で5万5000円なり…ヘリ出動で埼玉県が請求 有料化条例を全国初適用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

愛知県の東三河のお山に登りませんか?

Dscf0497最近の自主トレで登るのは、ふるさとの山「猿投山(さなげやま)」

こちらは名古屋や尾張地方から近いので瀬戸市側や豊田市側からよく登られている。

愛知県の東三河の山に登っていない!!

昔、豊橋市の事業所に勤めていた時にはよく登ったが、しばらく御無沙汰している!!

今まで愛知県東三河地方の山に登るには

・東名高速道路の豊川ICから一般道へ出て現地に向う。

・JR東海道線と飯田線を乗り継いで行き、駅から歩いたり、バスで近くのバス停へ行く。

しかなかった。

名古屋からだと、チョット距離があり、移動時間が掛かる。

しかし、東名高速道路の名古屋ICから三遠南信道の鳳来峡ICまで約1時間で行けるようになり、便利になりました。

高速道路が便利になりすぎて「富士山が見える山「八高山」(名古屋から静岡県島田市)」のように静岡県まで足を延ばしても困る。

この機会に東三河のお山に登りませんか?

そおいう自分も、しばらく、御無沙汰。そろそろ東三河へ行動しないといけないね!!
 愛知県の山 (分県登山ガイド) [ 西山秀夫 ]
-------------------------------------
・猿投山(さなげやま)-瀬戸市側より
身近な故郷の山にも危険が潜む「猿投山(さなげやま)」!! 


・猿投山(さなげやま)-豊田市側より
2018年の初登山も雪の猿投山!!

2017年の初登山は猿投山(さなげやま)!! 2017.02.01

2016年の締め登山(豊田市 猿投山 さなげやま)!! 2016.12.10

2016年の初登山は猿投山(さなげやま)!! 2016.03.21

------<東三河の山々>------------------------
登山ガイドマップもいろいろあるが、「富士山が見える山」というブランドが無い。
見晴らしがいいのは

・豊川市 宮路山 登山マップ - 音羽商工会
      (名鉄電車の駅から山に登り、三河湾を眺め駅へ下る)

      本宮山(豊川市 ウォーキングセンター)
      (日々登る進行の山と温泉)

・設楽町 設楽町】 山を巡る|したらん♪トレイル」。
       四谷千枚田の倉掛山もある。

・東栄町 「明神山に登ろう | 【公式】愛知県東栄町の観光」.
 

・愛知県と静岡県の県境には「湖西連峰ハイキングコース | 湖西市観光振興協議会ウェブサイト」もある。
-------------------------------------------
・宇連山(うれさん)-新城市

  • 宇連山に登ってきました。  2009.12.13


    ・明神山(みょうじんさん)-東栄町
    明神山に登ってきました!!!(2/2) 2008.11.03
  • 明神山に登ってきました!!!!(1/2) 2008.11.02


    ・鳳来寺山(ほうらいじさん)-新城市 
     ・日帰り温泉は「鳳来ゆーゆーありいな(愛知県新城市)
      もある。
  • 鳳来寺山へ登ってきました4(湯谷温泉) 2008.05.24
  • 鳳来寺山に登ってきました3(下り:湯谷温泉) 2008.05.22
  • 鳳来寺山に登ってきました2(登り) 2008.05.21
  • 鳳来寺山に登ってきました1(アクセス) 2008.05.18


    ・本宮山(ほんぐうさん)-豊川市 
     ・三河國一之宮砥鹿神社の奥社近くから富士山が
      見える時もある。
     ・豊川市の登山口には「日帰り天然温泉 本宮の湯
      もある。
  • 低山(本宮山ほうぐうさん)も危険である!! 2008.04.20
  • 三河の本宮山(ほんぐうさん)に登ってきました。 2008.04.19
  • 東三河の本宮山に登る。 2007.11.03


    ・いもう湿原から湖西連峰-豊橋市
  • 三河の尾瀬(葦毛湿原から湖西連峰へ) 2007.10.14 

    ---------------------------------------------
    今年も「ふるさと納税(楽天市場)」を申し込めば、確定申告時に税金を安くできる。

    お早めに、
    「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!

    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!

     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年1月15日 (月)

    2018年の初登山も雪の猿投山!!

