« 2016年の登山用品の修理及び2017年への備え等!! | トップページ | 2017年 新年おめでとう!(2017mの雲取山より) »

2016年12月27日 (火)

三重県の危険な山はどこか?(2016年)

1今年2016年も三重県の三重県警、各消防本部、三重県山岳連盟 等の方々が救助に当たられ、たくさんの命が助けられている。

山岳救助、ありがとうございました。

鈴鹿山系は愛知県・岐阜県や関西方面からの登山で身近な山である。
この山にも危険が潜んでいる。
今回、三重県山岳連盟 | Facebook の「救助専門部・捜索専門部(遭難事故発生状況報告)を分析してみると、次のことがわかった。
(遭難件数は都道府県毎に集計されており、三重県から登って滋賀県で救助されると滋賀県で集計されるので御注意)

山岳遭難事故の多い山①御在所岳、②藤原岳、③釈迦ヶ岳、④大杉谷、⑤竜ヶ岳、鎌ヶ岳、池木屋山 である。

 ・④大杉谷(危険箇所多数)、⑤池木屋山(ロープワーク要す)は上級者のみに許される山


 ・その他は身近な山で起こっている。

登山者の多い山で起こっており、入山者数に遭難件数は連動していると想定される。

遭難理由の内訳は、①道迷い、②転落転倒 である。

①道迷い は藤原岳、釈迦ヶ岳、竜ヶ岳、鎌ヶ岳 など。
 御在所岳は登山客が多く、登山ルートがはっきりしているが、他の山は登山道の看板も少なく、看板を見落とす可能性が高い。
 ・道迷いや滑落転倒は下山時に発生しており、赤テープに頼るととんでもない所へ下山してしまう。
  もし、登山道に迷ったら、元へ戻る!!

  
下山で疲れていても登山道へ戻る。

  もしものビバークもあるかもしれないと、雨具や「夏山のヘルメットと緊急テントを備える!!」の緊急テントを準備して登る。
  また、遭難時に自分の位置を知らせるホイッスル・笛も持っていく。 
    「ホイッスル・笛(遭難救助用・熊除け用)」

 ・登山時には三重県登山・トレッキング特集 アウトドアを楽しもう ...を再確認。

 ・大杉谷は大杉谷登山センター 三重県を確認し、特に注意!!

 ・秋からは日が短くなるので
  ・
「ヘッドランプ」「スマホ・タブレット用携帯充電池」
  ・「登山防寒用ダウン」   等をお忘れなく!!

(参考) 私の登山例や「登山で遭難者にならない!! 」でスキルアップして遭難者にならないように自己研鑽願います。

・「鈴鹿セブンマウンテンとは」
 「藤原岳・竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・鎌ヶ岳・入道ヶ岳」の七座。
 私は完歩しました。

20171202_072432_2「鈴鹿10座とは(東近江市)」
鈴鹿セブンマウンテンに重なる山もあるが、次の10座である。
私も「御池岳、藤原岳・竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・日本コバ・天狗堂・イブネ・銚子ヶ口」の10座へ挑戦中!!


 (三重県側) 
 ・残雪の残る御在所岳(裏道~中道1/3)
  残雪の残る御在所岳(裏道~中道2/3)
  残雪の残る御在所岳(裏道~中道3/3)

 ・御在所岳と鎌ヶ岳は早朝から駐車場が満杯!!

 ・はじめてのアイゼン(三重県 御在所岳)
  (2017年は共通一次試験の頃、大雪で3月中旬まで雪が残る)

 ・めまぐるしく変わる天候と福寿草(名古屋から三重県 藤原岳) 
  (雨が降ると、泥だらけになる!!)

 ・前回登れなかったリベンジの登山(いなべ市 竜ヶ岳

 ・あの山の名は「AR山1000」で知る「名古屋から釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)」

 ・朝明渓谷から国見岳とハライドを周回
  (登山路の地図表記の不鮮明、無しの所が多い!!)

 ・春夏秋登山のトレーニング(名古屋から三重県 経ヶ峰 積雪!!)
 
