« 2017年4月 | トップページ

2017年5月24日 (水)

道迷いはジオグラフィカで防止「名古屋から雨乞岳周回」

Dsc00776_rDsc00774_rDsc00783_rDsc00782_r 今日2017年5月24日(水)は、雨乞岳天気 - てんきとくらすで確認すると、
「登山指数A、曇り」。
 「ジオグラフィカ -スマホを登山用GPSにするアプリ(無料) にヤマレコデータ(GPS)・地図ダウンロード」 及び 「地図とコンパス」等の準備の上、「雨乞岳(あまごいだけ)」へ出かける。
 「山と高原地図(好日山荘)」 
予定は地図データを参考に作成。

                          予定  実績
・名古屋出発    5:30 ( 6:30)

・武平峠(西)到着 6:30  ( 7:50)
・クラ谷分岐     7:40 ( 8:50)
・雨乞岳       9:35 (10:40)
・杉峠       10:15 (11:50) 昼食
・イブネ・クラシ 11:40--中止--
・杉峠       13:00--中止--

・コクイ谷出合  14:05 (13:40)
・クラ谷分岐   15:10 (15:00)
・武平峠      16:15 (16:10)
早速、「登山のコンパス〜山と自然ネットワーク〜」で登山届けを提出。

しかし、起床に失敗し、武平峠(西側 滋賀県側)への到着が遅れる。(7:50、1時間20分遅れ)
最深部の「イブネ・クラシ」往復をあきらめ、雨乞岳周回へ変更する。

武平峠西駐車場を出発(8:00)
始めに滋賀県方面へ橋を渡り、直ぐに右手に入る。
注意事項を見ると、「コクイ谷出合からクラ谷分岐間のクラ谷」は登山道が荒れており、道迷いが多発しているらしい!!
しかも、暗くなるとルートファンディングが難しく、迷うらしい。
Dsc00804_rDsc00818_rDsc00837_rDsc00838_r地図とジオグラフィカで現在地と方角を再確認し、気を引き締めて進む。
始めは針葉樹の森の中を歩き、
登り下りの谷道。
「④クラ谷分岐」の周回合流点を確認し、クラ谷を登り「⑦七人山登山口」の尾根に登る。
ここから左折して自然林の中を進み、「東雨乞岳」手前からヤブの中を進む。
Dsc00852_rDsc00854_rカッコウとウグイスが泣き声で迎えてくれる。

山頂では白と黒の小鳥が現れて癒してくれる!!

この鳥は何という名前なんだろう??

Dsc00863_rDsc00873_rDsc00878_rDsc00877_rさらに笹ヤブを分けて登ると、「雨乞岳(あまごいだけ)」へ到着。(10:40、2時間40分)

今日は平日(水)で、誰もいない。
自分撮りで済ますが、左手でSONY Cyber-shot(サイバーショット) DSC-HX90Vのボタンを押すのは難しい。

登山で誰にも会わないと寂しいね。-人恋しい!-
ここからは杉峠方面の案内看板も無い。
20170524_113011_r20170524_114816_r20170524_120522_rここでジオグラフィカで「現在地(○)と進む方向」を確認、登山道は笹薮の中を「杉峠」へ向う。
出発しようとしたら、雨が降りだし「登山用レインウェア」の上着を着込み、ザックカバーをかける。

峠への始めは緩やかだが、最後は急傾斜となる。
「杉峠(すぎとうげ)」に到着。(11:50、3時間50分)
ここで昼食
Dsc00916_rDsc00909_rDsc00931_rDsc00943_r昼食後は愛知川源流域を下るが、しばらく進むと、石垣や平地があらわれる。
この辺りでは明治期まで銀・銅を採掘しており、300人すんでいたらしい。
さらに進むと、「コクイ谷出合」に到着。(13:40、5時間40分)
木の橋もあるが、バランスが悪い。隣の石を渡る。
Dsc00957_rDsc00959_rDsc00974_rDsc00991_r出合から右折する「コクイ谷」が本日のメーンイベント!!

武平峠の看板はあるが、チョット心配!!
ここでジオグラフィカで「現在地(○)と進む方向」を確認。

ここからは踏み跡や赤テープが所々に消えたり、現れる。
しかも、川の渡渉箇所も次々に現れ、岩も滑りそう。
Dsc00996_rDsc01001_rDsc01021_rDsc01027_r右岸から左岸、左岸から右岸と何度も渡渉する。
神経を使う登山。

今日は水量が少なく、渡渉できそうな所が見つかりやすい。
しかし、倒木もあり、ふみ跡も見えず、雨後の増水や雨が降っていると、大変なルートです!!