    20180115_13324920180115_074040Dsc04274_r 2018年の初登山は、どこにしようか?と思ったが、やっぱり猿投山。
    いつものトレーニング場所ならば、簡単に行けれる。
    早朝の5時起床、6時出発、7時現地到着。
    今日は月曜日なので駐車場は空いていると思ったが、けっこう駐車している!!
    今日の自主トレーニングコースは、
    「駐車場~御門杉~休憩所~東の宮~猿投山~東の宮~西の宮~武田道分岐~城ヶ峰~駐車場」。
    最初はトイレを済まし、ストレッチ運動を行い、アスファルトの林道を歩いて肩慣らし。(7:20)
    御門杉登山口から登る。
    快調に登って行き、東の宮の鳥居(トイレ有り)まで来ると、路面が白い。
    今朝、雪が降ったようだ。(8:40、1時間20分)
    雪で滑らないように登り、東の宮へ到着。(9:00、1時間40分)
    Dsc04276_r_2Tia1748858480Dsc04277_rTia1919468866御嶽山・中央アルプス・恵那山の展望台(9:25、2時間5分)
    山を眺めるが、雲の中。
    猿投山は晴れだが、山の間に雲があり、よく見えない。
    Dsc04281_rさらに登り、猿投山へ到着。(9:37、2時間17分)
    山頂から真正面に見える白山もはっきりしない。
    こちらで雲の切れるのを待っていると、瀬戸市側から登山者が登ってくる。
    「猿投山に年間120回登る事を目標にしており、今日で7回目」「奥様と白草山や八ヶ岳などを登っている」-うらやましい!-
    最後に「先月も瀬戸市側で遭難者の探索をしていた」ことをお話して、安全に帰ろうと願って分かれる。
    Dsc04291_rDsc04292_rもう一度、南アルプスを眺め。
    待ってろよ、赤石岳、聖岳、上河内岳。

    今年は南アルプスを登りたいね。(10:30)

    東の宮、自然観察路、西の宮と周り、登りの道に戻る。
    20180115_11324020180115_120547Dsc04298_r武田道分岐のベンチ(11:32)から竹田道に入り、城ヶ峰分岐(12:05)を登り、城ヶ峰へ向う。

    城ヶ峰手前の右側が広けた場所では、「瀬戸デジタルタワー」が見える!!
    先日、「IKEA長久手店」へ行ったときにもみたので懐かしいね。

    Tia542631Tia1214896906城ヶ峰へ到着。
    城ヶ峰から左手に鳳来寺山、右の二コブ(左奥)が本宮山の位置。しかし、頂上ははっきりわからないね!

    ジオグラフィカ -スマホを登山用GPSにするアプリ-で調べてみると、左コブが焙烙山(ほうろくさん)、右コブが六所山(ろくしょさん)  )

    東三河の山々は何とか見え、眼下には 東海環状自動車道(通称 マグロード)が見える。
    ここで昼食とする。(12:00、4時間40分)

    ここは日が当たり、風もなく、暖かい。

    昼食後は登山口を目指して下山。(12:30、5時間10分)
    20180115_13184320180115_131907城ヶ峰登山道の入口に到着。(13:20)

    落ち葉が積もっていて、ふみ跡は判らない
    !!

    駐車場へ到着。(13:25、6時間15分)
    今日は山は見れなかったが、気持ちいい登山になりました。
    ---------------------------------------
    (反省・注意)
    ・歩行について
     今年、初めての登山だったが、無事登る。
     前日は地元から御嶽山も眺めれ、今日も見れると思ったが、曇りで見えなかった!!
     武田道分岐~駐車場までは地図表記がありません。
     地図とコンパス、ジオグラフィカなどの地図アプリを見て、歩行すること。

     ・登山コース
     駐車場~御門杉~休憩所~東の宮~猿投山~東の宮~西の宮~武田道分岐~城ヶ峰~駐車場
     ・登山時間 7:20-13:25 6時間15分

    ---------------------------------------------
    今年も「ふるさと納税(楽天市場)」を申し込めば、確定申告時に税金を安くできる。

    お早めに、
    「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!

    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!

     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!





    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年1月 4日 (木)

    (注意)登山靴を履いたままレインウェアを着たい(パンツ)!!

    20180111_12123020180111_121340 2017年年末に「写真山行で「冬の上高地へ」(名古屋から長野県)」で上高地へ出かけた。

    釜トンネルと上高地トンネルを越えて上高地へ入る。

    トンネル外へ出たら、寒い!!寒い!!

    その時に、防寒対策で「モンベル」登山靴を履いたまま、「登山用雨具・レインウェア」のパンツを着ようとしする。

    しかし、履けない!!


    私は「最近のレインウェアは登山靴のまま着用できる」と思っていたが、そんな商品作りは行われていないようだ!!
    20171230_065945Dsc04253_r結局、登山靴を脱いで、「登山用雨具・レインウェア」を着こみ、その後に登山靴を再度履いた。

    今回は時間的な余裕があったが、急に雨が降り出した時には困る。

    知人は登山靴の上から「登山用雨具・レインウェア」を難なく着用している。

    くやしい!!悔しい!!

    メーカは何処だったかな?? 
    「ファイントラック(faintrack)」だったかな?「モンベル」だったかな?

    20180111_121539
     「登山用雨具・レインウェア」は天気が良ければ、ザックの中で静かに収まっている。

    しかし、生命に危険が及ぶ雨や寒では直ぐに着用する。

    こんな時には短時間で着用したい!!

    後で気づいたが、
    チャックが膝までだと、登山靴を履いたままレインウェアを着用できない!!

    ・インタネットで「登山靴のまま着れるレインウェア・雨具」「登山靴のまま レインウェア」を検索しても、うまくヒットしない。
     ・モンベルの商品名の「ストームクルーザーフルジップパンツ」で検索しないと、うまくヒットしない!!
      こんなんではホームページへたどりつけれない。
      商品名に簡単にたどり着くホームページ構成がありがたい。

    インタネットショッピングの
     登山用品とアウトドアのさかいや
       好日山荘Webショップもいいが、現物でフィッティングできる「名古屋駅前の駅前アルプス」や「好日山荘 名古屋栄」等の実店舗で購入しないといけない!!

