« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

はじめてのアイゼン(三重県 御在所岳)

20170226_124745_r20170226_145049_rいままで「4本爪の軽アイゼン」を使用して夏の剣岳・白馬大雪渓を登ってきた。
しかし、「アイゼン」「ワカン・スノーシュー」の歩行を行ったことがない。
2017年2月に、「アイゼン」「スノーシュー」より値段が安く、日本か古来の寒じきから派生した「ワカン」を購入。
アイゼン(8本)やわらかいソール用 M ワカン
注:本当は12本爪のアイゼンを購入したかったが、靴のソールが柔らかいので8本のモンベル  LXT-8 アイゼン ワイド です。
自分のは靴の前後を持ってソールを曲げると、簡単に曲がる。
登山靴のソールが硬ければ、12本爪を装着できるとのこと!!
(詳しい事は「日本の雪山に挑む モンベル・カジタック アイゼン&ピッケル」

3月に公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of Japan ...の「支部友山行」で大日ケ岳の雪山登山」へいく。
チョットその前に、友達を誘ってアイゼン歩行の練習へ。

月日 2017年2月26日(日)
山系 鈴鹿山脈(三重県)
山名 御在所岳(裏登山道ピストン)
目的 アイゼン(8本)を使った登山練習...

・今年の三重県北部は共通一次試験(2017年1月14~15日)と翌週に大雪が降り、積雪が多い!!
・三重県と滋賀県を結ぶ鈴鹿スカイラインはまだ閉鎖中。
20170226_145953_r_320170226_090309_r20170226_103607_r閉鎖門手前の路側帯へ車を駐車。
鈴鹿スカイラインを歩き、裏登山道から御在所岳に登りはじめる。
道路は雪解けしているが、裏登山道の入口から雪が現れる!!
夏道は見えない中、アイゼンを履いて足跡についての歩行となる。
登りでは前方へキックしながら足元を固めて進み、下りでは踵(かかと)を置いてから足元を固めて進む。

そんな中、
・登山道の赤目印はほとんど見えず、歩行中にズボッズボッと雪を踏み外す。
・雪面も高いので木々に顔面が当りやすい。
20170226_124932_r20170226_124925_r20170226_130736_r20170226_130741_r山頂展望台からは伊吹山などの山は見えるが、御嶽山や乗鞍岳方面は見えない。

これだけ見えれば、いいね。

ここで昼食。
登山用水筒の湯をカップヌードルへ注いで、出来上がりとお手軽な食事。

・下りではアイゼンで歩いても滑りやすい。
 (着地点の選択、着地のミス?)
 よく滑って、前方に岩が現れる!

雪面には登山道、陥没を避けた脇道が色々あり、悩ましい?
 若い二人が軽装備で藤内壁方面へ下って行くので「大丈夫?」と友人が声をかけて、夏道方面へ戻ってもらいました。

裏道下山時には、藤内壁方面等へ紛れ込まないように!!

下山後は
 新湯の山温泉グリーンホテル の日帰り入浴でスッキリして帰りました。
こちらは、露天風呂も2つ有り、くつろげました。(670円/人)

(反省・注意)
20170226_103225_r1.裏道下山時には、藤内壁方面へ紛れ込みやすい。
(藤内壁を登った足跡や国見岳への縦走跡等に)

下から見ると、藤内壁方面は岩と氷の壁!!

2.雪面の陥没、踏み外し、滑り に遭遇しやすい。
(2017年2月26日には大雪でスキー滑走中だが、雪はあと1~2週間?)

3.ポケットのスマホ・携帯等が飛び出さないようにチャックを閉めて、紐を結んでおく。
ポケットからスマホを雪の中に落として、藤内小屋の人に探して貰いました。
藤内小屋公認ブログ 御在所岳裏道の山小屋」の皆さん、スマホ捜索していただき、ありがとうございました。
 ・藤内小屋の予約(モンベル会員ならば、お徳!)
  ご宿泊の場合は、基本的にFAXにて予約。
  代表者のご氏名、ご住所、電話番号、宿泊日、ご利用人数、およその到着時間、夕食・朝食の要不要をお書き添えのうえ、下記までFAXにてご連絡ください。
   FAX番号:059−396−4093 神谷
 ・土日・祝日営業(宿泊は要予約※平日の宿泊は3名以上で要予約)
 ・素泊3,000円、2食付4,700円

4.安物買いの銭失い にご注意
アイゼンとロングスパッツを購入したが、ロングスパッツはモンベルで7千円以上だったので、スポーツ店で半額の物を購入。
   今日、降りてきて見ると、ロングスパッツがアイゼンでやぶれている。何かに引っかかったらしい?
やっぱり丈夫で高い物でないといけない。
   「山と高原地図(好日山荘)」  
 三重県の宿中部地方の温泉宿
おでかけは、楽天トラベルANA楽パック(航空券+宿泊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

春夏秋登山のトレーニング(名古屋から三重県 経ヶ峰 積雪!!)

