« 目の不自由な方の移動支援とは | トップページ | 目の不自由な方の支援場所とは? »

2016年9月13日 (火)

目の不自由な方の買い物支援とは?

Sos_2(バリアフリータウン - @niftyホームページサービスより移行(2016/9/29))
2003年頃の話ですが、現行では実現されているか?をチェック願います。

------------------------------------------------------------
スーパーマーケット・百貨店・ホテル・レストランなどでの支援

目の不自由な人が各種サービス業へ来客したときの取組内容には、次例を参考にして積極的に取組んでいただきたい。

1.スーパーマーケット・百貨店での取組

(1)商品がどこで販売しているかわからないので従業員による「同伴買い物サービス」を行う。

(ダイエー全店舗で1993.10.10から実施:グループ全体で600店舗)
(名鉄百貨店は、電話予約により「2時間の随行サービス」が行われており、名鉄改札口まで送り迎えをしてくれる)

(2)「点字による売り場案内板」を設置すると、1人でも買い物体験ができる。また、気分が悪くなったときや手助けが必要な時は、「ふれあい灯」のボタンを押せば、最寄りの従業員が駆けつける仕組みをつくる。
(イトーヨーカドー和光店1994.4.1~)

(3)フロアー・階段などに点字ブロックを設置したり、段差を少なくする

(4)買い物案内所に点字シールプリンタを装備して、購入物品に「点字シール」を貼付する。

取り組み 内                   容 問い合わせ
点字シール
食品表示シール
・愛知県一宮町のテープ販売会社「タツノ」は、日本盲人会連合に意見を聞いた際、視覚障害者が 魚の缶詰と 盲導犬のペ
 ットフードを間違えたり、賞味期限が分 からずに食品を腐らせるなど 困っていることを知り、テープメー カーの「日東電工」「
       共信商事」と共同で 点字シール「バリアフリー・アイシート」を開発した。
・豚肉、牛乳、砂糖、しょうゆなど50種類の食品名のシール(縦1.5cm、横 4.5cm) が基本。賞味期限などを表示する1~31の
 数字のシール(縦×1.5cm、横 1.7cm) もある。
・導入を決めたスーパー「平和堂」(本部・滋賀県彦根市)は「全店舗展開を前提に、 バリアフリー設備を備えたモデル店にまず
 導入し、受け付けやサービスカウンター に置く予定。
タツノ
TEL0533-93-2919
タッチマーク
      で化粧品識別
・無添加化粧品の通信販売を行なっている(株)ファンケルでは、乳液(円形)、美溶液(横の点線)、パック(横の三本線)
、化粧オイル(輪)の容器を触って識別できる触覚式シールを貼り付けて商品を発送するサービスを行なっている。
・シールの名称は「ファンケル・タッチマークシール」
・シールには、 触覚表示の下に拡大文字で商品名も表示されている。
・シールの他に、容器の開け方、使用方法などを説明したカセット テープも商品と一緒に送付される。
「ファンケル」
注文受け付けは、
TEL0120-30-2222
ガラス瓶への
点字表記
2005年2月から販売した「アヲハタ55」に「握りやすいへこみリブ 」「 ガラス瓶点字」
      「 開栓時に指かかりの良いでこぼこ形状キャップ 」などを取り入れたユニバーサルデザ
      インを取り入れました。
同じようなびんを使っているジャム、のり、えのきだけなどの販売を行なっている方も実施してほしいねぇー。
ジャムメーカ

アヲハタ
DYMO(ダイモ)
点字テープライター
文字をセレクトして打ち込むだけで点字ラベルが作れる。
      文字盤は文字と点字の両方で表示しているので、点字を知らない人でも
簡単に使用できる。
      文字盤3枚付きでカタカナ、アルファベット、数字のラベルが作成可能。
      9mm、12mmテープ対応です。
       ・ブランド:DYMO(ダイモ)
       ・サイズ:80×80×235(mm)
       ・商品特性:<セット内容>
テープライター1台、12mm幅テープ1巻、点字用文字盤3枚、説明書1部(内容:点字の基礎知識、点字一覧表)
こんな商品を案内所(ヘルプセンター)において、いつでも点字を貼付できるといいよねぇー。
購入先
ダイモ 点字テープライター
ラベルライター「テプラ」

      PROSR6700D
通常の印字ラベルに加えて、点字ラベルも作ることもできる。
・2005年5月12日(木)より発売
・価格43,800円
・文字を入力すると自動的に点字に変換するソフトを搭載していますので、
       簡単に点字ラベルを作製することができる。
・1枚のラベルに、通常の印字と点字を同時に表示することもできる。
・点字知識の無い方がラベルを貼る際にも、貼る場所を間違えにくい。
       印刷されたラベルの余白部分には、ラベルの上下を示すマークが印刷されるので、点字のみのラベルを作製した際でも、貼る
 時に上下を間違える心配がありません。
・テプラ PROテープカートリッジが使用できるので容易に安く購入できる。
こんな商品を案内所(ヘルプセンター)において、いつでも点字を貼付できるといいよねぇー。
購入先
[点字TEPRA Pro SR6700D]
楽天調査価格  28,380円

      問合せ先
株式会社キングジム

(5)カタログ販売など通信販売では「カタログの録音テープ」を提供する。

2.ホテルでの取組

(1)ホテルの部屋・エレベータ・避難経路などをきめこまかく説明する。

(2)部屋の構造・器具を点字とゴシック体の大きい文字で案内する。

3.レストランでの取組

(1)メニューを点字とゴシック体の大きい文字で案内する。

日本マクドナルドは2000年7月末までに
視覚障碍者用の点字メニューを北海道内全98店舗に設置し、年内にも全国に拡大する予定とのことです。

(2)食事を運んだ時は、一緒に食事をするつもりで食器の位置などを時計の針(0時、3時、6時、9時の方向)で説明する。

(3)少数部数から点字メニュー製作(日経流通98/09/12)
・「タッチプリント点字メニュー」は、通常の印刷物の上に特殊な立体 インキで点字を印刷。
・食事やレストランのメニューを受注製作。 A4版1枚もの(表裏印刷)を、3部製作して2万5千円。・発売元は、日昭クインズ(東京都江東区)電話03-3684-1201

(4)名古屋市港区の洋菓子店「グランメゾン ヴァンベール」(加藤鋭 治さん経営)が今年6月から、「視覚障害者に自分のケーキで誕生日を実感してもらおう」と、点字が浮き出た板チョコレートをのせたバースデーケーキ「点字デコ」を販売している。
 ・板チョコの大きさは縦約4センチ、横約8センチ、厚さ6ミリ。 点字1文字の大きさは、縦6ミリ、横4ミリ、高さ0・6ミリ。チョコレートは触っても溶けにくく、食べておいしいものをと、カカオ純度の高いスイス産の高級チョコレートを使用。10回前後は触読が可能なものに仕上げた。
 ・メッセージ文は「お誕生日 おめでと う」のみで、その下に、誕生日を迎えた人の名前がある。
 ・値段は、直径15センチのケーキで2400円からで、点字作製代 はかからない。宅配便の地方発送も可能だが、ケーキを入れる容器の都合で、21センチ(4800円、送料700円が別途必要)から応じている。また、点字のクリスマスケーキも販売する予定。
 ・3日前までの注文が必要。
 ・問い合わせは、フリーダイヤル0120・789・236の同店。
(点字毎日 98・11・19)

4.テーマパーク・美術館などでの取組

(1)テーマパークでは、ディズニーランドのように手で触って分かる立体地図を配備する。

(2)美術館では、手で触れる彫刻・絵画などを展示する。

(3)名所、旧跡、記念館、資料館、美術館、博物館では音声ガイドシステムを標準装備し、作品などの説明を分かりやすく行い、展示品と拝観者との距離を接近させて臨場感を上昇させる。
  なお、個人が持ち歩く物としては、次の配慮が必要である。
  ・送受信システムを統一して価格を低減したり、操作方法を統一する
  ・受信機は小型化して、持ち歩きしやすくする。
    <IBMのWorkPadなどの赤外線通信機能を利用できないか?>
  ・音は高齢者を考慮して、高音部を聞きやすくしたり、大きく調整できる。  
  ・軽くて首に掛けて移動でき、ヘッドホンで聞こえる。             など