さらに進むと、前方から人の声がする。

Dsc01029_r声の方向へ進むと、ここが「④クラ谷分岐」。
やっと朝来た登山道へ到着。(15:00、7時間)

三人ずれの方とお逢いすると、滋賀県の方。
お互い、今日一人目の出会い!!
滋賀県側から林道を使って御池岳等に登られているようだ。
(平日は人気のある御在所岳か鎌ケ岳に登ればよかった)

チョット安心。
(ここで地元といえば、滋賀県ですね。三重県と間違えてスミマセン)

Dsc01033_rDsc01034_rDsc01042_rこのあとはひたすら、登山口を目指して下山。

しかし、最後の最後に「真正面に砂防ダムが見える」ので左上の赤テープへ進んだが、正解は右下の白い看板でした!!
渇!渇!
登山口付近は御在所岳方面等の赤テープがあるので注意

無事、武平峠西側の登山口に到着。(16:10、8時間10分)
駐車場に戻ってくると、朝駐車していた6~7台は既に無い。
皆さんは御在所岳又は鎌ケ岳を登られたようだ。

お疲れ様でした。

下山後は日帰り入浴「新湯の山温泉グリーンホテル」へ立ち寄る。
ここの温泉はヌルヌルで気持ちよく、露天2箇所、大浴場なのでくつろげる!!
ゆっくり休養して名古屋へ帰る。
 新湯の山温泉グリーンホテル 

(反省・注意)
・登山計画
 朝、起きるのが遅れたので計画変更を余儀なくされたが、概ね計画通り、下山できました。
 ただし、コクイ谷の登山道は渡渉箇所が多く、ルート選定も難しく、赤テープに助けながら歩いてきました。
 ・武平峠(西側)には20台程度駐車可能、トイレなし。
 ・今日は「ジオグラフィカ -スマホを登山用GPSにするアプリ(無料)を使用して登山したが、道迷いのポカは最後の所だけでした。
  最後まで気を緩めない事が大事でした。

 ・ 雨乞岳は往復5時間、周回8時間とロングコース。
  武平峠から雨乞岳は長時間なので早立ち、早帰宅を心がけないと、日暮れで帰れなくなる!!
  ・武平峠~御在所岳 ピストン 2時間35分
  ・武平峠~鎌ケ岳  ピストン 1時間55分

---------------------------------
         「山と高原地図(好日山荘)」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

カップ麺を山でもおいしく食べたい!!

Dsc00730_r20170510_110720_r山でも、カップ麺をおいしく食べたい。

私のグループ登山では、脚力不足から山頂でお湯を沸かす時間も少なく、お湯を沸かす器具の重量増を防止するため、 「登山用水筒」にお湯を入れて持っていく。

しかし、午前5時に100℃を入れても、昼過ぎにはお湯が80℃以下とぬるくなる。
だから、うまくない!!
先輩たちに聞くと、
・前日に熱い湯を水筒へ入れておく。
・当日朝に水筒のお湯を一度からにし、もう一度100℃の湯を注ぐ。
こうすると、温度低下が抑えられてうまいとのこと。
早速試しているが、水温が下がってカレーのカップ麺がイマイチうまくない。
みんな辛抱している?
モンベル 山専 「登山用水筒(さかいやスポーツ)」
・【保温効力】80℃以上6時間、60℃以上24時間
・【保冷効力】9℃以下6時間


カップ麺はカップヌードル(MISONOYA)や他メーカの商品も試したが、どの商品も100℃のお湯のようなうまさがない。

日本は地震、台風などの災害大国。
災害時のような非日常時には「登山用食品・フーズ」のご飯やスープ、味噌汁などが重宝している。
100℃のお湯を確保できない事もあり、低温でもうまいラーメンがあってもいいはず。
なぜ、災害時に食べれるカップ麺やらーめんを製造販売しなかったの?

らーめんやカップ麺は、災害には役立たない日常商品だった!!

もし、電気・ガス・水道が十分でない海外へ進出したら、簡単にお湯を確保できない国もある。
袋めんの袋にお湯を注いで、らーめんを食べている映像を今年見た。

低い温度でもうまいカップ麺や袋麺を作らないと、海外進出も難しいか???


こんな疑問をもって、日清食品のお客さま窓口へ問い合わせると、「通常のカップ麺は100℃でおいしく食べれるように作っているが、JAL様と提携商品は飛行機の中でも美味しくなるように製造されている」とのこと。
20170510_110739_r20170510_111001_r 早速、メーカのインタネットショッピングで購入してみると、
お湯の量通常300mlだが、JAL仕様は170ml
 大きさは通常の大きさの半分程度
 大人のおかずや子供用の主食に使う「カップ麺ミニサイズ(楽天)」と同程度

麺の種類は、らーめん、うどん、そば、ちゃんぽんめんの4種類
 (カレーは無いので低温でうまくないのか?)

箱売りは15個、20個のセット売りと1種類の15個売り。

「象印 電気魔法瓶・でんきまほうびん」の保温温度90℃で食べてみると、低温でもうまい。
 ・沸点は
通常100℃だが、JAL仕様は80℃~85℃と低い。

 ・登山用水筒の温度と時間経過

 時間  0   6   12      24  48
 温度 100℃ 80℃ 60℃ 60℃ 20℃
 仕様  通常  JAL   (登山)    (災害)


 JAL仕様
ならば、山でもうまそうだが、60℃でもうまくしてもらいたい!!

また、残念なのは、通常より小さいにもかかわらず、値段は通常より高め。

私はメーカから直接購入したが、楽天市場でも販売していたので販売店購入てもいいね。

海外&国内土産・旅行用品 三洋堂 
15個 3種類セット(うどん、そば、らーめん)
20個4種類セット(うどん、さば、らーめん、ちゃんぽん)
ケンコーコム
15個ラーメン15個うどん
15個そば 15個ちゃんぽん

そんな後、子供の頃食べた「日清食品のチキンラーメン」を思い出す。
焼かんでお湯を沸かし、丼に入れたチキンラーメンにお湯を注いで、蓋をして3分間待つだけ。
チキンラーメンならば、低温でも食べれそうだ。

(1)袋入りらーめん
 日清食品 チキンラーメン 5食パック×6個入

これのカップ麺は販売しているのか?
袋麺とカップ麺の沸点が違うかもしれないが、昔食べた低温のお湯で食べれる思想をもっていると、ありがたいね!!

(2)どんぶりミニ
 日清食品 チキンラーメン どんぶりミニ 38g×24(12×2)個入

(3)どんぶり---普通サイズ

 日清食品 チキンラーメンどんぶり 85g×12個入


(消費生活アドバイザーのアドバイス)
・袋入りラーメンやカップラーメンを製造・販売しているメーカ様へのお願い

現行の袋入りラーメンやカップラーメンは100℃のお湯を確保できないと、うまくありません。
山では山専用水筒を使用しても、水温低下でうまくありません。
災害時には「登山用食品・フーズ(さかいやスポーツ)」がメインであり、ラーメンやカップ麺をたべたくても、食べれません。
メーカ様には平常時の商品開発も大事でしょうが、異常時の商品作りも大事だと思います。
異常時に確保できるお水やお茶などの飲料水でも、美味しく食べれる商品を開発すると共に、お湯を確保できない時でもおいしく食べれる物を販売してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

通行可能になった国道306号(三重県側)から御池岳(おいけだけ)へ!!

20170509_150606_rDsc00534_rDsc00531_r先月の2017年4月15日(土)は公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of Japan ...の「支部友山行」で「三重県と滋賀県にまたがる御池岳(おいけだけ)」へ登る予定だった。

しかし、「三重県|道路:冬季閉鎖区間 」により、鞍掛トンネルから御池岳(おいけだけ) 1,247m」へ登れず、隣の「藤原岳」に登る。
自然の力なのでどうしようもないが、悔しい!!
--------------------------------
インタネットで「一般国道306号(鞍掛峠)の開放はいつになるのか?」と確認していたら、平成29年4月20日11時より三重県側の鞍掛トンネル(坑口)まで通行可能になる。

それから「tenkura.天気とくらし  」と予定をにらめっこ。
今日2017年5月9日(火)が15時まで「登山指数 A」の登山日和、その後は「B」「C」。
早めに登って、リベンジすることに!!

