« 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし1/3(木落とし) | トップページ | 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし3/3(日本一の桜 高遠) »

2016年4月10日 (日)

諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし2/3(木落とし)

Dscf3011_rDscf3023_rDscf3026_r1722Dscf3041_r待ちに待った3本目の御柱(秋宮一)が始まる。

引き綱の青色の半被メンバーは奥側に集り、綱を引いている。
しかし、御柱が木落とし上に中々現さない。
Dscf3044_rDscf3052_r20160410_175453Dscf3054_r1856そんな中、御柱が姿を現した。

今までの2本に比べて、太さが3倍くらいある。
これでは、木落とし上に中々姿を現さないはず!!
気合入れの合図。
横2.7m、縦10mの大きな幕「諏訪の心 一つに」が降ろされ、木落としの気合入れが始まる。
御柱の上にのる人は相当気合を入れないと危険!!

そんな中、御柱は一気に駆け下りた、実にあっけない。

3本目の木落としが終了したのは18時、3時間遅れのフィナーレ。

氏子の皆様、観客の皆様、お疲れ様でした。(18:00、3時間遅れ)

木落としが終了したら、「文化センタ行き」のバス停まで一目散に戻る。

20160412_09464920160412_100326下諏訪駅に到着したのは19時。
下諏訪駅19時14分発の大月行きに乗り、上諏訪駅まで戻り、駐車場から「ルーピアイン南湖」に到着。(19:30)

駐車場の車は我々一台、皆さん早足でした。


宿に紹介してもらったラーメン店でラーメンと餃子とつまみで乾杯!!
名古屋を5時30分に出て、20時30分までの15時間お疲れ様でした。

宿に帰って温泉に入浴。温泉に入ると、疲れも吹っ飛ぶ。

(後日談)
・御柱祭りは男性の祭りと思っていたが、引き綱隊や木遣り隊、ラッパ隊などには男性も女性も参加している。
 地域を守る男性と女性が皆で祭りを盛上げている感じ。 楽しいね!!
 御柱祭りに関する情報は「信濃毎日新聞 2016年御柱祭ニュース特集 - 信毎Web 」などをご覧ください。

・木落としを最後まで見ようとしたら、3時間遅れを覚悟しないといけない。
 旅館で夕食というわけにはいかない。

・観覧席は当選するか、落選するか、判らない。
 当選してから宿を探したが、 観覧席をS席(6000円)とおごったため安くて朝食付きのビジネスホテルにした。
 宿「ルーピアイン南湖」は、温泉つきでサービスのいい宿でした。
 長野県の宿(旅館・ホテル) 

|

« 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし1/3(木落とし) | トップページ | 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし3/3(日本一の桜 高遠) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/63481009

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし2/3(木落とし) :

« 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし1/3(木落とし) | トップページ | 諏訪大社下社御柱の山だし・木落とし3/3(日本一の桜 高遠) »