20170219_092510
20170219_085726今日は、公益社団法人 日本山岳会東海支部
- Tokai Section of Japan ...の支部友山行の経ヶ峰(きょうがみね)へ参加してきました。
-----------------------------
・山名 経ヶ峰
・地域 布引山地(三重県)
・日付 2017年2月19日(日)
・天気 曇後晴れ...

コース   仲之郷バス停~平尾登山口駐車場~平尾ルート(パノラマコース)~経ヶ峰山頂~経ヶ峰避難小屋(トイレ)~平尾ルート~平尾登山口駐車場
-----------------------------
移動手段は車でなく、近鉄電車とバス、ナナコ等の交通カード使用可能でした。
 ・行き:近鉄名古屋駅~津新町駅~津新町バス停~バス乗換~仲之郷バス停

  ・帰り:平尾登山口~タクシー~極楽湯 津店~近鉄白塚駅~名古屋駅
  バスは朝2本、帰りは午後1本と便が悪い!!

 注:登山口にはトイレが無い。→「津新町駅」で済ますこと。
   コンビ二も駅に無い。→名古屋で調達しておく事。

・ガイド
20170219_11302520170219_11474620170219_11561920170219_122936登山ルートは平尾登山口から左手奥の「谷筋」を登る予定だったが、雪が多く、道が悪いとの事前情報があり、当日変更。

今日は左手の「尾根を登るパノラマコース」で山頂へ。
山頂からは避難小屋(トイレ有り)へ下り、平尾ルートで駐車場へ下る。
 ・パノラマコースと谷筋の合流点で確認した所、積雪が多く歩けない状態!!(正解)
20170219_12301320170219_124515山頂で昼食。

食事の準備中から冷たい強風。
早々に切り上げて、避難小屋(トイレ有り)へ避難する。
建物はしっかりしており、くつろげる部屋もいい。
この後は平尾ルートを下るが、分岐案内看板と地図名称が合致せず、コンパスと地図とにらめっこしながら、下山する。
しかも、分岐箇所が多いので迷わされるので注意!!

雪道に気おつけながら無事、駐車場へ下山。

ここからはタクシーで「極楽湯 津店」へ向い、スッキリして名古屋へ帰る。
----------------------------------------------------
(注意・反省)
・平尾ルートは経ヶ峰登山口等の分岐が多い。
下山時には地図とコンパス等の道迷い防止対策を忘れずに!!

・登りは軽アイゼンは殆ど必要なかったが、下りは軽アイゼンを付けると安全に歩ける。

・山頂は冷たい強風なので防寒対策忘れずに!!
 早めに避難小屋へ降りて、昼食にしてもいい。

・登山ルートの情報
 経ヶ峰ハイキングコース | 津市三重県の登山・トレッキング特集 観光みえ.をご覧ください。
    山と高原地図「御在所 霊仙 伊吹山」
 
三重県の宿中部地方の温泉宿
おでかけは、楽天トラベルANA楽パック(航空券+宿泊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

日本人が忘れていたいい話!!

20170209_181359今までは本を買っていたが、家族が将来処分に困らないように家の本を「本・家電を売るならBOOKOFF(ブックオフ)」で処分している。

だから、本を買わずに、図書館から本を借りる。

最近借りてきた本の中で「日本人が忘れていたいい話」があり、凄い人がいてびっくりした!!
----------------------------------------
 一冊目は新津春子さんの「清掃はやさしさ」。

第二次世界大戦後、日本人の子供が中国にたくさん見捨てられる。その子供を中国人の方が養父母となり中国人として育て、大きくなる。

その後、田中角栄さんが日中国交回復を実現して、日本に帰ってくる。
日本に帰ってきても、中国語しか話せない人の就職は難しく、生活は厳しい。
そんな中で会話が少なくてすむ清掃員という仕事を見つけ働き始め、生活を支える。
その後、家族の支えにより高校を卒業させてもらい、職業訓練校に行き「清掃」を勉強して就職する。
その就職には、「中国残留孤児」を暖かく迎える人も、日本人の中で浮き気味な本人を影ながら支えた上司もいた。