    しかし、近くにお店があり、商品を置いていないと、購入できない時は誤購入となるね。 ---------------------------------------------
    今年も「ふるさと納税(楽天市場)」を申し込めば、確定申告時に税金を安くできる。

    お早めに、
    「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!

    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!

     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年1月 1日 (月)

    新年明けまして、おめでとうございます!!

    Dsc04177_r_3
    新年おめでとう!

    2018年があなたにとって最高に素晴らしい年になりますように。

    Happy New Year !

    May this be a Happy and fruitful year.


    【写真は 上高地の大正池より穂高連峰(The phote is Hotaka Mountain Range from Taishoike)】

    ---------------------------------------------
    今年も「ふるさと納税(楽天市場)」を申し込めば、確定申告時に税金を安くできる。

    お早めに、
    「ふるさと納税(楽天市場)」
    をお申込ください!!

    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!

     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年12月31日 (日)

    2017年の登山を振り返る!!

  • 20171230_063858 2017年も公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of JACの山行や個人山行で沢山の山を無事登りました。

    2018年も健康で沢山の山に登りたいもんだ!!

    但し、登山へ出かける前には、最近の山岳遭難状況を登る前に確認して、危険箇所を把握して注意しながら登ろう。
     ・島崎三歩の「山岳通信」 - 長野県公式
     ・今日のブログ | りんどう山の会
     ・三重県の危険な山はどこか?(2016年)

    なお、前年の登山は「2016年の登山を振り返る!!」です。

      自分も遭難しないように!
    ---------------------------------------------

    今年も「ふるさと納税(楽天市場)」を申し込めば、確定申告時に税金を安くできる。お早めに、「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!

    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!

     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

    ----------------------------------------
    ・12月
    (注意)幌尻岳遭難事故から学ぶ再発防止!! 2017.12.31

    写真山行で「冬の上高地へ」(名古屋から長野県) 2017.12.29-30

    雪の無い山「油日岳・三国岳・北打山」を周回(名古屋から三重県伊賀市) 2017.12.24

    身近な故郷の山にも危険が潜む「猿投山(さなげやま)」!! 2017.12.16、18

    富士山が見える山「八高山」(名古屋から静岡県島田市) 2017.12.06

    冬山近しの銚子ヶ口は登山路がはっきりしない(名古屋から東近江市) 2017.12.02


    ・11月
    登山路が落ち葉で消え、よく滑る天狗堂(名古屋から東近江市) 2017.11.27


    ・10月
    (注意)北海道の大雪山遭難事故(旭岳)から学ぶ再発防止!! 201710.21

    ・全国山の日協議会「山の天気を知ろう」 2017.10.10

    朝明渓谷から国見岳とハライドを周回 2017.09.30-10.1

    ・9月
    長距離フェリーの太平洋フェリーに乗るには?

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る失敗談!!

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(7/7 月山 2017.09.27
  • 名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(6/7 鳥海山 2017.09.26

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(5/7 早池峰山 2017.09.25

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(4/7 岩手山 2017.09.24

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(3/7 八幡平 2017.09.23

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(2/7 八甲田山 2017.09.22

    名古屋から日本百名山(東北北部)を登る(1/7 岩木山 2017.09.21

    名古屋から高速バスで行く空木岳(日本百名山) 2017.09.02

    ・8月

    御嶽山をまん前から見る白草山・箱岩山 2017.08.30

    三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回3/3(蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶ヶ岳~三股駐車場) 2017.08.14

    三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回2/3(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~蝶ヶ岳ヒュッテ) 2017.08.13

    三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回1/3(三股駐車場から常念岳) 2017.08.12

    クラブツーリズム「登山上級」は本当にきつかった!! 2017.08.06

    日本百名山を縦走「塩見岳~間ノ岳~北岳(4/4 肩の小屋~広河原)」 2017.08.05

    日本百名山を縦走「塩見岳~間ノ岳~北岳(3/4 間ノ岳~北岳~肩の小屋)」 2017.08.04

    日本百名山を縦走「塩見岳~間ノ岳~北岳(2/4 三伏峠~塩見岳~熊ノ平小屋)」 2017.08.03

    日本百名山を縦走「塩見岳~間ノ岳~北岳(1/4 三伏峠)」 2017.08.02


    ・7月
    日本百名山登山プラン9-2(名古屋から電車とバスで空木岳 2017.08.01

    登山で遭難者にならない!! 2017.07.30

    日本百名山登山プラン11-2(名古屋から黒岳(水晶岳)・鷲羽岳・笠ケ岳) 2017.07.20

    日本百名山の登頂プラン6-2(名古屋から北関東2/2 登頂案) 2017.07.19

    日本百名山の登頂プラン6-1(名古屋から北関東1/2 登頂案) 2017.07.19

    日本百名山の登頂プラン4-2、5-1(名古屋から東北南部・新潟県 登頂案) 2017.07.19

    日本百名山の登頂プラン1-3/3(名古屋から北海道西部 登頂案) 2017.07.18

    日本百名山の登頂プラン1-2/3(名古屋から北海道東部 登頂案) 2017.07.18

    日本百名山の登頂プラン1-1/3(名古屋から北海道北部・中部 登頂案) 2017.07.17

    日本百名山の登頂プラン4-1(名古屋から東北南部 全山登頂案1) 2017.07.17

    日本百名山の登頂プラン3-1(名古屋から東北中部 全山登頂案1) 2017.07.17

    日本百名山の登頂プラン2-1(名古屋から東北北部 全山登頂案1) 2017.07.15

    2017年の日本百名山挑戦はどうする?(2/2 東日本) 2017.07.14

    2017年の日本百名山挑戦はどうする?(1/2 西日本) 2017.07.13

    (注意)屋久島遭難事故から学ぶ再発防止!! 2017.07.08

    ・第一次猿投山捜索隊 2017.07.03

    御在所岳と鎌ヶ岳は早朝から駐車場が満杯!! 2017.07.02


    ・6月
    ・第一次猿投山捜索隊 2017.06.29

    山の天気はどう知る??(ヤマテン) 2017.06.09

    あの山の名は「AR山1000」で知る「名古屋から釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)」 2017.06.05

    御在所・霊仙山・伊吹山の危険生物(ヤマビル・熊?) 2017.06.01

    ・5月
    道迷いはジオグラフィカで防止「名古屋から雨乞岳周回(あまごいだけしゅうかい)」 2017.05.24

    カップ麺を山でもおいしく食べたい!! 2017.05.11

    通行可能になった国道306号(三重県側)から御池岳(おいけだけ)へ!! 2017.05.09

    ・4月
    長距離への挑戦(亀山宿・関宿・坂下宿~鈴鹿峠~土山宿 2017.04.29

    めまぐるしく変わる天候と福寿草(名古屋から三重県 藤原岳) 2017.04.15

    支部友ミーティング「最新の登山グッズとは」 2017.04.11

    登山届けは登山のお守り、必ず提出して出かけよう!! 2017.04.08

    登山は、スマホとジオグラフィカで迷わない!! 2017.04.06

    ・3月

    栃木県の冬山登山事故から「聖職の碑」を思い出す!! 2017.03.30

    残雪の山へ登る(名古屋から三重県 雲母峰(きららみね) 2017.03.19

    はじめてのワカン(高鷲スノーパークから岐阜県 大日ケ岳) 2017.03.08

    登山でのまねっこ「登山用具のコストダウン」 2017.03.02

    ・2月

    はじめてのアイゼン(三重県 御在所岳 2017.02.26

    春夏秋登山のトレーニング(名古屋から三重県 経ヶ峰 積雪!!) 2017.02.19

    2017年の初登山は猿投山(さなげやま)!! 2017.02.01

    ・1月

    登山靴の修理が終わりました。 2017.01.21

    2017年 新年おめでとう!(2017mの雲取山より) 2017.01.01

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    (注意)北海道の幌尻岳遭難事故から学ぶ再発防止!!

    20180101_11064220180101_110711
     私も登りたい幌尻岳で山岳遭難が2017年に発生。
    しかも、公益社団法人日本山岳会日本山岳会広島支部では二年連続。

     東海支部支部友の身としても、他人事でない。

    今回の山岳遭難では
    ・一人がロープを体に巻きつけ、川を渡ろうとして流された。
     それを見て、二人が助けに行って三人亡くなったのかな?

    ・リーダーやメンバーの判断や指示がはっきりしなかったのか?

    ・リーダーに相談もなく、個人行動をして遭難したのか?

    ・帰りの飛行機等により時間的制限もあったか?

    公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of JACの山行では、CLやSLが20mロープを持ち、個人「登山用スリング」「スリング(好日山荘)」「登山用カラビナ(好日山荘)」等を持つ。
     こんな装備で登ったんだろうか?

    等も想定できる。しかし、現場にいないと、はっきりわからない。

    今回、グループ登山での事故報告が明らかになり、
    ・リーダーの役割
    ・メンバーの参加心得
    ・緊急時の対応
    ・登山技術のアップ
    等の参考になる。
    来年以降の登山の参考に願います。

    ------------------------------------------------------

    リーダー待機判断せず 北海道3人遭難死 (毎日新聞)

    北海道平取(びらとり)町の幌尻岳(ぽろしりだけ)(2052メートル)で2017年8月、公益社団法人日本山岳会の広島支部の60~70代の男性3人が川に流され死亡した事故で、同支部が事故原因を「リーダーが遭難防止の判断を行っておらず、各自バラバラに行動した」などとする報告書をまとめたことが同支部への取材で分かった。山岳事故が増加する中、力量のあるリーダーの不足が課題となっており、報告書はこうした実態を

    同支部は昨年にも死亡事故を起こしており、同法人を監督する内閣府に求められ、12月に提出した。山岳事故の報告書は内部での情報共有を目的に作成されるため、内容が明らかになることは異例だ。