早速、「登山のコンパス〜山と自然ネットワーク〜」で登山届けを提出。
Dsc00771_rDsc00769_r名古屋を4時30分起床、5時30分出発し「東員IC」で降りる。
コンビ二で買い物・トイレを済まして、「鞍掛トンネル手前駐車場に向う。
ゲートを超えると、途中で鹿や猿にあい、7時前に到着。(6時45分)
(駐車場は最大10台可能、あとは路上駐車?、トイレ無し)

登山準備を整え、トンネル手前まで行くと、登山口の看板が無い。
どこから登る?と探していたら、車両転回スペースの手前に「鞍掛トンネル登山口(東口)」がある。(7:00、出発)
Dsc00537_rDsc00539_rDsc00553_rDsc00546_rここからジグザグ道を登り、高度を稼いで「鞍掛峠(くらかけとうげ)」に到着。(7:30)
峠を真っ直ぐ進むと滋賀県、
左は鈴北岳・御池岳方面、右は三国峠。
左へ曲がると、お地蔵さん。
お地蔵さんに安全を祈願し、電力線の鉄塔を越え、森の中を進む。
Dsc00556_rカタクリの花がお出迎え、今年最後かな?

ここで「みんなの登山部」の一人目の方にお逢いする。
しばらく進むと、森が消え、草原に変わる。

Dsc00592_rDsc00594_rDsc00590_rDsc00595_r県境の尾根道を登ってくると、分岐点「鈴北岳」。

ここから、左の御池岳、右の鈴ケ岳、中を取り持つ平原を眺める。
まるで「北アルプスの雲ノ平」を思わせる!!
鈴鹿の雲ノ平」を眺めながら小休止。(8:35、1時間35分)

今日は「登山指数 A」だが、晴れでなく、曇り空!!
登ってきた道を振りかえると、鈴北岳の看板が現れる。
琵琶湖や伊吹山、鈴鹿山系の山もご機嫌ななめ、うっすらと見える程度。
心がけが悪かったんだね。
Dsc00615_rDsc00620_rDsc00622_rDsc00656_rここから右手の「鈴ケ岳」へ向かい、遅れて咲いている花が無いかと、いったん下って登る。
高山では「こばいけいそう」だが、低山では「ばいけいそう」が1杯!!
数年毎に咲き乱れる初夏に登りたい!!
今年2017年は咲くかな???
他にも小さな花が咲き乱れている中、「鈴ケ岳」に到着(9:30、2時間30分)
--滋賀県側ゲートからはここへ登ってこれるかな?--

最後に黄色の「福寿草」を一輪見つけたときは「ブラボー」と叫んでしまう。
Dsc00647_rDsc00686_rDsc00687_rDsc00683_rこのあとは鈴北岳に戻り、御池岳へ向う。(10:30、3時間30分)
ここで「みんなの登山部」の二人目にお逢いし、燕岳雪山登山と次登山の話で盛り上がる!!

鈴北岳からは草原の中を「御池岳分岐、コグルミ谷分岐、白瀬峠」に向って歩く。
周りには地糠のような池ドリーネ(逆円錐形のへこみ)もあり、残雪が残っていたり、空の所もある。
Dsc00691_rDsc00722_rDsc00703_rDsc00715_r御池岳分岐」が現れて右折し、「御池岳 (別名 丸山)」に向って上り、山頂に到着。(11:25、4時間25分)

ここで三重県の二人連れの方に写真を撮影していただく。
山頂を超えて下山するものと思ってついていくと、崖の端にある「ボタンブチ」で昼食とのこと。さらに「奥の平、奥丸山」へ登り御池岳まで戻る。
ボタンブチとこの辺りは景色が良いと有名!!

先人について行くのでなく、自分の地図とコンパスで確認!!

御池岳(丸山)の山頂で昼食。(12:25、5時間25分)

昼食していると、道なき道の東側斜面をお二人が登ってみえる!!
「どちらから登ってみえたのですか?」とお聞きすると、「御池岳の上り口を見過ごし、コグルミ谷方面へ通り過ぎ、そこから登ってきたとのこと」
今は木々の若葉が少なく、見通しがきくので登れたようだ。
--話しながらだと、分岐点を通り過ごす!!--
Dsc00732_rDsc00733_rDsc00739_rDsc00740_r山頂からは鈴北岳から見えた斜め線を下る事にする。

地図の点線は踏み跡が殆どわからない?

ジオグラフィカ -スマホを登山用GPSにするアプリ(無料) 」を見ながら、旧ルートを歩く。

--御池岳はルート案内看板と地図歩道が異なっている!!--

何とか、鈴北岳手前でルートへ合流し、鈴北岳へ到着。(13:25、6時間25分)
(あとから考えると、鈴北岳から真正面の坂を登って御池岳へ登ったほうが良かった。)

そこからは鞍掛峠の登山口へ一気に戻る。(14:50、7時間50分)

ここで小雨がふりだす。天気予報どおりでした!!

このあとは、温泉「天然温泉阿下喜温泉.」へ向い、スッキリして帰る。(16:30、)
(ここの「モンベルクラブ会員特典」は「タオルサービス」)

--------------------------------
(反省・注意)
登山ルートは?
 ・登山コースは登山者が少なく、地図ルートも消えかかっており、ふみ跡もはっきりしない道もある。
  ・登山計画 
   予定:6時間30分(390分)  実績:7時間50分(470分) 倍率1.2倍

  ・登り:予定3時間30分--実績:4時間25分
鞍掛トンネル登山口(東口)~鞍掛峠~鈴北岳~鈴ケ岳~鈴北岳~御池岳(別名 丸山)

  ・下り:予定3時間   --実績:3時間25分
   御池岳~ボタンブチ~奥丸山~御池岳~地図ルート~鈴北岳~鞍掛峠~鞍掛トンネル登山口(東口)


 ・御池岳・鈴北岳・鈴ケ岳の間は、1000m~1100mのカルスト平原。
  御池岳山頂からは案内看板もしっかりしていおらず、三重県と滋賀県のどちらにも、どこへでも降りられる。
  谷では現在位置が判らず、何処にいるかわからなくなる。
 ・木々が落ち葉の時期は迷っても戻れるが、若葉で見えなくなると、迷ったら簡単に戻れない。 
  --迷ったら、元に戻ること!!--

 ・地図とコンパス 又は 「ジオグラフィカ -スマホを登山用GPSにするアプリ(無料) 」を御準備の上、お出かけください。
 「山と高原地図(好日山荘)」 

・最近の遭難情報 
 「
北アルプスの雲ノ平(折立~太郎平小屋~薬師沢小屋~雲の平)」の風情を体験する「鈴鹿の雲ノ平ルート」は不鮮明で、道迷い多発!!
 ・最低時間 4時間+4時間30分=8時間30分
  (早立ち、早い帰宅、日の出・日の入りによりルート選定要す)
 ・コース 
  ・登り:国道306号(簡易休憩所)~白瀬峠~真ノ谷~御池岳~ボタンブチ~奥丸山~御池岳
  ・下り:御池岳(~鈴北岳~鈴ケ岳~鈴北岳)~丸山分岐~白瀬峠~国道306号(簡易休憩所)

 ・2017年4月4日午前11時50分ごろ、東近江市茨川町の白瀬峠(藤原岳御池岳の間)付近で、県警ヘリ「いぶき」が愛知県稲沢市の小学校教師の女性(25)と愛知県蟹江町の保育士の女性(25)を滋賀県警察が救助した。

・「一般国道306号(鞍掛峠)の開放はいつになるのか?」
Dsc00752_rと思ったら、平成29年4月20日11時より三重県側の鞍掛トンネル(坑口)まで通行可能
  ただし、滋賀県内で法面崩落箇所の対策工事を行っているため、滋賀県側は通行止めを継続中。(5/9も工事中)
 通行止の詳細は、滋賀県ホームページよりご確認ください。
 http://www.pref.shiga.lg.jp/h/h-doboku/koto_douro.html 

・「みんなの登山部 - Home | Facebook
 ・みんなの登山部のバッジのおかげで、ソロ登山が楽しくなる!!
  平日の火曜日に登山する人は少ないが、愛知県西部と三重県北部から見えた2名にお逢いする。
 しかも、写真をFacebookへ直ぐにアップして、山行をすぐに思い出せる。
  また、facebookで友人になれ、楽しい会話ありがとうございました!!

 ・山名を知るアプリは、何がいいか?
  みんなの登山部の方が、写真に山名が映りこんだ写真をアップしていれた。
  アプリは「AR 山 1000」を使用。これならば、山名を忘れないね。
 ・AR 山 1000 - Google Play の Android アプリ
 ・AR 山 1000を App Store で
---------------------------------
         「山と高原地図(好日山荘)」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