その後、本人の努力もあり、「全国ビルクリーニング技能競技会」で「日本一(労働大臣賞)」を受賞した。
また、世界一綺麗な空港という称号を羽田空港にもたらす!!
日本に還ってきたら、忘れられてしまう中国残留孤児を影ながら支えてくれた人がいて、日本人として安心した。-次は私やあなたが支えよう-
   新津春子さん
---------------------------------------
20170209_181433二冊目は「奇跡の醤  陸前高田の老舗醤油蔵 八木澤商店 再生の物語 [ 竹内早希子 ]

2011年3月11日に日本を襲った「東日本大震災」。
その津波に襲われた「八木澤商店[醤油,味噌,岩手県陸前高田]」は建物等を全て失ったが、従業員の命を守りきった。
しかし、仕事が無い。
ある者は従業員全員を解雇し、会社を清算した者もいた。
しかし、従業員を解雇せず、従業員を守るために色んな仕事を探して、慣れない仕事をこなして食いつなぐ。
そこから、店を再建するまでの物語の記録である。

震災当時は日本赤十字社を通じて寄付したが、そこで支援が終わったら生活再建できない。被災者の生活が回るためには生産、販売、流通などが回ることが大事。
被災地の物産を買い支えて、再建を支援しないといけない!!
   もっと通・いわて 楽天市場店
----------------------------------
三冊目は「この世界の片隅に」( こうの史代)」の原作を映画化したものである。
また、この映画「片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)」はクラウドファンディングで広く投資を募集してできたものである!!

主人公は広島県の呉市に嫁いだ主人公「すず」さんの戦前、戦中を生きた物語。

この映画を映画館で見ると、日本中の何処でも起こっていた非常事態中の話だが、何かホッとしてくる。
片腕をなくしたすずさんがけなげに生きる所が悲しく、切なく。
絶対に戦争をしてはいけないと思う!!
ガイドブックサウンドトラック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

録画用DVDにはデータ用DVDが使えない!!

20170208_19474120170208_194804 テレビの録画は「ブルーレイレコーダー」が便利。
我が家は横着者が多いので、「HDD付きフルーレイレコーダー」に録画して、後で見る。

このハードディスク(HDD)は1TB(1000GB)もあるのに、満杯となる。

録画ファイルの見ない物を削除するが、もう一度見たい物もある。
「HDD付きフルーレイレコーダー」の録画ファイルをDVDへバックアップしてハードディスクから録画ファイルを削除したい!!

早速、DVDを大型電気店で購入し、ハードディスクからDVDへバックアップしようとしたら、「CPRMに対応したDVDでないのでバックアップできません」とアラームが出る。

インタネットで調べてみると、
------------------------------
注:CPRMとは?
2004年4月5日から、BS/地上デジタルテレビ放送に、原則「1回だけ録画可能」(コピーワンス)なコピー制御信号が加えられ、デジタル放送番組のデジタル録画をするためには、CPRMに対応しているレコーダーと録画用メディアが必要となった。
CPRMとは、DVDなどに採用されている、記録メディア向けの著作権保護技術。
 コンテンツのデジタルコピーをメディアに記録する際の一度だけ許容し、メディアから他の機器やメディアへのコピー(ダビング)を禁じる「コピーワンス」を実現する。

・「1回だけ録画可能」なデジタル放送をデジタル録画した場合、
 他のデジタル機器にはダビングできず、CPRM対応プレーヤーでなければ再生できない。

・CPRM対応の録画用メディアとしては、DVD-R、DVD-RAM、DVD-RW、SDメモリーカードなどがある。
------------------------------

もう一度、DVDの梱包をみると、小さい字で「データ用」が印刷してある。

(消費生活アドバイザーの意見)--
DVDは形状から「CPRM対応の録画用」と「データ用」を区別できない。
・メーカには、本体には大きな字で「CPRM対応の録画用」「データ用」 と表示してもらいたい。
・大型家電店には、販売コーナーを分離したり、注意書きを大きく表示してもらいたい!!
-----------------------------
20170210_18572420170210_19290120170210_185814DVD-R(データ用)は購入から時間が経っていて、レシートも無いのでしかたがない。

買う前にマニュアルを見てみると、「CPRM対応のDVD」又は「BD-R」又は「BD-RE」 が使える。

私のパソコンはDVDまで見れるので、今まで「ブルーレイレコーダー」からDVDへバックアップしようとしてDVDを購入していた。
今回は何を購入しようかな?
DVDも良いが、画像は断然ブルーレイディスクが断然いい。
・フルーレイも安くなってきた。
・ソニーブランドは少し高いが、その他のブランドは安そう。
・セット枚数も10枚、20枚、50枚、100枚と色々ある。

どうしようかな?