       事故は8月29日朝、男女8人のグループで宿泊先の山荘から下山する途中に発生
    雨の中、幅約10メートルの川をロープを使って渡った際、1人が足を滑らせ転倒し、近くの2人が助けに入ったが、3人とも溺れて死亡した。川は増水していたという。

       報告書などによると、リーダーは同支部に入会して約10年のベテランで、研修会などで会員を指導していた。他の7人は沢登りの初心者だった。
     事故当日、午後から天候が回復するとの見通しを山荘管理人から聞いたが、
    リーダーは待機するかどうかの判断をせず、成り行きに任せて下山を開始。

    リーダーは事故現場で「川の流れが速いので渡れない」と発言したが、その後、リーダーが知らないうちに一部のメンバーがロープを使って渡ると決め、動き出してしまった。

    報告書は「リーダーシップを発揮できなかった」とし、1人が転倒した後はパニック状態に陥り、2次災害を防ぐための冷静さを全員が欠いていたと結論付けた。

         山岳事故の調査分析が専門の青山千彰・関西大名誉教授は「リーダーが暫定的な役割でしかなかった可能性があり、全員のリスク対応の甘さにも問題があった。組織としてリーダー育成に取り組むなど事故防止策を考え直すべきだ」と話す。

         同支部では昨年11月にも富士山の登山中に会員と男子学生計2人が滑落死する事故が発生。現在は活動をほぼ停止している。【東久保逸夫】
    ------------------------

        登山リーダー育成急務

         警察庁によると、登山ブームを背景に山岳遭難事故は急増しており、昨年は全国で2495件発生。過去最多だった前年に次ぐ多さだった。遭難者は2929人で、うち60代と70代が4割強を占めた。登山者の団体は実地訓練などリーダーの養成研修に力を入れている。

         グループ登山ではリーダーが危険予知と回避義務などの責任を負うとされ、刑事処分を受けたケースもある。2009年に8人が亡くなった北海道大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の遭難事故では、天候を顧みず強行的なスケジュールで引率したなどとして、警察がツアー会社の男性ガイドらを業務上過失致死傷容疑で書類送検した。

         友人同士のグループでの登山はリーダーの位置付けがあいまいになりがちで、リーダーシップが発揮しにくいという。
     幌尻岳の事故のグループも友人関係で、パーティー全体でリーダーの判断を尊重する姿勢がみられなかった。日本山岳会のある会員は「登山ブームで比較的簡単な山しか経験のない会員も増えている。登山歴が長いだけではリーダーとしての危機対応能力を備えているとはいえない」と指摘する。【東久保逸夫】

    https://mainichi.jp/articles/20171231/k00/00m/040/124000c?utm_source=smartnews&utm_medium=android&utm_campaign=smartnews

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年12月29日 (金)

    写真山行で「冬の上高地へ」(名古屋から長野県)

    20171229_12401620171229_13494520171229_13502912017年12月29日~30日は、公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of JACの「写真山行 冬の上高地」へ。

    1日目の12月29日(金)は名古屋から上高地へ向う。(6:30)

    20171229_09483420171229_115042名古屋から高速道路に乗り、中津川ICで降りて、「道の駅 木曽川源流の里 きそむら (木祖村)」で昼食。(9:50)
    道路や駐車場は除雪してある。
    その後は、県道26号へ入ると、道路に雪が現れ、別荘地の横を通って峠を下る。ここ辺りから雪道となる!!
    さらに、奈川渡ダムの横を通って国道158号と合流して左折する。
    この道を進むと、沢渡駐車場へ到着。(11:50)
    車でメンバーを釜トンネルまで送り、沢渡駐車場からタクシーで釜トンネルまで戻ってくる。
    釜トンネルから沢渡駐車場まで往復1時間

    長野県警察より釜トンネル入口で「登山届けの有無」を確認され、名前を名乗り「提出済み」を確認。(12:50)
    釜トンネルへ入る前に「ヘッドランプ」を点灯して歩くと、トンネル内ランプが点灯しているのでヘッドランプを消灯して歩く。
    夏の釜トンネルはバス又はタクシーで越えるが、今日は歩いて進む。
    最初の釜トンネルはトンネルが上下・右左に曲がっており暖かいが、二つ目の上高地トンネルは風が通りやすく、寒い!!寒い!!

