« 近畿日本ツーリストの株主優待券が利用できなかった!! | トップページ | 三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回2/3(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~蝶ヶ岳ヒュッテ) »

2017年8月12日 (土)

三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回1/3(三股駐車場から常念岳)

Dsc01744_rDsc01746_rDsc01750_r2017年8月11日(金・祝日)の仕事終了後、名古屋を午後7時30分に出発。
高速道路へ入って最初の休憩は「駒ケ岳SA」、ここまでは何もなし。

しばらく進むと「塩尻北ICから松本ICまで通行止め」の表示が現れる!!

塩尻北ICで高速道路を一旦降りて、一般道を走り、松本ICから高速道路へ入り、安曇野ICで降りる。-こんな時の高速代金はどうなるのか?-

安曇野市のコンビ二で明日の朝食と昼食と水を購入する。
8月12日0時10分に三股駐車場に到着。
空いている駐車スペース2台の内、1台へ滑り込み駐車し、車中泊の準備をして睡眠。
(0:30)
高度が高いせいか、気温も低く熟睡!!

2017年8月12日午前5時に周りのざわめきに起こされて、起床(5:00)
朝食を食べ、トイレを済まし、登山準備を整えて出発。(6:00)
直ぐに「三股登山口」に到着。(6:20、20分)
入山届けの受付もあるが、登山届けは「コンパス~山と自然ネットワーク~」で提出してあるので注意点を確認する。
Dsc01752_rDsc01755_rDsc01757_r「特別な注意点は特に無い」とのこと。

森林の中をジグザグに登っていくが、中々高度を稼げない。
途中「三重県名張市から「テント泊(テン泊)」でみえた方」にお逢いして、愛知県から来たと話したら、話が盛り上がる。

そのあとは、トレールランニングで常念岳をピストンする方「大阪から転勤してきたソロ」と「安曇野市のカップル」にさっと抜かれる!!
空荷に近いとはいえ、無茶苦茶、脚力があります!!

途中では雨が豪雨になり、 「登山用雨具」を着用。

Dsc01765_rDsc01769_rDsc01779_r樹林帯をやっと越え、森林限界の2000m以上に入ると、ハイマツと石の山に変わる。
ここまでの標高差1300m~2000mの急登。 700mは厳しい!!

ここからは登る毎に岩が増える。
岩には黄色の目印があり、浮石に注意し、安全な石を探しながら登る。

避難小屋のある「前常念岳」に到着。(12:55、6時間55分)
このあたりで雨が少なくなってきたので 「登山用雨具」を脱ぐ。
あわせて昼食のおにぎりをいただく。

この前常念岳ルートを登る人は殆どいない!
お会いしたのは5人以下。

昼食をとっていると、「トレールランニングで常念岳をピストンするソロの方」が降りてくる。
「カップルに会いませんでした?」と聞いたら、「山頂から下山してきたら、山頂までどれくらい?」と聞かれる。「あと10分ぐらい」と答えたとのこと。
もう分岐点まで登ってる!!
脚力は凄いね!!

Dsc01788_rDsc01793_rさらに登ると、ガスがかかり、ガァーガァとなく声が聞こえる。
よく見ると、雷鳥の親子が現れる。

ここで団体の下山者にあい、雷鳥を教える。

常念小屋分岐点」に到着。(13:40、7時間40分)
ここから常念小屋へ繋がるルートは整備されておらず、進入禁止!!

Dsc01811_rDsc01824_rDsc01826_rDsc01828_r常念岳・常念小屋分岐点」に到着。(14:40、8時間40分)
ここにザックを置いて常念岳へ登るか、そのまま登るか?と迷ったが、山頂が近いのでそのまま登ることに!!
常念岳山頂に到着。(15:00、9時間)

Dsc01839_rDsc01845_r常念岳に登り、今宵の宿「日本アルプス常念小屋」を目指すが、中々、小屋が見えない。
偽常念岳を超えると、尾根筋に小屋がやっと見える。
小屋が見えても、中々、進まない。
やっと、小屋に到着。(16:35、10時間35分)

今日の長い一日が終わる。
到着が遅かったので最後の部屋へ案内される。
Dsc01849_r明日の出発準備の水の補給を済まし、部屋で寝る準備。

準備が完了したら、自炊室へ。
ビールで乾杯!!

福島県と千葉県の同窓生Gと談話すると、東京で合流して毎年登山しているとの事。
高校卒業して40年経過して、一緒に登山するとは凄いね!!
うらやましい限りだね。

そのあとは夕食をいただく。(18:30)
ハンバーグもあり、山小屋の食事としては大満足!!

部屋に戻ると、最後のお客が見えて、寝る場所が決まる。

お疲れ様でした!!

 長野県安曇野市のふるさと納税 

続きは「三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回2/3(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~蝶ヶ岳ヒュッテ) 」に続く。
----------------------------------------------
(注意・反省)
・今日の歩行
 標準歩行時間 8時間10分、6.2km
 実績      10時間35分 
 倍率 635/490=1.3倍
 「登山用雨具」の着脱や休憩で時間を消費したので長時間かかったのかな??

・山小屋の装備(常念小屋)
 ・乾燥機は満員御礼のため使用できず。
 ・水は湧き水のくみ上げ。
 ・トイレは室内。

  ・山小屋は1枚の布団を2・3人で使用するほど混んでいた!!
  「いびき」の凄い人が隣に繰るかもしれない。
 「耳栓(みみせん)」は安い物だが、山小屋で販売していない。
 「いびきを遮音する耳栓(みみせん)」やマスクなどのご準備をお忘れなく!!

・山小屋の到着時間について

 ・15時到着予定が16時代となり、陽のあるうちに到着したが、最後の予備部屋になってしまう。
  今日は布団1つを2~3人で使用する混み具合を覚悟。
    
 ・19時頃、高齢者3人組と高齢者一人が到着。
  今日の宿泊人数が11人に決定して、布団を敷く。

  先輩 
  いくらなんでも、小屋への到着が遅すぎますよ!!
  しかも、「ヘッドランプ」を使わずに歩行するのは危険極まりないですよ!!
  体力の過信禁物!!  -大渇-
  (翌日からの計画を見直して、安全山行を心がけましょう)




・最近の山岳遭難状況を登る前に確認して、注意喚起する。
 ・島崎三歩の「山岳通信」 - 長野県公式
 ・今日のブログ | りんどう山の会 

  クラブツーリズム

≪愛知・三重・岐阜発バスツアー≫夫婦でゆったり巡れる厳選ツアー満載! 
--------------------------------------
      
日本百名山のガイドブック 

|

« 近畿日本ツーリストの株主優待券が利用できなかった!! | トップページ | 三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回2/3(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~蝶ヶ岳ヒュッテ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/65675346

この記事へのトラックバック一覧です: 三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回1/3(三股駐車場から常念岳):

« 近畿日本ツーリストの株主優待券が利用できなかった!! | トップページ | 三股駐車場から常念岳・蝶ヶ岳周回2/3(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~蝶ヶ岳ヒュッテ) »