 (滋賀県側)
 ・通行可能になった国道306号(三重県側)から御池岳(おいけだけ)へ!!
 (鈴ヶ岳~鈴北岳は点線表記)

 ・道迷いはジオグラフィカで防止「名古屋から雨乞岳周回(あまごいだけしゅうかい)」
 (コクイ谷は点線表記)

 ・登山者の踏み跡が判らない登山(東近江市 日本コバ)に登る
  (山頂からの周回コースは登山路は、点線表記)

 ・登山路が落ち葉で消え、よく滑る天狗堂(名古屋から東近江市)
  (登山路に地図表記なし)

 ・冬山近しの銚子ヶ口は登山路がはっきりしない(名古屋から東近江市)
  (東峰から大峠までは登山路不鮮明)

②転落転倒は、御在所岳
Photo御在所岳は日本二百名山に指定されるほどの厳しい山。
 また、観光道から登山道へ変わる所には注意札も立っている。

 御在所ロープウエイを使えば、山頂駅から観光道を少し歩いただけで山頂に簡単に立てれる。
しかし、観光道から登山道へ入った地点から自分で自分の命を守る自己責任が求められる。
 地図やコンパス等の登山装備や体力の準備がない時は登山道へ侵入しないでください!!

(地図)
      山と高原地図「御在所 霊仙 伊吹山」
 
・御在所岳の危険度は、登るルートにより異なる。
 私なりに考えると、 1.裏道 2.表道 3.一の谷新道、峠道 4.中道 5.藤内壁の順に危険度が上がる?

 ・5.藤内壁は上級者のみに許される登山ルート!!

 ・4.中道のキレットは、転倒、転落が多い。

 ・3.一の谷新道は道が荒れると上がるルート、登山道の荒れに注意。

 ・1.裏道は木階段での滑り、岩での転倒がある。

 ・下りに上位を選ぶと、危険度が上がる。
 ・危険度は天気により晴れ、雨の翌日、雨と上がる。

-----------------------------------------
道迷いや転落転倒は登山者が努力すれば、減らせる遭難理由である。
登山者も遭難防止に努力しないと、遭難は減らないので努力しよう。

①道迷いへの備え
 観光マップで入山されこともあるが、地図(「山と高原地図(好日山荘)」)とコンパスでの登山が安全である。しかし、地図を見て登ることは中々難しい。
  地図読みはじめの一歩 [ 平塚晶人 ] 
こんな時にスマホに「ジオグラフィカ(GEOGRAPHICA)」と入山ルート見本を入れておき。現在地を確認していこう。
(使い方)
・スマホには「ジオグラフィカ(GEOGRAPHICA)」をダウンロード
 次手順で使用して、登山ルートのナビゲートを行って道迷いを防止する。
 なお、使い方は講習会資料 ジオグラフィカの基本的な使い方で学んでおく。
 ・ジオグラフィカのアプリをダウンロードする。
 ・「山名 ヤマレコ」で検索して、登山ルートのGPSデータを探す。
 ・見本のGPSファイルをジオグラフィカで開く。
 ・登山ルートが地図に現れる。
 ・現地ではGPSを起動して、アプリを起動して登山口を登録して、記録してもいいし、現在位置を確認してもいい。
  もし、見本ルートから離れておれば、道迷いとなる。見本ルートに戻る。

  ・ジオグラフィカ | 最強の登山用GPSアプリ - Google Play

  ・ジオグラフィカ | 最強の登山用GPSアプリを App Store

 ただし、山ではスマホを「機内モードにしていても、GPSを使用すると、電池の消耗が激しい。 登山には10000mAH以上の「スマホ・タブレット用携帯充電池」を予備電源と
して持参するように願います。
 電池残量がわかる 薄型 「スマホ・タブレット用携帯充電池」

・鈴鹿山系には山ヒルが多い!!
 梅雨時や雨後の登山は、被服内へ入るのを防止してから入るなり、気温の下がっている春、秋に登るように願います。

・秋は日の暮れるのが早い。
 早出早帰りを心がけ、もしかの時の「ヘッドランプ」や予備電池をお忘れなく。

②転落転倒への備え
登山は早や立ち、早帰還を第一に考え、行動している。
登山途中での転倒・転落を防止するために次の注意を心がけてでかけよう。

・登山へ行く時には、現地へ7時前に到着するように出かける。
 (高速道路が完成し、近くなる!!)

・前日にはぐっすり眠り、寝不足で登らない!! 

・前日は深酒はしない!!
 (体調不良のときは速やかに撤退)

・岩場などでは特に注意!!