今回は、ブルーレイの1回録画用を20枚入りのケース付きを購入する。
BDへ録画してみると、録画時間も30分程度と、DVD録画時間(1時間30分)の半分以下の時間で録画できる。
・BD又はDVDに10枚までバックアップできる。

あなたはどちらを買うのかな???

  今回はビックカメラ楽天市場店で調べたが、
他にも  もある。
--------------------------------------------
・ブルーレイディスク(BD)
 ・パソコン(DVD)で再生しないならば、ブルーレイディスク(BD)でもよい。
 ・録画用とデータ用があるので「録画用」を購入しないといけない。
 ・詳しいことはブルーレイディスクの種類と使い分けについて ...- ソニーをお読みください。

・1回限りの録画用「BD-R」
 ・当初は1層と2層(DL)があり、その後3層が開発されている。
 ・各ブルーレイレコーダー又はプレイヤーの使用を確認する。
 ・価格は1層より2層(DL)の方が録画容量も多いので高い。
 20枚
 (一層 25GB)
 25GB=DVD5枚分相当
 10枚 20枚 
 (DL ニ層 50GB)
 50GB=DVD10枚分相当

・1000~1万回程度の録画用「BD-RE」
 ・当初は1層と2層(DL)があり、その後3層が開発されている。
 ・各ブルーレイレコーダー又はプレイヤーの使用を確認する。
 ・価格はBD-Rより高く、1層より2層(DL)が高い。
 ・カートリッジ付きのBD-REは、
  使えるプレーヤ-やレコーダーが限られるので注意すること。
 10枚20枚
 10枚20枚
--------------------------------------------
・DVD
 ・兵どもの夢の跡のため色んな形式が残ってしまっている。
  (多種類の様式を作ったメーカに大渇!!)

 ・録画は「CPRM対応」を買わないといけない。
もっと詳しいことは「DVD種類と使い分けについて知りたい | ソニー」で確認願います。
 
・1回録画できるDVD-R
 1層2層(DL)10枚 20枚 
  50枚(ケースなし)

・1000回程度書き換えできるDVD-RW
 10枚
 20枚
50枚(ケースなし)

・10万回程度の書き換えができるDVD-RAM。

・カートリッジ無し
20枚10枚

・カートリッジ有り
カートリッジ有りを使ったことがないが、カートリッジから取り出せれば、使えそう。
しかし、取出しが難しい。
使えるプレーヤ-やレコーダーが限られるので注意すること。


--------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

2017年の初登山は猿投山(さなげやま)!!

20170201_09483620170201_09480120170201_09485520170201_0950232017年の初登山は1月中に行こうとしたら、三重県へ旅行後に風邪?インフルエンザ?を引いてダウン。

体調が回復し、昨日、御嶽山が綺麗に見えたので「故郷の山「猿投山」から御嶽山を眺めよう」と、2月1日に登りに行く。
早速、「登山のコンパス〜山と自然ネットワーク〜」で登山届けを提出。

出発は日の出前の6時30分頃に出発。
豊田市の猿投神社側の東海自然歩道側駐車場に到着。(7時30分)

今日は体調がよければ、瀬戸市の雲興寺(うんこうじ)までの往復コースを登る。

しかし、山頂まで登ってみると、左に日本百名山の「伊吹山」、真正面に白き山「白山」、少し降りた所から右に「御嶽山」がよく見える。
刈谷市からは御嶽山が大きく見えるが、小さく見える!!

今日は足の筋肉が風邪熱でおかしい?
標準コース+アルファー「駐車場~御門杉~東の宮~猿投山山頂~東の宮~西ノ宮~武田道~城ケ峰~駐車場」を歩くことにする。

山頂から御嶽山展望台に立ち寄ると、御嶽山がよく見える。

このあとは、東の宮~西ノ宮~武田道~城ケ峰 と歩き、昼食とする。

今日は登山用水筒に暑い湯を入れてきて、カップヌードルへ注ぐだけ。
しかし、湯がぬるい。
(前日の22時から翌日12時までの14時間は持たない)

やっぱり、カップヌードルの湯は当日の朝入れて、昼に使う といいみたい。


  モンベル
・市販水筒の0.5Lだとカップ麺までだが、登山用の0.9Lがあると、カップ麺+スープ+コーヒーまで使える。
次回は、当日早朝に熱湯を入れてこよう!!

今年2017年も「60歳から「名古屋から日本百名山に登るには??」 へ挑戦する。
第一歩が無事極めれて良かったね!!
        
 日本百名山のガイドブック 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »