« 道迷いはジオグラフィカで防止「名古屋から雨乞岳周回」 | トップページ | ラッキョウの甘酢漬けに挑戦!! »

2017年6月 1日 (木)

御在所・霊仙山・伊吹山の危険生物(ヤマビル・熊?)

Dsc00969_r先日、滋賀県の「雨乞岳(あまごいだけ)」を周回した時、木に熊のつめ跡らしい物を見っける。
傷跡はチョット古そうだが、、、、、、

そういえば、山頂部には笹原が広がっており、熊の好物「笹の新芽」もたくさんありそう。

それからは、高橋庄太郎さんが知床半島をトレッキングしていた時に実践していた方法を行う。
つまり、
・遭難時に自分の位置を知らせる「ホイッスル・笛」を遠くから鳴らす。
「熊鈴」を歩行しながら鳴らす。
を行いながら進む。
   救命用ホイッスル

 熊ベル・熊鈴
・熊らしき動物「にほんあなぐま」も、狸を大きくした形で「雨乞岳のコクイ谷」で現れる!

Dsc00924_rまた、「雨乞岳北の杉峠~コクイ谷出合」では樹木の皮が鹿に食べられている。
鹿がいるということは、「山ビル(ヤマビル)」がいる!!
うわさどおり、雨乞岳にはヤマビルがいそうだ。

山と高原地図「御在所 霊仙 伊吹山」 

ヤマビルには去年2016年10月に竜ヶ岳と釈迦ケ岳に登った時にも友人が被害にあい、足が血だらけになる。
その他にも、霊仙山、御池岳、藤原岳、雨乞岳等の石灰岩の山の谷筋や水辺を通って被害にあったと聞く。

今年も梅雨時となるのでヤマビルの被害が始まりそう。

ヤマビルは人間が吐き出す二酸化炭素をめがけて地面から、木々の上から素早く貼りつく。
これからの梅雨時から秋までは、ヤマビルの進入を防御する必要がある。

1.足元からの進入防止
  ・靴下は網の荒いものは避け、長い物とする。
  ・靴とズボンの隙間をロングスパッツやガムテープなどでなくす。
       「ロングスパッツ」
  ・◇ヒル下がりのジョニー【ヤマビル防止スプレー】 等を吹き付ける。

2.手からの進入防止
  ・長袖を着用する。 
  ・ズボンと上着の隙間をなくす。
  ・◇ヒル下がりのジョニー【ヤマビル防止スプレー】 等を吹き付ける。  

3.頭や首・原からの進入防止
  ・帽子をかぶり、タオルなどで首を覆う。
  ・ボタンのついた衣類はなるべく着用しない。

  ・◇ヒル下がりのジョニー【ヤマビル防止スプレー】 等を吹き付ける。  

 ◇ヒル下がりのジョニー【ヤマビル防止スプレー】

4.休憩などでの注意
 ・湧き水などの水辺を避けて歩く。
 ・休憩は日のあたる場所で行う。
 ・休憩などでも地面に座らない。
 

5.ヤマビルが付着したら
虫除け剤や塩・酢をスプレーしたり、振り掛ければすれば、簡単にとれる。
 (ヒルに吸血されていた場合、すぐにヒルをはがしてください。)
 --マダニとは対応が異なる--

・ヤマビルを
除去したら、傷口から血を押し出すようにして、流水等で洗う。

 消毒用エタノールなどで傷口を消毒する。
 
抗ヒスタミン剤(虫刺され薬やかゆみどめ)を塗布して、絆創膏を貼っておく。

 もし、ヤマビルを発見したら、「ヤマビル注意報」へ報告!!
 他の人への注意喚起をお願いします。

6.ヤマビルの駆除
ヤマビルは踏みつけても駆除できない。
虫除け剤や塩・酢をスプレーしたり、振り掛けて駆除する。


(注意・参考)
・熊対策について
 
・「注意してください!- 青森県庁」では熊の出現状況をマップ化して注意喚起している。
  ・野生鳥獣の保護管理の推進・狩猟の適正化/滋賀県 
  (滋賀県 ツキノワグマ出没対応マニュアル
 ・三重県|獣害対策クマに注意してください!
  三重県の熊(クマ)目撃・出没情報

Dscf6288_rDscf6287_r・ヤマビル対策について

 神奈川県秦野市丹沢(たんざわ)では、ヤマビル被害が登山だけでなく、家庭へも拡大し、ヤマビル駆除などを行っている。

 また、登山路には注意板や塩が置かれている。
(詳しいことはヤマビル対策マニュアル」等を作成しました - 神奈川県 ... を参考に)
三重県の登山口でも「ヤマビルの注意喚起」を行わないかな?

なお、ヤマビルの発生状況や対策等は「ヤマビル注意報」などで確認してお出かけください。
---------------------------------
        山と高原地図「御在所 霊仙 伊吹山」
 「山と高原地図(好日山荘)」 

|

« 道迷いはジオグラフィカで防止「名古屋から雨乞岳周回」 | トップページ | ラッキョウの甘酢漬けに挑戦!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/65353886

この記事へのトラックバック一覧です: 御在所・霊仙山・伊吹山の危険生物(ヤマビル・熊?):

« 道迷いはジオグラフィカで防止「名古屋から雨乞岳周回」 | トップページ | ラッキョウの甘酢漬けに挑戦!! »