    20171229_144915上高地トンネルを出た所で、「アイゼン」又は「スノーシュー」を履く。
    上高地へ入ると、雪道に変わり、凍結した道を歩く。
    ベテランのCLとSLはそのまま歩いていくが、我々は滑って転ぶ。
    ビギナーは「アイゼン」又は「スノーシュー」を履く。
    CLいわく、「道路端の新雪に片足、もう一方を道路へ踏んで進むと、転びにくい」とのこと。
    雪道に慣れてる!!
    大正池のダムで塞き止められた箇所は凍っている!!
    Dsc04153_rDsc04154_rDsc04160_rさらに雪道を歩いて大正池の冬トイレに到着。
    トイレは完全に雪に埋まっている。
    その上が今日の山小屋「上高地 大正池ホテル」。
    山小屋到着(15:05、2時間15分)

    Dsc04167_r 上高地 大正池ホテルの名称はホテルだが、年末年始休期間中のみ山小屋として営業
    小梨平キャンプ場「登山用テント」を建てて泊まるならば、山小屋はありがたい!! 
    年配者にはテント泊の寒さが堪える!!
    (今月も体がテント生活に順応できず、木曽駒ケ岳で亡くなられた方もいた。)

    時間的にはまだ撮影できるが、雪が降っており、天候が悪いので休息とする。
    明日の天候を「山の天気予報:株式会社ヤマテン」で確認すると、「曇りのち晴れ」。
    明日の作戦会議を開き、行動計画を検討する。
    20171229_174100夕食をいただく。(17:40)

    食後は部屋へ戻って、第二次作戦会議を開催して準備する。

    今日は午前4時に起きて、集合時間6時30分に間に合せたので眠い。
    眠い。おやすみなさい!!

    午後10時には眠る。

    2日目の12月30日は早朝5時に起床し、6時出発。真っ暗の中を歩いて大正池湖畔へ向う。
    20171230_06315120171230_063035大正池湖畔で撮影場所を確保して待機する。(6:20)
    今日はヤマテンの予想どうり焼岳方面から雲流れており、本当に晴れるの??
    但し、気温低下によりコンパクトカメラは動作不良。...
    (;Д;)(;Д;)
    スマホのカメラ撮影になりました。
    寒い所へ行かれる時にはカメラや電池を保温してお出かけくださいね!!
    大渇!! 大渇!!
    20171230_06392020171230_070126日の出で穂高連峰が赤くなる写真を撮りたかったが、雲にかすれている。
    カメラも使えない!!


    こんな中でも、後から来たおじさんがカメラ場所に割り込んできて、カメラ設置位置の確保のつばぜり合いがあったようだ。
    (おじさん、いい場所は早く来ないと、確保できませんよ!!)

    20171230_07120620171230_0754467時30分まで日の出を撮影。(6:00-7:30)
    スマホで撮影していると、時が経つのは早いね!!

    山小屋「上高地 大正池ホテル」へ戻る。

    その後は朝食を取り、上高地散策の準備を行う。

    20171230_091026上高地散策の準備をして出発。(8:50)

    始めは、先程まで撮影していた場所。

    穂高連峰は相変わらず、雲がかかっており、寂しい!!
    私の記念撮影。
    雲が早く切れるのを待つ。

    Dsc04231_rDsc04240_rDsc04255_rこの後は田代池、田代橋を回る。
    途中の田代橋では団体が占拠している。
    ツアー旅行者の皆さん、橋の上では長時間留まらないように願います!
    さらに、ウェストンのレリーフを眺め、河童橋でコーヒータイム。
    寒い日のホットコーヒーはありがたい!!
    その後は山小屋「上高地 大正池ホテル」へ戻る。
        ホテルへ戻り、仮置きしていた荷物を受け取り、帰宅準備を行う。(12:50)
    釜トンネルまで同じ道を戻り、CLがタクシーで沢渡駐車場まで車を取りに行く。
    レンタカーが戻ってくるまで約1時間待機。

    釜トンネルから名古屋は行きと同じ道を変える。
    Dsc04271_r20171230_172414帰り道にある「奈川山菜株式会社 に立ち寄り、野沢菜などの山菜漬物を土産として購入する(16:00)

    木曽川源流の里「きそむら道の駅」へ立ち寄り食事にしようとしたら、営業時間は10時~16時まで!!
    営業終了でした(16:30)

    その後は道の駅で紹介してもらった「焼肉 権兵衛」へ10分程度で到着。(16:40)

    但し、駐車場も満車に近い。
    恐る恐る入場すると「6時までなら席が空いている」「それまでならば、食事できる」

    早めにできる「らーめん」や「おでん」関係を注文したが、出来上がりが遅く、ぎりぎりセーフでした。

    そのあとは名古屋へ黙々と帰りました。

    名古屋へ帰ったのは午後9時、自宅へは10時過ぎでした。

    皆さん、お疲れ様でした。

    ----------------------------------------------
    (注意・反省)

    今回の上高地の天気は、-8℃、風は4~6m。
    体感温度は風速6mならば、12℃下がり、-20℃
    となる。
    寒い中での撮影でした!!

