« 高齢者の生活支援とは?(契約編) | トップページ | 日本百名山登山(名古屋から蓼科山) »

2016年9月17日 (土)

バリアフリーとは?ユニバーサルデザインとは?

 (バリアフリータウン - @niftyホームページサービスより移行(2016/9/29))

バリアフリーとは?
-------------------------------------
「バリアフリー」 はどういう意味なの?

バリアフリーは、始めはビルなどを建築するときに、階段の代わりに緩やかなスロープを付けたり、つまずきやすい段差をなくすなど障害者や高齢者の「建築上の不便さ(

障壁:バリア)を取り除く」という建築関係の言葉として使われました。

しかし、現在では、建築関係以外の各種商品・サービスなどにも広く使われており、「人間が社会の中で人間として自立する上での不便さ(障壁:バリア)を取り除く」

ことに拡大して使われている。


「ノーマライゼ-ション」 とはどういう意味なの?

ノーマライゼ-ションとは、「障害者を一般社会から隔離及び排除することなく、社会全体が障害者自身の人格を尊重して、障害者が一般社会に普通に参加する機会を拡大して、障害の有無に関係なく平等に生きようとする運動 」と言われている。

<人にやさしい街づくり(風媒社)を参考に解釈>

[ばりあふりーたうん] [バリアフリー] [ノーマライゼーション] [ユニバーサルデザイン・共用品]




「ユニバーサルデザイン」 とはどういう意味なの?

「ユニバーサルデザイン」とは、障害者・子供・妊産婦・高齢者・人種・性別などに関係なく、誰でもが使いやすい商品であり、次の7原則を守っているデザインである。

この7原則をすぐに実現することはとても難しいが、デザイナーだけでなく、すべての人がこの言葉を理解して物や街などをデザインすれば、みんなが住みやすい街となる。

★ユニバーサルデザインの7つの原則+α

アメリカ ノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンターの提案は1~7項目である。
しかし、私としては21世紀には<8><9>を追加した、継続可能なデザインを提唱したい。

<1>誰にでも公平に使用できること。

<2>使ううえでの自由度がたかいこと。

<3>簡単で直感的に分かる使用方法となっていること。

<4>必要な情報がすぐに理解できること。

<5>うっかりエラーや危険につながらないデザインであること。

<6>無理な姿勢や強い力無しで楽に使用できること。

<7>接近して使えるような寸法・空間となっていること。

<8>地球環境にやさしい商品であること。(私の追加提案)

<9>消費者と企業が対等に話し合ってできた商品やサービスであること。(私の追加提案)

「共用品・共用サービス」 とはどういう意味なの?

障害者にも、高齢者・妊産婦などにも、健常者にも、誰にとっても使いやすい配慮や工夫が施された製品やサービスの総称を「共用品・共用サービス」といいます。
これは次の5つの基準を満足することと定義しています。

<1>身体的障害や機能低下のある人にも、無い人にも共に使いやすい製品であること。

<2>特定の障害・機能低下の人向けの「専用品」ではないこと。

<3>どこでも、いつでも一般的に入手したり、利用できること。

<4>一般的な製品・サービスと比較して、特別に高価でないこと。

<5>継続的に製造・販売・提供していること。

「バリア」「バリアフリー」「ユニバーサルデザイン」 との関係は?

 三つの言葉の相互関係は次のように考えると理解しやすいです。

 楽天市場やAmazon.comの商品から「バリアフリー」「ユニバーサルデザイン」の言葉を検索すると、色々な物が探せます。しかし、言葉の意味に合致しているかを検討してみると、これは合致していないのではという物もあります。 そんな商品群からあなたの必要としている物を選んでみるのも楽しいことです。

時期 内容及び特徴 楽天の検索結果
      (商品)
バリア 過去 ・日常生活する上で遭遇する不便と感ずる障壁であり、過去にバリアーに
 遭遇する。
・バリアは日常生活で使用する日用品や食品などの「商品」や日常生活
       で利用する鉄道・バス・行政などの公共機関や銀行・電話や介護などの
 「サービス」 で遭遇する。
・バリアは生まれながらに持っている身体的特徴や、中途でのケガにより身
       体的特徴を持ったりする。年齢増加による機能劣化により生まれる身体的
       特徴によりバリアとなることもある。
・身体的特徴は全員一律でなく、個人一人一人の特徴は異なっている。
       個人個人を尊重して、身体的特徴を 「個性」 と考え、この個性の期待
       に答えれなかった時に生まれるのがバリアである。
バリアフリー 現在 ・日常生活で遭遇したバリアをなくすための社会改善活動である。
・バリアフリーは平均点の「商品」や「サービス」を作るのではなく、誰でも
 が満足感を感ずることである。
・バリアフリー化した商品を「共用品」、サービスを「共用サービス」と言
       い、この中に包含される。
★バリアフリー(楽天)★  
ユニバーサルデザイン 未来 ・バリアフリー化した商品やサービスを一般化する最終目的である。
・商品やサービスがユニバーサルデザインと考えられるのは一瞬であり、
       直ぐに陳腐化してしまう。
・デザインの陳腐化が「バリア」となり、「バリアフリー」が提案されて
 循環しないと、ユニバーサルデザインとは言えない。
★ユニバーサルデザイン(楽天)★
 

|

« 高齢者の生活支援とは?(契約編) | トップページ | 日本百名山登山(名古屋から蓼科山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/64269105

この記事へのトラックバック一覧です: バリアフリーとは?ユニバーサルデザインとは?:

« 高齢者の生活支援とは?(契約編) | トップページ | 日本百名山登山(名古屋から蓼科山) »