« 口永良部島の火山噴火による避難がすばらしい!! | トップページ | 奥尻島で生まれた奥尻ワインを飲んでみたい!! »

2015年6月 4日 (木)

埼玉県行田市は何処にあるの?

20150604_121544友人が埼玉県行田市に住んでいる。

有名な「のぼうの城」の舞台「埼玉県行田市」の友人の所へ遊びに行くことになる。

ところで行田市は何処にあるの?

地図から調べると、名古屋から車で約5時間。
観光案内には行田市観光協会 もあるが、友人へメール送信して確認したら、観光地は忍城、埼玉県の言われのさきたま古墳、古代蓮、熊谷真美に関係する熊谷寺 、B級グルメは「フライ、ゼリーフライ」があるとのこと。
20150604_121720_220150604_12180520150604_122626名古屋を早朝に出発(6:30出発)
最初に何処へ行こうか?と車中で選考すると、熊谷真美の寺?じゃ面白みに欠ける。
やっぱり、最初に「のぼうの城」忍城(おしじょう)に向かう。
関越道の花園ICから出て、日本一暑い町で有名な熊谷市、八木橋百貨店前へ5月14日に登場した「暑いぞ熊谷の温度計」の前を通り、行田市に向かう。
東海地方で暑いので有名な多治見市のように山に囲まれた風情も無く、平坦な土地。
水田が広がり、田んぼには水が一杯。

なぜ、熊谷市は日本一暑いのか? 判らない???

行田市の目的地周辺に到着。忍城(行田市郷土博物館)への矢印に従って進んだが駐車場が見あたらない。
もう一周してゆっくり進むと駐車場がある。(12:00、5時間30分)

---反対側車線が渋滞しており、反対車線を横切って進むには難しいね。---

駐車場から表門に向かい、正面の橋から入城。入城したら三階櫓にそのまま登れると思ったが、行田市郷土博物館へ入館しないと登れない。

行田市の街の歴史を学んでいく。
忍城は小田原城落城後に落城した!!
たいした城でもないし、大きな山や川も無い平坦な地域。
2万の大軍ならば、一溜まりもなさそう。
なぜ、落城しなかったのか? そんな疑問が残ったまま。

その次は名産コーナー。
行田は昔から行田の足袋(たび)が名産。
   
現在では白色だけでなく、カラフルな物を作っている千代の松創作足袋もある。
  仕事着屋さんの足袋
足袋は廃れた感があるが、自宅で歩く「健康を意識した足袋」もある!!

この後は、「フライ」「ゼリーフライ」とは一体どんなものか?
ゼリーと言うとゼリーが入っている揚げ物か?と想いをはせ、友人に教えてもらった博物館の近くの「かねつき堂」に立ち寄る。
20150604_13273820150604_13381620150604_133940「フライ」とは揚げ物だが、行田のフライトは小麦粉を水で溶き、鉄板の上で薄く焼きながら、ねぎ、肉、卵などの具を入れ、好みでソースまたは醤油だれをつけて食べるもの。お好み焼きのようだが、クレープのように薄くした物。
焼きソバがフライの中に入っている「フライ焼きそば」、コロッケのような「ゼリーフライ」をいただく。
ゼリーフライとはゼリーが入っているフライでなく、銭のような形のフライのことらしい。
個人的にはフライ焼きそばが一番うまかった。
20150604_14403720150604_143301この後は、「さきたま古墳」へ向かう。
田んぼの真ん中に前方後円墳や円墳が広がる。
ここは墳に登れるので上に登ったり、墳間を歩いていたら疲れる。大失態!!大失敗!!
国宝展示室 - 埼玉県立さきたま史跡の博物館 国宝の剣を見ずに帰ってしまう。

20150604_15424720150604_15422720150604_155230このあとは、埼玉県で、全国的にうまいと評判の「十万石まんじゅう」を行田本店へ購入しに行く。
本店では、まんじゅうなどがバラ売りされ、お好みの箱につめてくれる。
購入は、箱代を負担しても良いし、そのまま持ち帰っても良い。自宅用はバラで、おみやげは箱につめてもらう。
20150604_183435あとは友人と合流点群馬県富岡市に向かう。

その前に名湯ぞろいの「群馬県の温泉」の中、静かな磯部温泉(いそべおんせん)」の立ち寄り湯「めぐみの湯」ですっきりする。

朝5時30分から夜5時30分までの長い一日、お疲れ様でした。

(後日談)
浄土宗蓮生山熊谷寺は熊谷真美でなく、熊谷直実(くまがやなおざね)ゆかりの寺のこと。
おじさん達の勘違いはすごい!!
  埼玉県  10個15個 

|

« 口永良部島の火山噴火による避難がすばらしい!! | トップページ | 奥尻島で生まれた奥尻ワインを飲んでみたい!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/61728477

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県行田市は何処にあるの?:

« 口永良部島の火山噴火による避難がすばらしい!! | トップページ | 奥尻島で生まれた奥尻ワインを飲んでみたい!! »