③捜索時間の短縮

Dsc01048_r 御在所岳や鎌ヶ岳、釈迦ヶ岳の登山口には行方不明者の看板が立っている。
 しかも、北アルプスに対応する「岐阜県北アルプス山岳遭難対策協議会」や「 [登山]|富山県警察」や「山岳情報/長野県」のように遭難救助専門の常設部署もなく、三重県や滋賀県の地元警察署等の「緊急呼び出し」で対処している。

 しかも、家族から捜索して欲しいといわれても、「何処の山に?」「どのルートを登るのか?」などが判らないと、捜索隊も捜索のしようが無い。

・「登山届けは登山のお守り、必ず提出して出かけよう!!
 登山届けの提出先は「登山のコンパス〜山と自然ネットワーク〜」などから簡単にできる。

(最近の遭難事例)
・2017年4月4日午前11時50分ごろ、東近江市茨川町の白瀬峠(藤原岳御池岳の間)付近で、県警ヘリ「いぶき」が愛知県稲沢市の小学校教師の女性(25)と愛知県蟹江町の保育士の女性(25)を滋賀県警察が救助した。

・2017年6月14日
 御在所岳 (遭難者発見) - 2017年06月14日 [登山・山行記 …
 (一人登山や登山届けなしなどでは捜索に時間が掛かる。)

・最近の山岳遭難状況を登る前に確認する。
 ・島崎三歩の「山岳通信」 - 長野県公式
 ・今日のブログ | りんどう山の会 

   すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘 [ 金邦夫 ] 
-----------------------------------------------
今年もあと数ヶ月、「ふるさと納税(楽天市場)」を今、申し込めば、今年末までに届く。
お早めに、
「ふるさと納税(楽天市場)」をお申込ください!!

また、日頃から貯めたポイントを活用して節約!!
 楽天市場 楽天カードで貯めたポイントは楽天市場楽天トラベルで使う!!

------------------------------------------------
三重県山岳連盟 | Facebook よりデータ分析集計
         10/19 9/21    8/21  6/27  5/25 4/9  合計
         11/23 10/18 9/20 7/20 6/26 5/24
御在所岳① 3   1                1      4     9
藤原岳  ② 2   1        2                     5
釈迦ヶ岳③     1                        3    4
竜ヶ岳  ⑤     1                        1   2 
鎌ヶ岳  ⑤     1                         1      2
入道ヶ岳       1                                 1
錫杖ヶ岳                           1              1
烏帽子岳            1                                  1

池木屋山⑤             2           2
大杉谷  ④  1                 1      1                      3
その他     1             1     1       2       5
---------------------------------------------
合計      7      7         1       6      3      11    35
内訳道迷い 3   5        2       4    14
  転落転倒 2   1         1               3       6    13
  入山遅れ        2                                          2
救助 ヘリ  3   1              2      1       3   10
---------------------------------------------
7/21-8/20のデータ公開なし。

① 救助専門部・捜索専門部
  (第8回遭難事故発生状況報告(10/19~11/23)

H28.10.19 藤原岳 聖宝寺道
   道迷い
      62才男性単独、岳連2名誘導下山

H28.10.19 滋賀県 雨乞岳 七人山
   道迷い、夫婦(妻道迷い)
       岳連1名(通りがかり)捜索協力発見

H28.10.29 御在所山 中道キレット付近
       滑落頭部切創、58才女性(2名で登山)
        ヘリ搬送

H28.10.30 御在所山 中道キレット
   転落、頭部切創
   愛知県在住女性77才(母子登山)
       ヘリ搬送

H28.11.02 藤原岳 聖宝寺道
   道迷い、
       50歳代男性単独、
       岳連1名誘導下山 

H28.11.04 大杉谷 シシ淵
   足首損傷
   東京在住 30才代男性単独、
   介助山荘収用、
    11/5ヘリ搬送   岳連 1名

H28.11.07 御在所山 本谷大黒滝
    (一の谷新道)
    四日市市在住63才男性単独
    11/8  確認人力搬送安置、岳連14 名
    11/9 人力搬送(西警察+菰野消防計20 名)

-----------------------------------------
① 救助専門部・捜索専門部
(第7回遭難事故発生状況報告( 9/21~10/18)

H28.09.25 入道ヶ岳 井戸谷道
    道迷い遭難、
    静岡県在住女性37才単独
     (椿大社参拝者)
  09/26  鈴鹿警察署、鈴鹿市、
    鈴鹿消防本部、三重岳連5名、
         大ガレ下で接触介助下山
         救出後道迷いルート調査実施(確定)、
    消防、市、警察へ報告、警察より
    椿大社へ申し入れ済み

H28.10.10 御在所山 地蔵岩付近(中道)
    女性転倒頭部切創(4針縫合)、
    写真撮影時に転倒

H28.10.10 鎌ヶ岳 長石尾根
    母子道迷い、
    13:00頃登山開始15:00頃山頂
         下山中暗くなり遭難
    西警察署接触介助下山