     (参考)
      体感温度は、
    気温が0度以上では風速1mあたり1℃程度低下、気温がそれより低くなると風速1mあたり2℃程度低くなる。

    1.カメラの保温について

    今回の撮影ではカメラ(SONY DSC-HX90V)が午前9時頃まで起動せず、スマホ(ドコモ SC-02E)で撮影する。
    カメラの予備バッテリーをザックから出とりして試したが、起動せず。
    カメラは午前9時以降に復活してきて、撮影する。

     カメラの低温動作試験はスマホより緩いのかな???
     ・カメラの動作温度は 0~40℃  (保存温度は-20~40℃)


    次回には次点に注意して撮影したい。

    ・バッテリー性能の低下
    冬の寒さの中ではバッテリーの消耗や電圧低下が激しい、バッテリーを冷やさない。
    防寒性能を備えたレインカバーを使用したり、タオルでカイロを巻きつけて、カメラを常温に保つ。
     また、予備バッテリーも忘れずに。

    ・カメラ本体・レンズの結露
    冷え切った屋外で使用したカメラを暖かい室内に持ち込むと、結露が起きる。
    撮影が終わって部屋に持ち帰る時には、急に暖かい場所に持ち込むのは避け、比較的乾燥した温度の低い場所に数時間置いて慣らす
     もし、結露が起きてしまった場合は、ドライボックスに乾燥剤と一緒に入れておくなどして十分に乾燥させる。


    2.体の防寒対策について

    ・手足の冷え
    屋外での体の冷え、特に手足の指先などの冷えはとても堪えがたく、指先がかじかむと思い通りにボタン操作や撮影が行えなくなる。

     ・指先の冷え
      今回は指先の出ていない物を使用したが、特段の問題は無かった。
      「カメラマン用グローブ」は指先だけを露出でき、厚手のグローブと比べ細かい操作が確実に行える。

     ・足のつま先の冷え
      「登山用5本指ソックス」の上に厚手のソックス や 「くつ下用ホッカイロ」が有効した。

    ・体の冷え
     今回の服装は、次のウェアだったが、足先の冷えを感じた程度で、特段の問題は無かった。
     ・アンダーウェア
      汗冷え対策の「ファイントラック finetrack」ベースレイヤー(メッシュ構造)の上に「モンベル(Monbel)」のアンダウェアを上下着用。
      ファイントラックのアンダーウェアに汗冷えは感じなかった。

     ・上
      「モンベル(Monbel)」のフリースとソフトシェルを重ね着し、さらに「登山用雨具・レインウェア」を着用。
      (私はごわごわや帽子つきのハードシェルが嫌いなため

     ・下
      ユニクロの暖パンの上に「登山用雨具・レインウェア」を着用。
      (2日目の寒さ対策で「登山用雨具・レインウェア」

     ・首
      「登山用ネックウォーマー」で防寒。
      高地では人の息で吐き出す水蒸気が内側にへばりつき、寒かった。
      次回は目無し帽のようなタイプで息が外へ出るタイプへ変更しよう。
     
    -----------------------------------------------
    今年もあと少し、「ふるさと納税(楽天市場)」を今、申し込めば、今年末までに届く。
    お早めに、
    「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!
    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!
     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年12月24日 (日)

    雪の無い山「油日岳・三国岳・北打山」を周回(名古屋から三重県伊賀市)

    20171224_074438 2017年12月24日(日)は、公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai の支部友山行で「油日岳・三国岳・北打山」を周回する。

    鈴鹿山系の御在所岳や竜ヶ岳などが雪に包まれている。

    こんな中、雪の無い山は無いかと探したら、「油日岳・三国岳・北打山」が見つかる。


    真っ暗な中、名古屋からCLの車で出発。(6:30)
    20171224_074453東名阪道路の伊賀ICで下りて進むと、「余野公園」が手前にあり、奥に「奥余野森林公園|」がある。
    10台程度駐車できる駐車場に到着。(7:40)
    ここには、トイレもある。
    (トイレ手前の道はゾロゾロ峠へ続く)




    20171224_08265020171224_09200920171224_100611雪は無いので「軽アイゼン」はザックへ入れたまま出発。

    「休憩所」から尾根に取り付き、両サイドが切れ落ちた尾根を登っていく。

    きつい登りを登りきると、「油日岳(あぶらびだけ)」に到着。

    此処からは上り下りが続き、さらに両サイドに切れ落ちた尾根を縦走する。

    気を緩めずに進んで行くと、所々で雪も現れるが、雪に滑らないように慎重に歩く!!

    さらにロープがある崖もあり、三点支持で上り下り。

    20171224_10213220171224_102302途中の三国岳手前からは、
    ・奥から左を見ると、綿向山、雨乞岳、御在所岳、鎌ヶ岳。
    (鈴鹿の槍ヶ岳、鈴鹿のマッターホルンの鎌ヶ岳から想定)

    ・真正面からは、雨乞岳、御在所岳、鎌ヶ岳。
    を眺めれて最高でした。

    20171224_110302尾根を下り、東海自然歩道の合流点「ゾロゾロ峠」に到着。
    ここで東海自然歩道と合流して、尾根歩き無事終了。

    ここからは緩い尾根歩きに変わり、安心して歩けました。

    ただし、最後の下りの所で木が倒れ、登山道をふさいでいる。

    右折するか?迷ったが、直進して一般道へ出て、「奥余野森林公園の矢印」にしたがう。
    奥余野森林公園の駐車場へ到着。

    20171224_15275020171224_15423020171224_152814ここで近くの日帰り温泉を検索したら、「伊賀の里モクモク手づくりファーム:野天もくもくの湯」が約8Kmと一番近い。

    野天もくもくの湯を目指して進むと、直ぐに到着(15:42)
    こちらの温泉は、内湯もあるが、野天が売り?
    お肌がつるつるになる塩化ナトリウム系でなく、単純泉。
    温泉で汗を流す。
    売店で「ふわふわソーセージかつ」をいただくと、揚げたてでうまい!!

