« 群馬県高崎市のお土産(ガトーフェスタハラダのラスク) | トップページ | ソニーリーダーを買ってしまいました。 »

ソニーReadertとアマゾンKindleのどちらを買うべきか?

ソニーは、電子書籍専用端末「Reader」の第2世代モデル「PRS-G1」について直販サイトでの販売価格を1万800円に改定した。
発売当初の2万5800円から値下がりを続け、ついに半額以下になった。

   「PRS-G1」は日本で2011年に発売、2012年に発売した第3世代「PRS―T2」に比べ1つ前の、第2世代モデル。
しかし、KDDI(au)の3G回線を使ってどこからでも電子書籍配信サービス「Reader Store」に接続し、書籍をダウンロード、購入できる。これならば、Kindleの携帯3Gとwifiに対抗できる。
   「PRS―T2」
・6型電子ペーパーディスプレイの解像度は600×800ドット
・ストレージ容量は2GB

最近、米「電子書籍と書籍を販売するアマゾン」の「Kindle」上陸に対抗してか、新製品投入の準備か。半額という大幅な値下げは魅力?
携帯3G+wifi   wifiのみ「電子書籍と書籍を販売するアマゾン」 
いずれにせよ最大2年間無料で3G通信使い放題のプランが選択できる利便性がいい。
値段も在庫処分か、知れないが、半額になった!!
Kindle発売1年前にこの価格で販売していたら、「ソニーリーダーSony Reader」は大幅に売れたろ。
残念だ。商売がうまくない。

アマゾンを買うか、ソニーを選ぶ゜か?迷うね。
------------------------
・au回線で2年間無料の3G通信 
Reader PRS-G1の3Gデータ通信プランは、
 ・最大2年間無料でReader Storeに接続できる「Reader Storeプラン」
 ・月580円で他のインターネットサービスも利用できる「Webアクセスプラン」
がある。

タブレット全盛の今日、電子書籍専用端末をWebサイト閲覧に使う意味はあまりないと考えれば、当然ながらReader Storeプランに注目することになる。このプランは1年間は完全無料で、初年に1冊でもReader Storeから電子書籍を購入すれば翌年も無料。3年目からは年額1050円で利用できる。特に期間拘束はなく、いつでも解約できる。

競合するAmazon.comの「Kindle Paperwhite 3G」は期間無制限でNTTドコモの3Gデータ通信を利用できるが(関連記事)、端末価格は1万2980円とやや高め。

とりあえず2年間利用するのであれば、PRS-G1の方が初期コストは低く抑えられる。

・Paperwhiteと性能差があるPRS-G1、しかしmicroSDスロットは魅力
 
端末性能は、2012年発売のKindle Paperwhiteに比べ、2011年発売のReader PRS-G1はどうしても見劣りする。
・電子ペーパーディスプレイ。
 解像度はKindle Paperwhiteが758×1024ドットであるのに対し、Reader PRS-G1は600×800ドットと粗い。
 漫画や図の多い技術書などを読む際は気になるかもしれない。
・バッテリー稼働時間
 Reader PRS-G1は最長7週間で、Kindle Paperwhiteより約1週間短い。
・厚さ
 ほぼ変わらない9mm前後
・重さ
 Reader PRS-G1が185gと、Kindle Paperwhiteより2割程度軽く、持ち歩きやすさという意味では分がある。
・無線LANはどちらもIEEE 802.11b/g/n準拠。

最大の特徴はReader PRS-G1はインタフェースとして最大32GBのmicroSD/microSDHCメモリーカードに対応したスロットを備えている
 カードに保存した大量の書籍を手元に保存して管理できる。これはKindle Paperwhiteにはない利点だ。

この他の相違としてKindle Paperwhiteには読書灯が、Reader PRS-G1には音楽再生機能が付いている。 

作品数・安さはKindleストアが上だが、Readerは他社サービスも利用可 
無料の3Gデータ通信で利用できるそれぞれの電子書籍配信サービスを比較すると、やはりKindleストアの品ぞろえに軍配が上がる。 
 
 ・Kinleストアは2012年11月5日時点で日本語コンテンツが6万9413点。
 ・Readerストアは2012年11月2日時点で約6万9200点。
ただしKindleストアはこれに加え洋書が142万7276点という膨大な在庫を持ち、優位に立っている。
 ・価格について見ると、例えばケン・ シーガル著「Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学」はKindleストアで1143円、Reader Storeで1200円。クリス・アンダーソン著「フリー<無料>からお金を生みだす新戦略」はKindleストアで476円、Reader Storeでは500円だ。価格面ではKindleストアに優位がある。
 ・Readerはパソコンと接続することで、業界人に人気の高い電子書籍配信サービス「紀伊國屋書店BookWebPlus」で購入した書籍を利用できる。
この他にも電子書籍の対応データ形式でReader PRS-G1の方が自由度が高い。

まずKindle Paperwhiteの対応形式は独自規格AZW3、MOBIをはじめ、TXT、PDF、PRC。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPも変換して表示できる。Kindleストアで購入したり自炊したりした書籍を読むのであれば十分だが、外部サービスで購入した書籍を表示するのは難しい。例えば電子書籍の国際規格「EPUB」にすら対応しておらず、パソコン上で専用アプリを使って変換する必要がある。

これに対しReader PRS-G1は独自のMNHの他にPDF、TXTはもちろんEPUB、国内サービスの多くが採用するXMDF、ドットブック (.book)に対応する。音楽はMP3、AAC、写真はJPEG、GIF、PNG、BMPに対応する。

・マルチデバイス対応は課題、ReaderはiOSアプリなし
いわばReader PRS-G1はマルチサービス対応だが、購入した電子書籍を他の端末でも読めるマルチデバイス対応という点では完全にKindleの後塵を拝している。
・Kindleストアは幅広いAndroid、iOS端末で専用アプリが利用できる。iPhone、iPad、iPod touchはもちろん、Androidタブレット、スマートフォンまで使えるようになっている。
・Readerは、最近になってようやく他社Android端末でも利用できるアプリを投入したが、iOS端末向けアプリについては投入のめどが立っていない。

結論として割安な軽量な端末を求める一方、解像度にそれほどこだわりがなく、iOS端末との連携が不要で、かつ多数の電子書籍配信サービスを使ってみたい人にとってReader PRS-G1は悪くない選択肢だ。
[比較] 半額以下になった「Sony Reader」は買いか、3G使い放題で「Kindle Paperwhite」より安く(@niftyビジネス) - goo ニュース

|
|

« 群馬県高崎市のお土産(ガトーフェスタハラダのラスク) | トップページ | ソニーリーダーを買ってしまいました。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/56050161

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーReadertとアマゾンKindleのどちらを買うべきか?:

« 群馬県高崎市のお土産(ガトーフェスタハラダのラスク) | トップページ | ソニーリーダーを買ってしまいました。 »