« 地域ブランドをご存知? | トップページ | 食べやすい加工食品 »

コンビニは生活拠点???

コンビニエンスストア(コンビニ)は1974年にセブン―イレブン1号店が開店してから30年余り経過し、全国に4万店となったようだ。
初めの頃は酒屋やパン屋などの店舗を改装して専門以外の商品も販売するようになった店だったと思う。
次には消費者の欲求に答える形にサービス拡大し、今では街の生活拠点になっている。
 ・FAXやコピーができる。
 ・弁当や日用品をかえる。
 ・おでんなどのできたてが食べれる。
 ・銀行のお金を下ろせたり、お金も支払えれる。
しかし、既存店の毎月の売上高が1年半以上前年割れが続いており、次の成長モデルを模索している。
遠くの大型ショッピングセンターへ出かければ、沢山の商品の中から買いたい物を選べるが、日常生活で必要な品物を直ぐに購入できるコンビニも必要だ。
コンビニは何か無い時に直ぐに買いにいけるし、会社帰りにも立ち寄れるので、とても便利だ。特に高齢者には近くのコンビニで食品を販売してくれると、とてもありがたい。

コンビニには「街の生活拠点」としてがんばってもらいたい。

最近も、インタネットのホームページから本・CD・DVDなどを注文して、お店で受領すれば、無料となる。単身世帯や高齢者へ弁当や飲料水などの配達も一部の店舗で始まっている。

セブンイレブンでは店内の弁当、雑誌、雑貨などを原則無料で配達してくれる食材を配達する「セブンミール」サービスを徐々に始めている。
イーエスブックス「新聞、雑誌掲載」 本・雑誌・CD・DVD

「ファミリーマート」では水、茶、ジュースなど飲料をケース単位、5000円以上注文すれば、無料となる。

 映画・スポーツグッズ・小物・本・雑誌・CD・DVD




「ミニストップ」では本・CD・DVDでお店で受領すれば、無料となる。
 コスメ・本・雑誌・CD・DVD

コンビニ登場30余年、曲がり角 市場飽和で新たな模索 (朝日新聞) - goo ニュース

|
|

« 地域ブランドをご存知? | トップページ | 食べやすい加工食品 »

使いやすいサービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102745/9616737

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニは生活拠点???:

» コンビニ市場飽和 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「コンビニ市場飽和」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年4月24日収集分= *シネマ... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 21時48分

» 【24時間年中無休男】 [【千人を成功させ、百万人を感動させる】]
コンビニエンス業を経営がてら、様々な世界に挑戦!あなたのコンビニはどうでしょう!?I`t tafunesu!! [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 21時27分

» 久しぶりにセブンイレブンへ [やせる・キレイに・ダイエット!]
久しぶりに家の近くのセブンイレブンへ、携帯代を払いに行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 00時19分

» 5万円確保 特進アフェリエイト [海釣り@爆釣SPOT@情報とくばん]
特進アフェリエイトで収入を増やしましょう。今入会なら無料で82ページにも及ぶノウハウPDFがつきます。見逃すと大損します。貴方なら永続収入と大損、どちらを選びますか?もちろん答えは.....メルマガだけでも登録してみてはいかがですか?凄さがさかりますよ。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 03時29分

« 地域ブランドをご存知? | トップページ | 食べやすい加工食品 »