愛知県美術館(名古屋市東区東桜一丁目)の取組
      2002年1月から開催の「世界遺産ポンペイ展」では携帯電話より少し大きめの「聴くガイド」を首に掛けて、解説を聞いて見学できる。
・「パン屋の夫婦」などの絵画や医療器具などの28点の展示物前で番号を入力すると、イヤホンを通じて解説が日本語又は英語で聴けます。
・賃貸料:1回500円
・入場者の10-20%が利用。
会社名 システム内容 連絡先
日立笠戸
エンジニアリング
株式会社
●音声ガイドシステム
本装置は、名所、旧跡、記念館、資料館、美術館、博物館等の史跡、展示物や企業工場内見学などの説明を片手にすっぽり収まる装置を
通じてイヤホンで聞くものです。
      史跡、展示物の番号と同じボタンを押すだけの簡単操作で、CD並の高音質の説明を聞くことができます。展示の順番にこだわらずに、自
      分のペースで好きなときに好きなものの説明を聞くことができます
パーソナル
      メディア株式会社
●「MGS-3000」ガイダンスシステム
 本装置は、博物館・美術館・展覧会・企業展示・イベント等で、観覧者に対して展示物の解説や資料の提示、あるいは各種情報を提示す
      るシステムです。
タッチパネルを使った据置型のシステムのに加えて、携帯型コンピュータによるガイダンスシステムもご用意しております。
●MGS-3000(携帯型)
       本装置は、展示物に設置された赤外線信号式の電子タグの信号を読み取り、自動的にその展示物の説明を表示したり、音声で解説する
      ことができます。また、利用者が画面上のボタンをタッチする等の簡単な操作で、関連情報を呼びだしたり、クイズなどに応えるなどの応用が
可能です。
〒142-0051
東京都品川区
      平塚1-7-7 
MYビル
株式会社
オーセンティック
●音声ガイドシステム(NEC)
テーマパーク・美術館・博物館などお客様に少しでも展示品を理解していただくための音声ガイドシステムです。
      <操作手順>
①「番号ボタン(テンキーで電話並び)」で作品番号を押す。
②「聞くボタン」を押すと、イヤホンから説明が聞こえる。
③「音量ボタン」で音量を調節する。
      <受信機>
      大きさ:83*165*27mm
      重さ:200g(単三電池二本)
〒213-0011
      川崎市高津区
      久本
      3-14-1
      (NEC内)
tel044-844-8950
      fax044-844-8951
三菱プレシジョン
株式会社
●赤外線音声情報案内システム「トーキングサイン」
      電子ラベル(発信機)からの赤外線メッセージを、手もとのレシーバで受信して、レシーバ内臓のスピーカやイヤホンで聞くことができます。
      公共空間・交通機関などで、その場所に不案内な人々が、簡単に、場所や方向、物、サービス情報などの案内を音声で聞くことができます。
      (1)建物側:電子ラベル発信機を装着
      (2)利用者:電子ラベルからの赤外線メッセージを受信機で聞く。
              例:上り階段です。トイレです。公衆電話です。など
<受信機>
      大きさ:55*115*22mm
      重さ:140g(9v乾電池(006P))
      受信可能距離:最大20m
〒108-0073
東京都
      港区三田3-13-16
(三田43森ビル)
tel03-3453-6432
      fax03-3453-6434

5.銀行のキャシュコーナーなど

(1)銀行員がお金の出し入れの手助けをする。

(2)車いすの人や目の不自由な人が使用しにくい現金自動預金払出機(ATM)は、操作画面の下に車いすがスペースがあり、車いすに座ったままで操作でき、目の不自由な人も点字案内やイヤホンによる音声案内により使用できるバリアフリー現金自動預  金払出機(ATM)に交換する。

  ・愛知県では岡崎信用金庫により2ヶ所に1997年10月6日と12日に始めて設置された。
  (岡崎市欠町の根石支店 県立愛知病院出張所)
  (碧南市平和町の新川支店 碧南市民病院出張所)

  ・東海銀行の金山支店でも店舗改造により、車椅子利用者や目の不自由な人が土日祝日でも気軽に利用できるようにバリアフリー化したキャシュコーナーを2000年3月に整備した。

(3)東海銀行では「<東海>主な預金・サービスのご案内」の点字版を店頭で配布してサービス内容を周知している。
 <東海ちょっとコール TEL 0120-230-430(10時~16時、土日・祝日を除く)>

|

« 目の不自由な方の移動支援とは | トップページ | 目の不自由な方の支援場所とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/64197594

この記事へのトラックバック一覧です: 目の不自由な方の買い物支援とは?:

« 目の不自由な方の移動支援とは | トップページ | 目の不自由な方の支援場所とは? »