H28.10.10 藤原岳 坂本谷道
    道迷い下山遅れ
    東海市在住男性38才、男性 才 2名、
         自力下山州接触保護、
         いなべ署、いなべ消防署、三重岳連3名
---------------------------------------------
① 救助専門部・捜索専門部 
(第6回遭難事故発生状況報告( 8/21~9/20)

H28.08.28 大台 大杉谷 
    釣り遭難
    大阪府在住男性63才(死亡)、71才(不明)
    三重岳連に捜索依頼
  9/14 状況聞き取り(於大阪市:家族から)
  9/21 状況聞き取り(於大台町役場:職員、家族)
---------------------------------------------
① 救助専門部・捜索専門部   
(第5回遭難事故発生状況報告( 6/27~7/20)

H28.07.04 池小屋山-江股の頭
   道迷い
   松阪市在住男性68才、負傷(打撲)、
  7/5 自力下山中救助

H28.08.12 池木屋山 宮の谷猫滝
   転落死亡、
   兵庫県在住 65才男性単独、ヘリ搬送
  8/13,14、宮川水系側松阪署、
        松阪広域消防、
  8/14,  大和谷側大台署3名、岳連10 名

H28.08.14  藤原岳4合目 
    疲労により動けず

H28.08.15 藤原岳 孫太尾根道
    道迷い
    桑名市在住男性62才単独、打撲傷
   8/16 いなべ署5、桑名消防6、
    岳連10 名、確保救助、ヘリ搬送
----------------------------------------------
① 救助専門部・捜索専門部   
(第4回遭難事故発生状況報告( 6/27~7/20)

     6/29  大杉谷遭難(後日報告予定)

     7/始め 飯高(後日報告予定)
-----------------------------------------------
① 救助専門部・捜索専門部   
(第3回遭難事故発生状況報告( 5/25~6/26 4,5月分追加 )

H28.04.16 栗木岳
    足骨折、
    松阪市在住46才女性、

H28.05.07 錫杖ヶ岳 
    滑落、右目眉付近の切創
    津市在住女性71才

H28.05.28 御在所山 裏道7合目 木階段付近
    右足首靱帯損傷
    女性22才
    防災ヘリ
------------------------------------------------
① 救助専門部・捜索専門部   
(第2回遭難事故発生状況( 4/9~5/24 )

H28.04.16 釈迦ヶ岳 松尾尾根道
    道迷い、
    名古屋市在住男性57才(単独)
    誘導下山、西警察4名

H28.04.30 朝明渓谷 腰越峠 
    滑落頸椎骨折
    滋賀県在住66才女性(8名パーティー)
    ヘリ搬送

H28.04.30 御在所山 裏道 七の渡し付近
    転倒骨折、
    三重県在住66才男性(24名パーティー) 
         自力下山

H28.05.02 竜ヶ岳 石榑峠
    道迷い、
          鈴鹿市在住男性42才(単独)、
  5/3  遭対19+4名、東近江警察、東近江消防、
         いなべ警察、桑名消防
    確保誘導下山

H28.05.05 御在所山 中道
    転落、頭部損傷
         春日井市在住男性56才
    西警察2名、ロープウエイ下山

H28.05.08 鎌ヶ岳 長石尾根 犬星滝上部
    道迷い
         女性31才、男性27才(3名)
    西警察2名誘導下山

H28.05.10 釈迦ヶ岳 県境稜線猫岳
    道迷い
         三重県在住高校生5名
    誘導下山

H28.05.22 御在所山 本谷大黒岩付近
      (一の谷新道?)
        落石負傷(小指欠損)
    奈良県在住女性30才(Pa)、
      防災ヘリ

H28.05.22 釈迦ヶ岳 庵座谷2段の滝付近
         滑落負傷(右大腿骨骨折)
     名古屋市在住女性65才(8名パーティー)
    ヘリ搬送、遭対2名

H28.05.22 藤内壁 前尾根P3    (上級ルート)
         転落負傷(左足骨折)、
         大阪市在住女性53才
     防災ヘリ

H28.05.22 山域不明
        京都市在住、行方不明
------------------------------------------

 

|

« 2016年の登山用品の修理及び2017年への備え等!! | トップページ | 2017年 新年おめでとう!(2017mの雲取山より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/64682157

この記事へのトラックバック一覧です: 三重県の危険な山はどこか?(2016年):

« 2016年の登山用品の修理及び2017年への備え等!! | トップページ | 2017年 新年おめでとう!(2017mの雲取山より) »