« 名古屋から熱海への旅(ぷらっとこだま 無し) | トップページ | 三重県の危険な山はどこか?(2016年) »

2016年12月21日 (水)

2016年の登山用品の修理及び2017年への備え等!!

2016年も「いいもの見っけ隊(登山・温泉))」に紹介したように沢山の山に登り、閉め登山「愛知県 猿投山(さなげやま)」で終了した。
登山中にお逢いして、お話させていただき、ありがとうございました!!

積雪期(12月から翌年3月)は、登山のためのトレーニング期間。
今の所、雪山の道具も知らず、道具も無く、チャレンジしていません。
今年、使った登山用品を洗浄しながら修理すると共に、失敗談などの1年を振り返ってみる。

1.「プラティパス」の清掃(11月)
20161116_16522920161116_165237 登山での水筒「プラティパス」を洗浄時、ホース内の水を取り除こうと振り回したら、口元(バイトバルブ)が何処かへ跳んでいってしまう!!
ホースセットの各バルブは外れないと思っていたが、バルブは全て外れて清掃できるようだ!!
仕方が無いので補修品●プラティパス・バイトバルブと口元をカバーして防菌する●プラティパス・バイトバルブカバーを購入する。

私と同じ失敗をしないように●プラティパス・クリーニングキットを購入して洗浄願います。 

本体セット
バイトバルブ カバー
シャットオフバルブクリーニングキット
注:ザックへ水入りで収納する時は、もしかの水漏れのためスーパーの袋を二重にして収納しています。
 登山用品とアウトドアのさかいや 


2.コロンビアの登山用ズボンの修理(?月)
20161101_17524820161101_175210_22015年5月頃に購入したが、両足の裾野が破れてしまう。
購入して1年だと、もったいない。

個人的には他社のようなゴワゴワ感が無く、肌触りがやさしく、気持ちよいパンツである。
大変、気に入っている生地。
裾野のゴムとパンツの生地があわず、擦り切れてしまったのかな?

修理について - コロンビアスポーツウェア(公式)」へ破れた現物と修理内容を記載した修理依頼書(住所・氏名・修理発注可能代金等記入)を着払いで送付する。

後日、受領確認の電話がある。

1週間後、「1年くらいで両裾が破れていたので交換品を送付する」との連絡があり、前よりゴワゴワ感のある後継品を受領する。---1件完了
修理のメーカ対応が良かったので今後もコロンビアを購入しよう。

(消費生活アドバイザーのアドバイス)
消費者としては無償交換はありがたいが、1年経過なので半額負担でも良かったと思うね。

3.モンベル(monbel)登山靴の修理(12月)
20161216_10591220161216_10585420161216_10575920161216_105810登山靴を使用して5年くらい経過。
登山靴の接着剤とゴムが約3年で劣化し、隙間ができる。
登山では、もしかの時に備えて「ガムテープ」を持参していた。
5年目に両方とも隙間が広がってきた。

モンベル | カスタマーサービスモンベルのお問い合わせへ商品番号、不良内容をメール連絡して修理期間・料金を確認する。
回答は
・靴の修理は年末年始で混みあっている。修理期間は休日もあるので5週間後の2017年1月下旬くらいになる。
 修理費は概ね8200円となりますので買い替え、又は修理を検討願います。
 修理中に大幅な変更になる場合には別途連絡する。

・靴箱から靴を出して、靴紐とインソールをはずして、靴のみ を持ち込んでください。

・モンベル直営店へ依頼すると、取次ぎロス期間が少ない。

とのこと。

仕事で「修理は半額まで修理、それ以上は新規購入」を学んだ。
新品購入の半額以下だし、苦難を乗り越えてきた靴なので修理することに。
モンベル直営店へ持ち込んで修理依頼する。
なお、近くに直営店が無い方は販売店から修理依頼すると、さらに時間が掛かるかな??

一週間後、店から電話で「ソールが生産中止、新ソールでよいか?」と聞かれる。
それしか方法が無いならば、しょうがない。---新ソール了解

 (注意)登山靴の修理
 ・修理費は、自動車と同じで新品価格が高いと、修理も高くなる。
  私は新品価格1.8万円くらいの靴、修理費も0.82万円くらいだった。
  しかし、友人は5万円くらいの靴だったので、1.5万円以上かかった。
  修理する時には修理費が新品購入の半額以下ならば、検討しよう。
 ・モンベルは、「MADE IN CHINA」製のため中国で製造していた。
  修理を日本で行っていても、部品も船便輸送なので修理期間が長くなると思われる。
  (修理を中国で行っていたら、さらに期間がかかりそう)

4.セブン-イレブンの手袋の修理(12月)
20161216_14590612月の登山で手袋を忘れてしまい、登山口近くのセブンイレブンで手袋を購入。
1週間くらい普段使用していたら、親指の根本に穴が空いてしまう。
自宅からその店へ出向くのは大変なのでセブン-イレブンよくあるお問い合わせ「メールでのお問い合わせ」から店名・商品・問い合わせ内容(商品交換)を連絡する。

メール送信当日、携帯電話へ連絡が入り、「担当部署から電話させる」とのこと。
担当部署は製造元!!
製造元から電話が入り、「不良品と新品を交換してくれる」との事。
後日、新品が郵送されてきて、不良品を送り返す。--1件完了

20161219_110852(消費生活アドバイザーのアドバイス)
「セブンイレブンでは、お客様の問い合わせ受付は販売元、対応は製造元」であり、お客様相談センタとしては変な気がする!!
各ショップには責任は無いが、商品仕入れは本部責任と思われる。
本部で受付~商品交換まで対応まですべきだよね。
スーパーマーケットや電気店などの対応では許されない!!


5.装備の充実

(1)水筒(?)
先輩は登山用水筒に暑い湯を入れてきて、カップヌードルへ注ぐだけ。
短時間で暖かい昼食を食べるにはいいね!!→今後、購入。
モンベル 山専
・市販水筒の0.5Lだとカップ麺までだが、登山用の0.9Lがあると、カップ麺+スープ+コーヒーまで使える。
・お湯は市販品だとぬるくなるが、登山用は蓋からの熱漏れが少なく、熱々!!

(2)登山用品のコストダウン
20170108_11105620170108_111049・冬のアンダーウェア
 
登山用のアンダーウェアは5千円からと、高止まり傾向である!!
 こんな中、「ユニクロ ヒートテック/公式 - HEATTECH×Perfume」は1着990円とお値打ち。
南谷真鈴冒険の書 [ 南谷真鈴 ]さんは、
エベレストでは1枚目に「ミレーのドライナミック」を着用し、2枚目に「ユニクロの極暖」を着て、汗濡れによる冷えを防止していたと聞く。また
、「極暖」一枚だと、汗の早乾性が低いので他のアイデアが必要らしい?
ユニクロ(柳井 正)には、登山用のフリースが1万円以上していた時代に日本全国へ低価格フリース旋風を起こして価格破壊したようにがんばってもらいたい。

日本で登る山には8000m峰はない。極暖の下に網目の汗を乾燥する商品をさがして着用すれば、低価格な登山を実現できそう。----(何か無いか?)
   南谷真鈴冒険の書 [ 南谷真鈴 ] 

 この他にも作業服の「ワークマン 楽天市場店」で挑戦している方「ワークマンで揃える道具- ヤマレコ」がある。
高止まり感のある山道具のコストダウンを検討して、価格破壊を促そうよ。

(3)ヘルメットと緊急テントの購入(6月)
 今年は鹿島槍ヶ岳から五竜岳を歩いくので購入しました。
 ・夏山のヘルメットと緊急テントを備える!!
 

(4)登山届け(4月)

 今までは登山口に登山届け用紙と投入箱が無かったので記入しなかった。
 パソコンやスマホから「
登山のコンパス~山と自然ネットワーク~ 」に登録しておけば、簡単に提出できるので必ず提出している。
 ただし、下山後の下山届けを忘れて、3時間後の催促メールをよく受信していました。
 2017年には下山届けも早めに送信するようにします。

(5)登山情報の収集(4月)
・天候の確認

 ・天気を「高原・山の天気 – てんきとくらす [天気と生活情報]」で調べて、登山日を決定。

トイレは
 
 
登山口にトイレが無かったり、登山途中で体調をくずすこともある。
 もしかの時に登山用トイレキットを準備していくといい。 

・登山情報
 ・現地情報を仕入れるため日本百名山のガイドブック
を購入して事前学習して出かける。しかし、初めての場所は不安である。

 ・テント泊では重い荷物を背負わないといけないので山小屋泊派。
  山小屋泊で登山し、相部屋で一緒になった方と情報交換したり。布団敷きなどで大変お世話になりました。
 山小屋はホテルと違い最低限の設備しかなく、全てを自分で行わないといけない。
 他人と会話するのが苦手な方はわずらわしかったかもしれません。
 しかし、登山という目的が同じ、知らないもの同士が自己紹介しながら快く会話したり、楽しいひと時を感じられました。
  -- ありがとうございました。  --


 ・Facebookの「みんなの登山部」へ入会し、Facebook情報で知人を増やしていきました。そんな中で、みんなの登山部のバッチをザックに付けていたら、八峰キレットのキレット小屋と丹沢山の大倉尾根で2回お逢いでき、現地情報を教えていただきました。

 ・7月からは公益社団法人 日本山岳会東海支部 - Tokai Section of Japan ...
の「支部友」へ入会し、登山技術の学習を始めました。 
       
 日本百名山のガイドブック 


(6)山岳保険の加入(~4月)
 ・私は登山で遭難し、ヘリコプターや民間の捜索隊を頼むと、凄い金額となると聞いた。
  私は「モンベル保険」の山岳保険へ加入している。
  去年には友人から「槍ヶ岳からの下山時に骨折してヘリコプターで救助され、3ヶ月間の入院・加療で大変だった。しかし、モンベルの山岳保険で助かった」と聞いた。
  もしかのために救助費用と医療費負担に耐えれるように山岳保険に願います。


6.反省

(1)忘れ物が多かった!!
 最大の忘れ物は登山靴。登山靴のハイカットを忘れたのでローカットで登る。
 登山へ行く前には、「持ち物チェックリスト | トレッキングナビ」でチェックしてから出かけよう。

(2)山岳遭難No.1 道迷い自分も道迷いしやすい!!
 日本百名山は入山者も多く、登山ルート・看板などがしっかりしているが、その他の低山は地元の愛着によりルートが不鮮明である。

・地図(「山と高原地図(好日山荘)」)とコンパスを持参する。
 
      「山と高原地図(好日山荘)」

・スマホには「ジオグラフィカ(GEOGRAPHICA)」をダウンロード

 次手順で使用して、登山ルートのナビゲートを行って道迷いを防止する。
 なお、使い方は講習会資料 ジオグラフィカの基本的な使い方で学んでおく。
 ・ジオグラフィカのアプリをダウンロードする。
 ・「山名 ヤマレコ」で検索して、登山ルートのGPSデータを探す。
 ・見本のGPSファイルをジオグラフィカで開く。
 ・登山ルートが地図に現れる。
 ・現地ではGPSを起動して、アプリを起動して登山口を登録して、記録してもいいし、現在位置を確認してもいい。
  もし、見本ルートから離れておれば、道迷いとなる。見本ルートに戻る。

  ・ジオグラフィカ | 最強の登山用GPSアプリ - Google Play

  ・ジオグラフィカ | 最強の登山用GPSアプリを App Store

 ただし、山ではスマホを「機内モード」にしていても、GPSを使用すると、電池の消耗が激しい。
 登山には10000mAH以上の「スマホ充電用バッテリー」を予備電源として持参するように願います。
    「スマホ充電用バッテリー 

|

« 名古屋から熱海への旅(ぷらっとこだま 無し) | トップページ | 三重県の危険な山はどこか?(2016年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/64654462

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の登山用品の修理及び2017年への備え等!!:

« 名古屋から熱海への旅(ぷらっとこだま 無し) | トップページ | 三重県の危険な山はどこか?(2016年) »