« 湯田中温泉には外湯が無かった!! | トップページ | 旅行は深夜立ちよりSAやPAでの車中泊の方が楽だ!! »

2010年10月24日 (日)

長野市の六文銭は、真田幸村の居城か??

Matsushiroeki 長野市から長野電鉄に乗って松代駅(まつしろえき)につくと、六文銭が町中にいっぱいあふれている。

もしかしたら、真田幸村(さなだゆきむら)・真田信繁(さなだのぶしげ)の出身地と思ったが、こちらは兄の真田信之(さなだのぶゆき)の居城
 真田信之
信州真田家は、武田信玄亡き後、上杉謙信と北条氏康の間に立ち、関が原の戦いでは豊臣秀吉(とよとみひでよし)方、徳川家康(とくがわいえやす)方の間にあって、揺れ動く。
小大名の真田家を残すために人質をだしたり、親子が分かれて戦い、工夫したようだ。

真田幸村(さなだゆきむら)は人質として上杉謙信や豊臣秀吉に差し出された。
人質として豊臣秀吉から受けた「恩義」により関が原の戦いでは豊臣方につき、信州上田城で徳川秀忠(とくがわひでただ)軍と戦い、関が原参戦を遅延させた。
Matsushirojyou002 このため、父昌幸と幸村は、和歌山県九度山へ幽閉され、父昌幸は亡くなる。
残った真田幸村は、大阪冬の陣と夏の陣で徳川家康と戦い、戦死した。
この時、兄の真田信之は、関が原の戦いでは徳川方について戦い抜き、上田城を与えられた。その後、松代城(まつしろじょう)へ移り明治まで生き延びた。
小大名を守る武功も上手だったが、家を守る戦略も上手だ。

街めぐりは、松代城、真田宝物館、真田邸、文武学校、旧樋口家などをめぐれる。
Sanadatei001_2Sanadatei002_2  最初に松代城へ行くと、堀と門構えが残っており、桜の季節には花が咲いてきれいなようだ。
真田宝物館は、真田家の系図や宝物が展示されており、過去の歴史を学ぶ。

大名の邸宅である真田邸を訪問すると、大名の生活が伺える。
今日は茶会が開かれていたり、庭ではモデル撮影会もあり、にぎやか。
Bunbugattsukou001Bunbugattsukou002  文武学校は、佐久間象山(さくまぞうざん)などの意見により幕末期に開講された学校。
剣術、弓術などの学ぶ教室があり、今でも使われている。

幕末期から現代まで残っていることが不思議な世界。
もう少しゆっくり、レンターサイクルで走ってみたい気がする。

長野市松代町へは、長野ICをでてて左に曲がり、松代城北側の駐車場へ自動車を駐車すれば、街めぐりに便利。
松代駅には、レンターサイクルもあり、自転車で回ってもいい。
  長野市の宿  
 長野県 長野県のお土産(おみやげ) 

|

« 湯田中温泉には外湯が無かった!! | トップページ | 旅行は深夜立ちよりSAやPAでの車中泊の方が楽だ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/49883903

この記事へのトラックバック一覧です: 長野市の六文銭は、真田幸村の居城か??:

« 湯田中温泉には外湯が無かった!! | トップページ | 旅行は深夜立ちよりSAやPAでの車中泊の方が楽だ!! »