    ここの売り「ハムやソーセージ」をお土産に購入して名古屋へ帰る。

    途中の関JCT~四日市JCTまで8Km50分の渋滞に巻き込まれましたが、無事、名古屋へ還れました。

    ---反省・注意-------------------
    今回の山行では雪も融け、軽アイゼン装着無しで歩け、天候にも恵まれて無事帰宅できました。
    ありがとうございました。

    ・歩行時間
     ・計画 6時間50分(410分)
      雪が無いので×0.9=349分

     ・実績
      奥余野公園駐車場 7:40

      林道終点出発 8:00
      油日岳    9:20/ 9:25
      忍者岳    9:53
      三国岳   10:15/10:20
      倉部山   10:47
      ゾロゾロ峠 11:00/11:05
      北打山   11:39/12:00
      旗山    12:17
      林道分岐  13:15/13:20
      駐車場   13:47
     合計      5時間47分(347分)
     ・倍率 1.0倍
      雪が無かったので計画通り歩けました。

    ・雪はCLが先週行った時には残雪が会ったが、当日は殆ど融けていた。
     雪解けで北打山への登りではよく滑りました。
     念のため軽アイゼンを準備してお出かけください。
    -----------------------------------------------
    今年もあと数ヶ月、「ふるさと納税(楽天市場)」を今、申し込めば、今年末までに届く。
    お早めに、
    「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!
    また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!
     楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年12月21日 (木)

    身近な故郷の山にも危険が潜む「猿投山(さなげやま)」!!

    20171216_08022720171216_08024520171216_080312  2017年12月16日(土)は、公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of Japan ...の「猿投山第二次捜索」に参加する。

    7月にも第一次捜索へ入ったが、見つからなかった。

    12月に二次捜索へ入る。

    猿投山(さなげやま)と言うと、「東海自然歩道」の一角にあり、通常のルートは案内板や登山道もしっかりしており、迷いにくい。

    しかし、行方不明者の車は、雲興寺(瀬戸市)に近い東海自然歩道の駐車場でなく、麓へ駐車していた。

    通常の登山道で倒れれば、登山者が見つけて支援されていると思うが、見つからない。

    尾根と谷をしらみつぶしに調べているが、見つからない???

    登山路以外では、見つかりにくい。

    一体何処へ行ってしまったんだろう・・・

    早く、見つけたい!!

    12月18日(月)にも捜索しても、見つからなかった。

    今回も道なき道を歩いて捜索している。

     ・地図アプリを使用して歩いても、10m以下のピークを尾根と見誤る。

     ・思い込みで尾根を下りてしまう。

     ・赤テープなどに迷わされて進んでしまう。
      (テープは疑って掛かること!!)

     ・ホイッスルを持って、一人ずつ歩いており、集合場所に全員がそろわない。
      こんな時には「ホイッスル・笛(遭難救助用・熊除け用)」を吹いて、現在位置を
     確認していたが、聞こえないときがあった。


    こともあり、二次遭難となる恐れもあった。

    こんな時には、現在地をアプリで確認し、進むべき方向を見定めて進みたかった。
      地図読みはじめの一歩 [ 平塚晶人 ] 



    愛知県の身近な山「猿投山(さなげやま)」にも危険が潜んでいる!!

    登山路以外を歩かれるのは危険極まりない。

    しかも、「登山路以外を単独で歩かれる場合には次点に注意して登られる」ことを摂に祈る。

    もし、登山道以外を歩く場合には

     ・スマホを機内モードにしない。

     ・スマホのGPSを起動する。

     ・スマホアプリ「ジオグラフィカ」等を活用して道迷いを防止する。

      ・ジオグラフィカ | 最強の登山用GPSアプリ - Google Play

      ・ジオグラフィカ | 最強の登山用GPSアプリを App Store

     ただし、山ではGPSを使用すると、電池の消耗が激しい。 
    登山には10000mAH以上の「スマホ・タブレット用携帯充電池」を予備電源と
    して持参するように願います。
     電池残量がわかる 薄型 「スマホ・タブレット用携帯充電池」

     ・「ホイッスル・笛(遭難救助用・熊除け用)」の吹き方
     遭難時にはSOS(ピッ・ピッ・ピッ 、ピ-・ピ-・ピ-、ピッ・ピッ・ピッ)を覚えておき、吹くように願います。
        「ホイッスル・笛(遭難救助用・熊除け用)」


    なお、登山される場合には「三重県の危険な山はどこか?(2016年) 」や私の登山経験などを活用して遭難しないように願います。

    2017年の初登山は猿投山(さなげやま)!! 2017.02.01

    2016年の締め登山(豊田市 猿投山 さなげやま)!! 2016.12.10

    2016年の初登山は猿投山(さなげやま)!! 2016.03.21

    猿投山から御嶽山や恵那山が見えた!! 2011.09.24

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